2016年12月20日

【レポ】2016.11~12 「きび砂糖」和食

   ・・・@「クッキングアトリエ『SAIRA(菜楽)』」

2017年晩秋のレッスンは、
日新製糖さまとのコラボレーション企画としまして、
笠原シェフの料理イベントでご伝授いただいた、
きび砂糖」を使った和食の料理や、
その技を生かしたアレンジ料理をお教えしました。

テーマは・・・
 ぴかぴか(新しい)笠原シェフ直伝  きび砂糖』を使った 
        〜  秋の “こくうま” 和食♪
ぴかぴか(新しい)
P1480150 (380x348)-p.jpg

位置情報きび砂糖」は、「カップ印」でおなじみ日新製糖のお砂糖です。
独自の製法により、さとうきびのミネラルと風味が活きています。
レッスンに先立ち、参加させて頂いたイベントはこちら!
   ⇒ 【イベントレポ】日新製糖×笠原シェフ 料理教室
P1480134 (380x285)-p.jpg

レストランアトリエでお教えしたメニューはこちらです♪
笠原シェフの「もっと魚を食べてほしい」というお言葉を受けて、
今回は、全てに魚介を使いました。
 menu1. 「ロマネスコ と魚介の黄身酢和え
 menu2. 「焼きさばと木の実のみそ煮
 menu3. 「 「賛否両論」酢飯 de アトリエ流 紅白ちらし

P1480269 (380x285)-p.jpg

レストラン焼きさばと木の実のみそ煮」は、笠原シェフ直伝料理ですが、
アトリエは「野菜ソムリエ」 猫 がお教えするので、里芋をプラス。
木の実に里芋までたっぷり入って、大変リッチなお料理でした。
P1480277 (380x285)-p.jpg

レストランロマネスコ と魚介の黄身酢和え」は、
ちょうど、ロマネスコ料理の取材を受けた時期でもありましたので、
それにちなんで、私おすすめの「焼きロマネスコ」と色鮮やかな食材を、
和食の技「黄身酢」と合わせてみたところ、色、味、共に大変好評でした。
P1480278 (380x284)-p.jpg

レストラン「紅白ちらし」は、
笠原シェフのお店「賛否両論」と、同じレシピの酢飯?!」に、
アトリエ流は、野菜を加えてアレンジし、
魚と野菜のコラボが大変おいしい、見た目も豪華な一品となりました。

P1480279 (380x285)-p.jpg

家レッスン風景です。
P1480145 (380x288).jpg P1480266 (380x285).jpg

P1480144 (380x287).jpg P1480268 (380x285)-p.jpg

P1480155 (380x285)-p.jpg P1480271 (380x286)-p.jpg

P1480272 (380x323)-p.jpg P1480163 (357x380)-p.jpg

家きび砂糖」の話、野菜の講義、レシピ説明から始まり、
実習、ご試食、意見交換、プレゼント授与!と盛りだくさん、
どれもこれも美味しくできて、皆さま大満足のレッスンでした。
お越の皆様からは、
・>きび砂糖はさらさらしていて料理に使いやすい
・風味がいい
・懐かしい味がする
・美味しい 
・料理にコクが出てより美味しくなる気がする
・砂糖の中では少しお高めでなかなか手が出なかった。
・プレゼントにもらえてうれしい!
などのご感想がありました。

プレゼントお越しの皆様には、日新製糖さまより、
きび砂糖」と笠原シェフのレシピ冊子を
プレゼントさせていただきました。
P1480276 (380x283) (2).jpg P1480276 (380x283).jpg

P1480493 (380x285).jpg P1480369 (380x284).jpg

P1480282 (380x285).jpg P1480157 (380x285).jpg

位置情報使った食材はこちらです。
P1480265 (304x380)-p.jpg

猫私の感想としましては、
どのお料理にも「きび砂糖」が効いていて、
料理もしやすく、一層こくのある良い味になった気がしました。
また、今回は、笠原シェフ直伝の和食の技をいろいろとご伝授でき、
私自身も楽しめましたし、とても勉強になりました。
お越の皆様にもお喜びいただき、素敵なレッスンになったと思います。
日新製糖さま、ありがとうございましたハートたち(複数ハート)

砂糖は料理を美味しくするかくし味、
上手に使ってワンランク上の一皿となりますように
posted by つる at 16:38| Comment(2) | 野菜ソムリエの料理教室

2016年12月14日

師走の近況報告

12月の声を聞き、
昨年から得意になった大掃除もいよいよ本番!
張り切って家中を磨きながら、
色んな予定をこなしながら、
たまったブログはどんどん更新していこう!
なんて考えていましたが、
そうは問屋がおろさないもので、、、
あっという間に12月も中旬!
やはりブログ更新は後回しになってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

P1470630 (380x285).jpg
 〜 ベランダ整理中、花や蝶に癒されます 〜

気を取り直して、ひとまず近況報告です。

☆ 11月末にキッチンのコンロコーナーをプチ・リフォーム。
 〜〜 新しいコックピットは、近日ご紹介 〜〜

☆ 「東京宗像会」に参加させて頂きました!
 〜〜 レポは近日公開 〜〜
 
☆ 料理教室では、「きび砂糖×和食」レッスンが終了。
 〜〜 レポは近日公開 〜〜

☆ クリスマスレッスンを開催中。
 〜〜 レポは年末に公開 〜〜

☆ 「ロート製薬×クスパ」コラボ企画参加が決定し、
 新商品「ダルーラ」の試食会へ出席しました。
 〜〜 関連記事は追って公開 〜〜


などなど、、もちろん大掃除も楽しく実践中です。

2016年も、残すところ、あと半月!
掃除もイベントも計画通りと行きますようにるんるん
posted by つる at 19:59| Comment(2) | 日記

2016年11月26日

【イベントレポ】奥田シェフ × 杉浦シェフ × 乾し椎茸 アカデミックレストラン 

野菜ソムリエ協会が主催する
アカデミックレストランに参加させて頂きました。

奥田シェフ × 杉浦シェフ 夢の饗宴 
  〜もっと知りたくなる乾ししいたけの魅力〜
             @パティナステラ
ぴかぴか(新しい) 」

P1480292 (380x284).jpg P1480238 (380x285).jpg
 
位置情報今回のテーマは「乾しいたけ」
野菜ソムリエ協会設立15周年を記念しての豪華な顔合わせで、
イタリアンの奥田シェフ、フレンチの杉浦シェフが料理を共演、
乾しいたけ博士の小川武廣氏のお話、
大分県乾ししいたけ大使の神谷さんがナビゲーションをされました。
陰の立役者と思われがちな「乾しいたけ」が、
イタリアンとフレンチの各シェフの作る料理でどう変身するか?!
興味深い、とても盛り沢山なイベントでした。

P1480195 (380x285) (2).jpg P1480200 (380x284).jpg

ひらめき奥田政行シェフは【アル・ケッチャーノ山形】のオーナーショフ。
日本イタリア料理界の第一人者で、海外での活動にも高い評価を受け、
テレビでは「情熱大陸」や「MISSION」「ソロモン流」など多くの番組に出演、
野菜ソムリエとの間柄も深く、何度もイベントに登場されています。
まさに料理の「師」と仰がれる存在、ファンの多いシェフです。
P1480210 (380x287).jpg P1480213 (380x285).jpg

晴れ杉浦仁志シェフは、【PATINASTELLA】のエグゼクティブシェフ。
日本と米国で修業し、米国ロスの【PATINA】で技術を磨き、
エミー賞の授賞式や、ティファニー本店でのケータリングに携わり、
国連での安部首相の特別ディナーにシェフとして随行するなど活躍、
今まさに伸び盛り(理事長談)、新進気鋭のフレンチシェフです。

レストランお二人の共演による料理は、5品のフルコース。
☆まずはこちら、サラダの下は、なんと、乾し椎茸の粉のクレープ!
 いきなりビックリ、コレ、美味しかった〜〜!
P1480201 (380x284).jpg P1480203 (380x285).jpg

☆3種の乾し椎茸に昆布やかつおを加えた旨み凝縮スープ、と、
☆乾し椎茸の戻し汁で煮た キノコのフェデリーニ
P1480215 (380x286).jpg P1480218 (380x286) (2).jpg

☆乾し椎茸のソテーを乗せた牛フィレ肉ステーキ、と、
☆乾し椎茸のタルト、上に乗っているのは、なんと、ごぼう!
 どれもこれも、大変美味しかったです!
P1480221 (380x284).jpg P1480229 (380x284).jpg

お二人の共演を見たいと、ご多忙の福井理事長もいらしていました。
奥田シェフと、贅沢なスリーショットを撮って頂きましたハートたち(複数ハート)
P1480232 (380x285).jpg P1480233 (380x285).jpg

杉浦シェフとセレブの写真。
・・の前で、私も記念撮影、、セレブな気分〜わーい(嬉しい顔)
P1480234 (380x284).jpg P1480235 (380x285).jpg

猫実は、杉浦シェフとは、5年前にある短期講座で隣合わせたご縁。
その後渡米されると聞き、ご活躍をお祈りしていましたので、
華々しいご実績や、現職を知り、本当に嬉しく思いました。
奥田シェフの料理が美味しいのはもちろんよく知られていますが、、
初めて食べた杉浦シェフのお料理は、繊細で、とても美しくて、
美味しさも緻密に計算されていて、超・感動!
数々のセレブに愛されるのも、納得できました。
これからも応援しています!


素晴らしいお料理と、お話上手な方々の止まらないレクチャー、
大変贅沢な時間でした。
また、日本を代表する食材「乾し椎茸」の更なる可能性を感じました。
この日学ばせて頂いた 味や知識は、これからの 講義に、料理に、
楽しんで使わせて頂きたいと思います。
素敵なイベントをありがとうございました。

美味しい学びに出会えますようにるんるん
posted by つる at 18:00| Comment(2) | イベント/レポート

2016年11月24日

お正月の飾り巻き

P1480071 (380x363)-p.jpg

先日、インストラクター限定の講座で、
1日がかりで作ってきました。
こんなに〜〜!!
P1480068 (380x247)-p.jpg

疲れました〜!
でも可愛くできて大満足。
お重に詰めて、
一足先にプレゼントしましたハートたち(複数ハート)
P1480077 (380x285)-p.jpg

1つからチャレンジ♪
今年のおせちに入れてみてはいかがでしょうか?
師走の忙しい時期に、、
猫 の手で、お手伝いいたしますヨ♪

美味しくかわいく巻けますようにるんるん
posted by つる at 19:11| Comment(2) | 日記

2016年11月15日

「ベジシャス」67号は、ロマネスコ特集♪

昨日公開された、2016年11月の「ベジシャス」は、「ロマネスコ」特集です。

位置情報ベジシャス」は、農畜産業振興機構(alic)のサイトコンテンツ、
私は、テーマ野菜の料理レシピを担当させて頂いています。


レストラン今号でご紹介した一人分の簡単レシピは、
ぴかぴか(新しい)焼きロマネスコ 豆腐ディップでぴかぴか(新しい)
P1470742 (345x380)-p.jpg


レストラン存在感のあるロマネスコの形を活かしたホイル焼きです。
ほくほくのロマネスコはその食べても良し、
つる流猫 の特製ディップもとっても合います!
今年のクリスマスにはこんなオードブルはいかがでしょうか?
とっても簡単で、とっても美味しい一品♪
ぜひお試しくださいわーい(嬉しい顔)
レシピこちら、alic「ベジシャス67号」に掲載されています。

家取材風景です。alicのスタッフさんとハートたち(複数ハート) 
P1470734 (380x284)-p.jpg P1470730 (380x285).jpg

P1470738 (380x297).jpg P1470747 (380x285).jpg

晴れ今回取材されているロマネスコの産地は、
長野県北佐久郡の素敵な生産者さんです。
またフォトクリップにレシピ取材時の他の写真も掲載されています。
産地情報やフォトクリップもぜひご覧ください!
P1470727 (380x285)-p.jpg

ロマネスコになかなか出会えないという方は、
カリフラワーにもおすすめ。

でも・・、やっぱり・・、GO!

ロマネスコを見つけて頂けますようにるんるん
posted by つる at 17:28| Comment(0) | 季節のレシピ

2016年11月12日

【イベントレポ】日新製糖×笠原シェフ 料理教室

日新製糖株式会社主催、笠原将弘シェフによる、
11 月24 日の『和食の日』にちなんだ、、
きび砂糖」を使った秋の“こくうま”和食レッスン
に、参加させていただきました。

日新製糖株式会社は、「カップ印」でおなじみ、
日々の料理で大変お世話になっている、、
たくさんの種類のお砂糖を作られている会社です。


位置情報料理教室ではまず、日新製糖の方より「きび砂糖」についてのご説明があり、
その後、笠原シェフによる、「きび砂糖」を使った和食4品の
デモンストレーションがありました。 (写真は調理前)
P1470852 (380x285).jpg

ひらめき笠原シェフは、予約が取れない人気店として有名な「賛否両論」の店主。
テレビの料理番組などでもおなじみですが、
お話がとても面白くて分かりやすく、
もちろん料理の手際も素晴らしく、見とれました〜!


レストラン料理が完成しましたぴかぴか(新しい)
☆メニュー・・は、
  「帆立とアスパラの黄身酢がけ」
  「焼きさばと木の実のみそ煮」
  「揚げ鶏と野菜の甘だれがらめ」
  「鯛とサーモンの黒酢飯ちらし寿司」
P1470858 (380x284).jpg

ひらめき料理しながら笠原シェフが話されたことは・・、
・醤油とお砂糖の組み合わせはご飯と合う!
・日本には五味があるが、頭に「甘い」を付けると美味しそうに感じる
 「あまじょっぱい」とか「甘辛い」とか。
 (⇒なるほど〜!)
・砂糖には、甘いだけではなく、肉をやわらかくしたり、魚の臭みをとったり、
 料理の隠し味になりコクを出す、保存性を高める効果もある。
(⇒ふむふむ!)
・今回の料理に関しては、どれもこれも決め手は「きび砂糖」、
 さらさらしていて溶けやすく、マイルドな甘さが和食に合うそうです。
・また、魚の種類はたくさんあるので、もっと食べてほしいとのこと。
・そしてなんと、ちらし寿司はお店「賛否両論」のレシピだそう。
(⇒わぁい!)

レストラン試食タイム、和食がまるで、おしゃれなランチプレート?!
どれもこれも、大変美味しかったです。
ごちそうさまでしたハートたち(複数ハート)
P1470856 (380x285).jpg

位置情報試食の後は質問タイム。
「三温糖との違いは?」「さらさらしている理由は?」などなど
 ⇒お答えは、、「きび砂糖」は精製途中の砂糖液をそのまま煮詰めて作る、
さとうきびの成分が残っているのでさっぱりして風味がよい!
さらさらしているのは空気中の成分を取り込みにくいから。
⇒専門的なので詳しくは、日新製糖のHPをご覧ください。
実は、調味料ジュニアマイスターのこの私、
「砂糖」の講義は難しかったのを覚えていますあせあせ(飛び散る汗)

カメラ最後は皆さんで記念撮影 & ツーショット撮影わーい(嬉しい顔)
P1470866 (380x285).jpg

家私の料理教室では、旬の野菜を中心にした家庭料理を、
和食・洋食・エスニックと様々なジャンルで教えしています。
私は三温糖の風味が好きなのでよく使っていましたが、
お話を伺い、これからはもっときび砂糖を取り入れていこうと思いました。
レッスンでも「きび砂糖」が大いに活躍してくれると思います。
受講生の皆様にも、その美味しさや魅力についてご紹介したいと思います。

11月は、「きび砂糖」を使ったレッスンです。
笠原シェフ直伝メニューも何品かお教えします。
また、日新製糖様より「きび砂糖」やレシピのプレゼントがありますプレゼント
レッスンのレポートは、終了後にまた掲載させていただきます。
どうぞお楽しみになさってください!
P1470885 (380x260).jpg

美味しくてためになる料理教室に参加させていただき、
ありがとうございましたハートたち(複数ハート)

きび砂糖の美味しさを知っていただけますようにるんるん
posted by つる at 18:56| Comment(0) | イベント/レポート

2016年11月03日

【レポ】2016.10は「秋バテ撃退! 韓国ごはん」

2016年10月の料理教室レポをお届けします。
   ・・・@「クッキングアトリエ『SAIRA(菜楽)』」

P1470541 (380x286)-p.jpg

今日は久々の秋晴れでしたが、今年は秋に入って急に寒さが増し、
長雨も続いて、野菜の高騰が続いています。
こういう時は体も疲れるようで、
「秋バテ」という言葉をテレビで初めて耳にしました。
そんなわけで、食から、秋バテを撃退しようと、
10月は野菜たっぷりの韓国料理をお教えしました。

テーマは・・・ ぴかぴか(新しい)秋バテ撃退! 韓国ごはんぴかぴか(新しい)

レストランメニューはこちらです♪
 menu1. 「納豆チゲ
 menu2. 「野菜いろいろ 韓国チャプチェ
 menu3. 「秘密の薬膳ムース

どれも美味しくきれいにできて、「くせになる味〜!」と大好評。
終わる頃には皆さん体ポカポカ、一層お元気になられていましたわーい(嬉しい顔)

位置情報レッスン風景です。
 P1470534 (285x380)-p.jpg

P1470602 (380x284).jpg P1470538 (380x284)-p.jpg 

P1470544 (380x285)-p.jpg P1470500 (380x284)-p.jpg 

P1470493 (380x285)-p.jpg

プレゼントまた、お越しの皆様には、
味の素の「パルスイート カロリーゼロ」(液体タイプ)の
サンプルをプレゼントさせていただきました。
クスパ様、味の素様、ありがとうございました。
P1470611 (380x284).jpg P1470503 (380x284).jpg

バランスの良い食事で、秋バテ解消といきますようにるんるん
posted by つる at 18:36| Comment(0) | 野菜ソムリエの料理教室

2016年11月02日

ロマネスコ、もうすぐ旬♪

2か月待ったロマネスコがやっと手に入りましたぴかぴか(新しい)
P1470724 (380x285).jpg

ひらめきカリフラワーの仲間で、サンゴのような独特な形と
ライトグリーンの美しい色、味や食感の良さが人気。
まだ目新しい野菜です。


晴れ仕事でロマネスコのレシピを担当することになり、
取材日は9月、、の予定だったのですが、
ロマネスコ という野菜、そもそも  は  !
9月ではまだ市場に出回っていませんあせあせ(飛び散る汗)
しかも今年の夏は暑かったり雨が多かったり、、、。
近所のスーパーや八百屋さん、デパ地下に、ネットショップまで探して、
産地を確認して頂いても、ほぼ皆無〜もうやだ〜(悲しい顔)

位置情報唯一見つけたのがコチラだったのですが、、 
P1460913 (380x328).jpg

・・うまく生育できていず、いびつな形になっていました。
そもそもロマネスコは栽培が難しいそうで、
日本で生産されている方が少なく、
栽培を始めてもうまくいかないことも多いそうですふらふら

本結局、レシピの掲載月は9月から11月へ延期になり、
それでもまだ今は時期が早いので、担当の方にお願いし、
取材産地の農家さんから購入してきていただいたという訳です。
冒頭写真のロマネスコ、さっそく料理をして、試食したところ、
立派な外見通り、風味が素晴らしく、味も美味しかった〜ハートたち(複数ハート)

レストランレシピの掲載日は11月中旬予定です。
またご紹介いたします!

寒いけど楽しみな冬野菜、美味しくなりますようにるんるん
posted by つる at 17:34| Comment(0) | 野菜と果物

2016年10月27日

ハロウインにいかが?

P1470673 (380x286)-p.jpg

喜ばれるのがうれしくて・・、
余暇を見つけて作っては、
差し上げていますプレゼント

作るほどに腕が上がって・・いるかな? わーい(嬉しい顔)

レストラン飾り巻きのレッスンは、もうすぐスタートします!
どうぞご期待くださいね!!

美味しく! かわいく? 巻けますようにるんるん
posted by つる at 19:10| Comment(0) | コラム

2016年10月25日

絵画鑑賞の秋!

週末に国立新美術館で開催されていた「二紀展」へ行ってきました。

アートお目当ては、宮崎が誇る絵画の星「松田俊哉」画伯ですぴかぴか(新しい)
IMG_20161023_164509 (380x303).jpg

この壮大な絵は独特な手法で描かれています。
私は絵のことには詳しくないので、
個展を開かれていた画廊のご主人の受け売りですが・・
ひらめき松田さんの絵は・・・、
「まずキャンバスにジェッソといわれる画材で下地の層を作り、
その白いジェッソの層の上に濃淡の鉛筆を用いて細かい線を描いてゆきます。
ひたすら鉛筆で描き続けてゆくことにより、深い霧が晴れてゆくように
白一色だった画面空間に様々なかたちがあらわれてきます。
こうして創造される松田さんのモノクロームの絵画世界には、
無限空間や久遠の刻が感じられる小宇宙となっている。」・・そうです。


思わず立ちすくむほどのスケールの大きさ。
たくさんの絵の中で、ひときわ厳かな存在感を放っていました。
IMG_20161023_164543 (330x380).jpg

位置情報お隣のホールでは、ダリ展が開催されていました。
気に入った絵はポストカードで♪
P1470576 (380x371).jpg

しばらくは壁に貼って、余韻を楽しみたいと思います。
二紀展は昨日で終わってしまいましたが、ダリ展は12月まで。
松田画伯の絵画展示は、次回はお早めにご案内したいと思います猫

深まる秋、絵画鑑賞でお楽しみいただけますようにるんるん
posted by つる at 17:06| Comment(0) | 日記


 当ブログに掲載されている文章やレシピ、画像などの無断転載、転用を禁止します。
      Copyright(c) Tsurusaki Hiromi All Rights Reserved.


最近の記事