2014年05月19日

白子流ブイヤベース@かわごえ

新たまねぎの美味しい季節ですね〜!
関東で「新たまねぎ」といえば、千葉県の白子町
その美味しい新たまねぎを使った、白子町のご当地グルメ
白子流ブイヤベース」が有名です。

位置情報先日、「洋食やかわごえ」さんで頂いてきました。
DCF00018 (380x236).jpg

レストランかわごえ」さんの「白子流ブイヤベース」は、
えびやカニの味噌を感じる濃厚な魚介のスープが特長。
白子の幸である、大きなつみれにとろける玉ねぎ、
丸ごとトマトがゴロっと入り、
カニ、えび、はまぐり、いか、ほたてなど魚介がたっぷり。
豪華で、とっても美味しいかわいい
DCF00024 (380x287).jpg

DCF00026 (339x293).jpg DCF00025 (268x250).jpg

位置情報こんな感じで出てきました。
ドレッシングは「かわごえ」さん特製。
お店では手作りのドレッシングやジャムなども販売されています。
ご飯とチーズは、〆のリゾット用です。
DCF00020 (380x256).jpg

位置情報〆のリゾットです。
野菜と魚介のうまみの出たスープとご飯、何とも贅沢〜ハートたち(複数ハート)
DCF00027 (380x285).jpg DCF00028 (380x278).jpg

喫茶店デザートは、「玉ねぎアイス」のプレートでした。
玉ねぎなんだけど、アイスクリームって、不思議〜!
でもまたこれが何ともいけましたわーい(嬉しい顔)
DCF00029 (380x262).jpg

家お店は可愛らしい外観です。
DCF00031 (380x210).jpg

ひらめき「白子流ブイヤベース」は、2009年に誕生した白子町の新名物料理。
白子の海の幸、畑の幸が入ったブイヤベースです。
お約束は、白子町特産の玉ねぎやトマト、青魚のつみれ。
その開発には私も関わらせて頂きました。

「白子流ブイヤベース」が食べられるのは、
レストラン中華料理「大幸」さん、
レストラン漁夫料理「まるしち」さん(要・予約)
 ⇒ 昨年訪れた記事は、こちら
です。
レストラン洋食や「かわごえ」さん、
レストランラーメン屋「サンハウス」さんの4飲食店と、
ホテル「ホテルカアナパリ」さんなどの宿泊施設です。

>「白子流ブイヤベース」については、このブログでも
 たくさんの記事を掲載していますので、ぜひご覧ください。


イベントところで、白子町では、今、イベントが満載です。
畑に植えられている玉ねぎを掘ることができる
玉ねぎ狩り」は25日までです。
「玉ねぎ狩り」の後は、「白子温泉」へ!
そして、ぜひここでしか味わえない
白子流ブイヤベース」を召し上がってみて下さい♪

初夏の恵みをご堪能いただけますようにるんるん
posted by つる at 15:19| Comment(0) | 【コラム】白子町の話

2013年05月16日

漁夫料理「まるしち」@白子町

遅くなりました! 「白子町へ行ってきました!」の続編です。
「白子流ブイヤベース」を食べようと、今回伺ったのは
漁夫(ふなかた)料理 まるしち」さん。
九十九里に面した町、まずは魚を味わいたい!という家族の希望でした。
マルシチ1 P1310246.jpg

ひらめきまるしち」は、「白子流ブイヤベース」を食べられる4店舗の1つ、
2008年名物料理部会で副会長をされた増田さんのお店です。
白子町の入り口近く、メイン通りからは少し離れたところにあります。
白子流ブイヤベース」は、この他、中華料理「大幸」さん、
洋食の「かわごえ」さん、ラーメンの「さんはうす」さんと、
各ホテルのお食事としていただくことができます。


ビールお通しは旬の「ホタルいか」をしょうが醤油で。ぷりっぷりっ!
マルシチ14 P1310250.jpg

位置情報「まるしち」のご主人、増田さんです。
「運が良いねぇ! 今日はすごく良い天然の鯛が入ってるヨ!」
「大っき〜い!」
マルシチ02 P1310248.jpg

猫「持ってご覧!」と言われて持たせていただきました。「重〜〜いわーい(嬉しい顔)
マルシチ03 P1310249.jpg

位置情報鮮やかな手つきで鯛をおろし、、
マルシチ05 P1310252.jpg

位置情報皮を湯引きに。
流れるような無駄の無い仕事に、思わず見とれます♪
マルシチ06 P1310253.jpg

位置情報昨日上がったばかりの地元の「かつお」をお刺身に。
マルシチ07 P1310256.jpg

レストランガリバーが食べそうなお刺身盛り。大皿(↑上)が小さく見えます。
家族が「かつおの生臭みが全く無い!」と大感激。
鯛の湯引きは1切れ=普通のお刺身の5切れ分くらいでしたわーい(嬉しい顔)
マルシチ08 P1310258.jpg

レストラン手前の空きスペースに地元の「たこ」 塩とレモンで♪
「普通は30分ゆでるけど、うちでは17分。噛めば噛むほど味がでる!」
マルシチ09 P1310259.jpg

レストラン奥のスペースには「しめ鯖」、このレア感が最高!
マルシチ10 P1310260.jpg

レストラン写真を撮り忘れましたが、この他、焼き物なども頂きました。

レストラン「時間があったら、真子を煮付けるけどなぁ。」のお言葉に、迷わず注文。
鯛のお腹から取り出したばかりの真子を煮付けてくださいました。
「ご飯に乗せると最高だよ。誰もいなけりゃ、わしらのおかず。」
奥右は「白子のたまねぎスライス かつお節とポン酢で」ぴかぴか(新しい)
マルシチ11 P1310262.jpg

真子と共に出されたご飯がまた美味しかった。
10kmほど離れた農家さんのお米。特別な水で栽培されているそう。
玄米で仕入れて、低温保存し、自家精米。おいしいはずかわいい

位置情報「まるしち」の増田さん。ご主人とおかみさん。
お土産に、手作りの「うるめ干し」を頂きました。
美味しいお料理と楽しいお話、ありがとうございましたハートたち(複数ハート)
マルシチ12 P1310265.jpg

ひらめきところで、「まるしち」さんでは、「白子流ブイヤベース」は要予約、
仕込みに2〜3時間かかるためだそうです。
この日は予約をしていなかったので、
他のお店に移動して食べようと話し合っていたのですが、
次から次へ出されるガリバー級の魚料理にすっかり満腹になってしまい、、
目的の1つだった「白子流ブイヤベースを白子町で食べる」という
ミッションは、次回へ持ち越しとなってしました。
でもまた次の楽しみが出来ました猫

レストランまるしち」さんは絶対リピートしたくなるお店。
築地の方も食べに来られるそうですが、それもそのはず、味が違う!
魚の鮮度が違う上、調理法、保存法など独自に開発され、
料理も新しい味を日々探求されています。
とっても刺激になり、また、とても温かい気持ちになりました。
この日私たちは東京へ戻るため、お酒をセーブしましたが、
次回は予約して泊りがけで来て、お酒と共に、
魚料理と「白子流ブイヤベース」楽しみたいと思います。

>白子町で刈ってきた「白子の玉ねぎ」は、ご近所さんへお裾分けの他、
>5月料理教室で皆さまに召し上がっていただいていますかわいい
>また、料理教室レポでご紹介します。


白子町で美味しい魚料理に出会えますようにるんるん
posted by つる at 15:33| Comment(0) | 【コラム】白子町の話

2011年03月29日

白子町で被災者受け入れ

白子町」が、東日本大震災の被害者の方々を受け入れています。
このブログで、何度かご紹介している、千葉県の白子町です。

白子町では、震災後は、千葉県旭市の被災者の方々の支援を続けてこられ、
23日からは、福島原発事故の避難民の方を受け入れて来られました。
しかし、当初の予想ほど被災者・避難者の方が来られていないということを、
今日、NHKのニュースで取り上げられていました。
町では、29日、再度、情報を発信されています。

位置情報町役場のHPによりますと、「東日本大震災及び原発事故により
避難しようとしている方々を支援するため、無償で宿泊施設に
避難者を受け入れています。
」というのものです。
おにぎり等の食事も3食提供されます。最大2500名まで受け入れ可能、
受け入れ期間はひとまず4月5日までということです。
白子スポーツ振興ホテル組合の21施設が町と共に宿泊料を分担するそうです。

白子町は温泉の町でもあります。 町役場の方にお聞きすると、
「お風呂に入って布団で寝てもらって、少しの間でもゆっくり休んでほしい。」
とおっしゃっていました。
 >詳しい情報は、「白子町役場」のこちらのページをご覧下さい。
 >お問合せは、「白子町震災被災者支援室(電話:0475-33-2111)」まで。

位置情報私にとって白子町は、数年前に町おこしの一環として新名物料理の開発を
お手伝いした町で、その後も町の方々との交流を続けさせていただき、
思い入れがあります。
テニスのメッカとしても知られていて、春休みシーズンは、例年、大学生の
春合宿などで賑わいますが、今年は大震災の影響でキャンセルが続出。 
今後、町の経済は悪化するだろうということで、心配です。
被災地以外にも、ジワジワと大震災の影響が出ていることを感じます。
そんな中ですが、今は、被災者や避難者の方の受け入れが最優先。
「がんばります」という力強いお言葉が返ってきました。
 >白子町関連の記事は、こちらです。

毎日、大震災のニュースを見て暗い気持ちになることが多いですが、その中で
被災地で久々のお風呂につかって和まれる方々の表情がとても印象的でした。
受け入れる方々のお気持ちが通じ、被災者や避難される方々が、
少しの間でも安らいで頂ければ、と心から思います。 
posted by つる at 19:37| Comment(0) | 【コラム】白子町の話

2011年01月08日

白子流・・@ふるさと祭り

先日ご紹介しました「ふるさと祭り2011@東京ドーム」の続報です。
早速行ってきました。 食べてきました。 やっぱり美味しかった〜!
千葉県白子町の新名物料理「白子流ブイヤベース」ですぴかぴか(新しい)
ナント、このボリュームで1コイン以下!(値段が明言できないのは、
イベントでは、タイムサービスとか、色々ありますので、ご了承をわーい(嬉しい顔)) 
でも、間違いなくコストパフォーマンスは、最高です!
発泡スチロールなので、雰囲気は出ませんがあせあせ(飛び散る汗) まさしく職人の味!

2011.1.8 ふるさと祭り01ブログ.jpg

ひらめき濃厚すぎるほど魚介の旨みの出たトマトと玉ネギベースのスープ。
お約束は、「青魚のつみれ」に、自慢の「白子の玉ねぎ」と「長生トマト」
そして、海老・カニ・ムール貝やホタテなどの魚介類。 
実は、美味しいのは当たり前なんです。 房総の、千葉県白子町、
その海と畑の恵みを、ふんだんに取り入れて作られた味ですから。


イベント「ふるさと祭り」は、もちろん、見どころ満載です。
どんぶり選手権に、北海道ブース、話題のB級グルメやスィーツに長蛇の列。
でも「商工会ブース」にも隠れた人気店有り! 「通」に通じる「通」の味!
作っていらっしゃるのは、白子町のホテル「カアナパリ」さんや、
レストラン「かわごえ」さんなど、本職の方々。
そして、町役場や商工会の方々がサポートされています。
売ることには慣れていなくても、チームワークは負けていませんわーい(嬉しい顔)

2011.1.8 ふるさと祭り03ブログ.jpg

私が行った当日も、ひそかなブーム? 
家族客やカップル、お一人様など、大勢のお客様が召し上がっていました。
流行りのグルメはもちろん、隠れた新名物にも出会えるチャンスです。
このブログを読んで、行って下さった方、ぜひ、町の方々へ応援の声を
お願いします。 ブログへもご感想やご意見を、ぜひお寄せ下さいね猫

位置情報ふるさと祭り@東京ドーム2011」は、1月8日から16日まで開催されている
日本最大級のふるさとの祭典。 公式サイトは、こちら です。

千葉県白子町の新名物料理「白子流ブイヤベース」に出会えるのは、
前半の1月8日から11日の4日間だけ!
昨年はテレビなどの多くのメディアでも取り上げられたそう。
白子流ブイヤベース」は、このブログでも何度かご紹介している、
千葉県白子町」の新名物料理ですが、開発に当たり、
私もお手伝いをさせて頂いた、私にとっても思い入れのある料理です。
白子町ブースは、会場右手奥の方ですので、ぜひ探して下さいね! 


人気のこの祭典、会場はたくさんの人であふれます。
会場外にも、入場者の長い列ができますので、行かれる方は、
時間帯など考慮して行かれることをお奨めします。 

リゾートそして、、、白子町商工会のホームページは、こちら です。
白子流ブイヤベース」は、もちろん、白子町で食べられます。
今回行けなかったけど食べてみたいという方は、白子町でぜひ!

 > 関連記事は、こちら です。
 > 白子町につきましては、こちらのカテゴリーにまとめました。
 > ご興味のある方は、ぜひご覧ください。

ふるさとの美味しい味に出会って頂けますようにるんるん
posted by つる at 23:24| Comment(0) | 【コラム】白子町の話

2011年01月05日

「白子流ブイヤベース」に出会えます@「ふるさと祭り2011」

1月8日から16日まで開催される「ふるさと祭り@東京ドーム2011」で
千葉県白子町から「白子流ブイヤベース」が販売されますぴかぴか(新しい)

no-title

位置情報白子流ブイヤベース」は、このブログでも何度かご紹介したことがある、
千葉県白子町」の新名物料理です。
開発に当たり、私もお手伝いをさせて頂いた、思い入れのある料理です。

白子町商工会は、この「ふるさと祭り」に昨年も出店し、
白子町のPRや白子の物産品や新名物をご紹介しました。
今年は、いよいよ「白子流ブイヤベース」の販売も行うそうです。

イベントふるさと祭りは、1月8日〜16日までの9日間ですが、
商工会関係のブースは前半、後半の2部に分かれています。
白子町商工会」は前半の1月8日〜11日までの4日間出店します。
ご興味のある方は、ぜひ白子町ブースへ足を運びください。
熱い白子町の皆さんが待っていますわーい(嬉しい顔)  (☆写真は昨年の模様☆)

2010.1.11 ふるさと祭りブログ.jpg

ひらめきふるさとまつり2011は、東京ドームで行われる、
日本最大級のふるさとの祭典です。
見どころは、「」「祭り」「どんぶり選手権」など。
」〜何といっても全国のご当地グルメが楽しめること。
    北海道から沖縄まで、日本各地の「味」が大集合し、
    話題のご当地グルメや様々な郷土の旨い味が楽しめます。
」〜会場で実際に全国各地の祭りを見ることができます。
どんぶり選手権」では、全国20の料理が集結し、
    お客さまの投票によりNO.1が決められます。
☆ 公式サイトは、こちら です。

行かれる方は、こちらで、チケット情報などをご確認下さいね。
大人気のこの祭典、会場はたくさんの人であふれます。
昨年は会場へ入る人で、外も長蛇の列でした。

白子町ブースには、私も遊びに行く予定です。
皆さまもご一緒にいかがでしょうかわーい(嬉しい顔)

 > 「白子町」の関連記事はこちらです。
 > 「海と玉ねぎのまち『白子』」
 > 「白子町@千葉グルメフェア」
 > 「白子流ブイヤベース@シェラトン」第一弾
 > 「白子流ブイヤベース@シェラトン」第二弾
 > 「白子流ブイヤベース@シェラトン」第三弾
 > ご興味のある方は、ぜひご覧下さい。

ふるさとの食や祭りでお楽しみ頂けますようにるんるん
posted by つる at 17:30| Comment(0) | 【コラム】白子町の話

2010年06月14日

白子流ブイヤ・・@シェラトン(3)

舞浜シェラトンホテルの、「千葉グルメフェア」レポート、第3弾です。
今日は、「白子流ブイヤペースぴかぴか(新しい)」以外の、お料理についても、ご紹介します。

メニューは、千葉の地産地消メニュー=「千産千消メニュー」です。
千葉県産の農畜・水産中心に、100種程の中から、日替わりで供されます。
看板メニューの「白子流ブイヤペースぴかぴか(新しい)」は毎日、提供されます。
サラダや蒸し物の野菜も、種類が日毎に替わり、その種類の豊富さに驚きます。

位置情報 まずは、冷たいお料理から、3種の冷製スープとスティック野菜。
千葉産のやまといもや人参、トマトのスープでした。
スティックには、パプリカソースとアンチョビオイルが添えられていました。
2010.6.10

レストランスープは、充実のラインナップで、この他にも「千葉産アサリとトマトの
スープ」など温かいものも2種。
濃厚スープの「白子流ブイヤペースぴかぴか(新しい)」、あっさりしたアサリのスープ、
爽やかなやまといものスープ、それに加えて、ラーメンも伊勢えびの出汁と、
様々なこだわりスープの味の違いが楽しめ、とにかく全部美味しかったです。


位置情報 こちらは、「南総野菜のマリネ」「浦安豆腐のオクラ餡」、
「千葉産ポークのサラダ」です。 浦安豆腐、特に美味しかったですかわいい
2010.6.10

位置情報 こちらは、「カジキのエスカベッシュ」「水郷赤鶏のグリルとオニオンの
ハーブマリネ」「千葉産鰯のレモンマリネ(毎日)」です。
鰯のマリネは、房総の味、お奨めです。
2010.6.10

位置情報 次は温かいお料理の中から、「千葉県産野菜の蒸し物」 
友人は長ネギを蒸して食べるのが初めてだそうで、甘くて美味しい!と
喜んでいました。 金山時味噌などをつけて頂きます。
野菜の美味しさを、シンプルに味わえるお料理です。
2010.6.10
 
この他、中華として、千葉産の豚や牛の炒め物や蒸し料理、炒飯が並びました。
アサリたっぷりの「アサリとニラの炒飯」は、千葉ならではの贅沢さでした。

位置情報 メインは、魚料理として、毎日供される「白子流ブイヤベース」の他、
「千葉産スズキのロースト」 ピーナツを添えているのが千葉風ですかわいい
2010.6.10

「千葉産アサリと的鯛のアクアパッツァ」
2010.6.10

位置情報 肉料理は、「千葉産牛の塩窯焼き」や「千葉水郷赤鶏のオーブン焼き」等

位置情報 他に、カレーやパスタ、ピザやパンも地産メニューが並びました。
どれも美味しかったですが、特に、「伊勢えびの千産ラーメン」や、
「わけぎのぺペロンチーノ」などが珍しく、千葉の味を楽しめました。
 
猫温かいお料理は、保温できる器で、1つずつふたをして出されますので、
写真撮影も、ふたをあけて1つずつでした。まとめて写真に収められない為、
大変な量になりましたあせあせ(飛び散る汗) 全部ご紹介できませんので、お皿でご想像ください。

これは、白子流ブイヤベースと、「千葉産ポークのリエット」などオードブル。
背景のホテルの庭には、チャペルがあり、新婚カップルが! お幸せにハートたち(複数ハート)


こちらは、メインやパスタ中心のお皿。 てんこもりですあせあせ(飛び散る汗)
2010.6.10

位置情報 そして、デザートも「千葉県産アクアメロンのショートケーキ」
「多古米ライスプディング」「八街ピーナツババロワ」など地産メニュー中心に、
20種ほどのケーキやジェラート、各種フルーツ、和菓子などが並びました。
甘味好きの友人は、大喜びでしたわーい(嬉しい顔)

猫私は、「白子流ブイヤペースぴかぴか(新しい)」を2杯頂き、他のお料理も全て
網羅したかったのですが、さすがにお腹と相談し、あきらめましたあせあせ(飛び散る汗)
友人も「白子流ブイヤペースが、美味しい!持ち帰りたいほど!」と2杯!
千葉の美味しい恵みを、シェラトンさん流に工夫された、お料理の数々、
全部とても美味しくて、大満足させて頂きましたハートたち(複数ハート)

位置情報千葉グルメフェア」は、6月中、千葉県内の4ホテルで開催されています。
そして、各ホテルアレンジで、千葉県白子町の新名物料理
白子流ブイヤペースぴかぴか(新しい)」を、召し上がって頂けます。

 > 関連記事はこちらです。
 > 「白子流ブイヤベース@シェラトン」第一弾
 > 「白子流ブイヤベース@シェラトン」第二弾
 > 「白子町@千葉グルメフェア
 > 「海と玉ねぎのまち『白子』
 > ご興味のある方は、ぜひご覧下さい。

美味しいお料理を食べて、明日も元気にお過ごし頂けますようにるんるん

2010年06月13日

白子流ブイヤ・・@シェラトン(2)

舞浜シェラトンホテルの、「千葉グルメフェア」レポート、第2弾です。



ビュッフェの目玉は、何と言っても、千葉県白子町の新名物料理
白子流ブイヤペースぴかぴか(新しい)」です。



レストランシェラトンホテルのアレンジによる、「白子流ブイヤペースぴかぴか(新しい)」は、
魚介の出汁の出た濃厚なスープに、サフランの香りが漂い、
玉ねぎの甘みと、トマトの爽やかな香りが、生きていました。
「白子流ブイヤベース」のお約束である、青魚のつみれは、ごろっと大ぶり!
他に、鯛やムール貝、ハマグリ、アサリなどが入った、リッチな絶品料理でした。

シェラトンホテル、エグゼクティブ・シェフの竹内氏です。
気さくに色々と、お話を聞かせて下さいました。 ありがとうございました!
掲載は、ご了解頂いています。


ひらめき竹内シェフに伺ったところ、白子の玉ねぎの甘さを生かすため、
アルミホイルに丸ごと包んで焼き、大きく切って、後で加えているのだとか!
どうりで、新玉ねぎなのに、とけずに、しっかり存在感を残していました。
トマトも、ソースに加えるのではなく、後で散らしたところがポイントだそう。
爽やかな酸味が、アクセントになっていました。
スタッフの方に「スープが濃厚で、美味しいですね!」と言うと、
「3日間煮込んだスープなんです!」と嬉しそうに答えて下さいました。
スタッフの方々にも、料理の魅力が、浸透されていて、感激しました。
手をかけて作られていることを知って、より一層、美味しく感じましたかわいい


白子町が誇る、玉ねぎです。 白子の美味しいトマトも。


白子の玉ねぎは、希少な上、5月の玉ねぎ狩りで随分なくなってしまうのであせあせ(飛び散る汗)
今回提供される分は、確保され、この料理だけで大事に使われているそうです。
そんな貴重な白子の玉ねぎ、ぜひ多くの方に味わって頂ければと思います猫

位置情報この「千葉グルメフェア」では、6月中、千葉県内の4ホテル、
舞浜シェラトン、幕張ニューオータニ、京成ミラマーレ、オークラマカデミアパークで、
千葉県白子町の新名物料理「白子流ブイヤペースぴかぴか(新しい)」を、
各ホテルアレンジで、召し上がって頂けます。
千葉は遠くて、行けないという方も、ぜひこの機会に覚えて頂ければ幸いです。

 > 関連記事はこちらです。
 > 「白子流ブイヤベース@シェラトン」第一弾
 > 「白子町@千葉グルメフェア
 > 「海と玉ねぎのまち『白子』
 > ご興味のある方は、ぜひご覧下さい。

美味しい白子町に、出会って頂けますようにるんるん

2010年06月12日

白子流ブイヤベース@シェラトン

行ってきました! 食べてきました! 美味しかったーわーい(嬉しい顔)



先日ご紹介しました、「千葉グルメフェア」です。
6月中に、千葉県白子町の新名物料理「白子流ブイヤペースぴかぴか(新しい)」を、
千葉県内の4ホテルで、各ホテルアレンジで、召し上がって頂ける企画です。
 > 詳細は、こちらに掲載しています。

レストラン今回伺った、舞浜シェラトンホテルのレストラン「グランカフェ」さんは、
日頃から盛りだくさんのビュッフェが、人気です。 
舞浜に住む友人は、近隣のたくさんのホテルの中でも、
「品数も多いし、美味しくて、外れがないので、地元でも人気!」
と太鼓判を押してくれました。 その友人に案内してもらい、
ワクワクしながら出かけ、料理を頂戴し、大満足しましたかわいい

シェラトンホテル、エグゼクティブ・シェフの竹内氏にお話を伺ったところ、
白子の玉ネギとトマトを生かすため、たくさんの工夫をして下さっていました。 
とても嬉しかったです。 ありがとうございます。 
この話を含め、詳細はまた改めて。

ひらめき6/15は、千葉県民の日、6/22はシェラトンの
22周年を祝う日だそうです。 お得情報もあるようです!
6月中は、舞浜シェラトンや、幕張、千葉、木更津のホテルで、
白子流ブイヤベースぴかぴか(新しい)」を、召し上がって頂けるチャンスです。
ぜひこの機会に、知って頂ければ幸いです。 
詳しくは、「白子町@千葉グルメフェア」を、ご覧ください。

美味しい、土地の味を、お楽しみ頂けますようにるんるん

2010年06月04日

白子町@千葉グルメフェア

6月1日より開催されている「千葉グルメフェア」で、
千葉県白子町の新名物料理「白子流ブイヤペースぴかぴか(新しい)」が食べられます!

以前、このブログでご紹介した「千葉県白子町(しらこまち)」です。
町では2008年、白子町の活性化のために、特産品のトマトや玉ネギ、
青魚のつみれなどを使った名物料理を開発しました。
私はそのお手伝いをさせて頂いたので、白子町には深い思い入れがあります猫
 > 白子町の記事は、こちらです。


位置情報ちばグルメフェア」では、千葉県内の4ホテルが、それぞれのアレンジで
「白子流ブイヤベース」を提供してくれるそうです。
開催ホテルは、「ホテル千産千消推進協議会」に参加する、こちらの4軒です。

レストランシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル(浦安市舞浜)

レストランホテルニューオータニ幕張(千葉市美浜区)

レストラン京成ホテルミラマーレ(千葉市中央区)

レストランオークラアカデミアパークホテル(木更津市かずさ鎌足)

ホテルにより、開催期間や時間などが違いますので、
詳細につきましては、各ホテルの上記リンク先等でご確認下さい。

猫もちろん、白子町に行かれて、現地で食べて頂くのが何よりですが、
各ホテルのシェフさんたちのオリジナルアレンジをお楽しみ頂いて、
「白子流ブイヤベース」を覚えて頂けたら、とても嬉しいですかわいい

ひらめき白子町では、いつでも、この白子流ブイヤベースが食べられます。
「大幸」さん、「まるしち」さん、「かわごえ」さん、「サンハウス」さんの
4飲食店と、「ホテルカアナパリ」さんをはじめとする14の宿泊施設です。
お店によって、和・洋・中、鍋や麺、リゾットでと様々に味わえます。
 >「白子流ブイヤベース」については、こちらをご覧下さい。


メールこのブログを見て「白子流ブイヤベース」を召し上がった方は、
ぜひコメントをお寄せ下さいね! お待ちしていますわーい(嬉しい顔)

美味しい週末をお過ごし頂けますようにるんるん

2010年04月26日

海と玉ねぎのまち「白子」

白子町(しらこまち)」を ご存じでしょうか?
千葉県の九十九里浜に面した 素朴な町です。
テニスのメッカとして知られ、夏にはマリンスポーツもさかんです。
また、ヨードを含む「白子温泉」があり、宿泊や日帰り風呂も楽しめます。

この白子町には、実は、もう1つとても素晴らしいものがあります。
それは特産の玉ねぎやトマトなどの畑の幸、青魚など豊富な海の幸です。

町では、一昨年、この特産品を使った新しい名物料理を作りました。
猫私はそのお手伝いをさせて頂きました。


位置情報新名物料理の名前は、「白子流ブイヤペースぴかぴか(新しい) 」
特産の玉ねぎやトマト、青魚のつみれがたっぷり入った鍋です。
このお料理が食べられるのは、「大幸」さん、「かわごえ」さん、
「サンハウス」さん、「まるしち」さんの4飲食店と、
「ホテルカアナパリ」さんをはじめとする 14の宿泊施設です。
お店によって、和・洋・中の味で楽しめ、鍋で、麺やリゾットでと様々です。
ホテルや民宿では「白子流ブイヤベース」が食べられる宿泊プランもあります。
 >「白子流ブイヤベース」については、こちらをご覧下さい。

イベントこの白子町では、5月は、嬉しいイベントが満載です。
G.W.中は、「白子温泉・春の収穫ツアー」や「白子たまねぎ祭り
1日〜24日までは「白子たまねぎ狩り」、玉ねぎ掘りの体験ができます。
混んだところではなく、近場でのんびりしたいという方は、
素朴な白子町で、こんな過ごし方はいかがでしょうか? 
 >詳細につきましては、白子町商工会のこちらのページをご覧下さい。

猫私も玉ねぎを掘って、新名物料理を食べてきたいな、と思っていますわーい(嬉しい顔)

素敵な休日で、心も体もリフレッシュできますようにるんるん


 当ブログに掲載されている文章やレシピ、画像などの無断転載、転用を禁止します。
      Copyright(c) Tsurusaki Hiromi All Rights Reserved.


最近の記事
(06/28)【料理教室レポ】2017.5〜6月[その2]、和モダンな元気ごはん〜♪
(06/27)2016年料理教室レポ、まとめ
(06/26)【ご案内】2017年7月「季節の飾り巻き寿司」レッスン・他
(06/17)【飾り巻き教室レポ】6月カエルとJSIA3級と・・
(06/14)【レシピ開発】「ベジシャス」71号は、キャベツ特集♪
(06/06)【飾り巻き教室レポ】5月末〜6月初は、認定3級&季節&JSIAアシ
(06/01)【コラボ企画】宝酒造×クスパ「澪」ご試飲キャンペーン に参加中♪
(05/30)【飾り巻き教室レポ】2017.5 「さくらんぼ」と「トロッコ列車」♪
(05/29)【料理教室レポ】2017.5月[その1]、5月の旬にメロメロメニュー〜♪
(05/26)(更新)【ご案内】2017年6月の公募レッスン(6/17,6/24は「季節飾り巻き」確定、6/8「旬ベジ」募集中、その他選択枠情報)
(05/25)今日は何の日「マンゴーの日」
(05/23)急性・花粉症? 
(05/12)(終了)【ご案内】2017年5月の公募レッスン
(05/12)【飾り巻き教室レポ】2017.4 「鯉のぼり」と「チューリップ」♪
(05/11)【料理教室レポ】2017.4月は、イタリアンのごちそう♪
(05/10)【料理教室レポ】2017.3月[その2]は、タケノコ♪
(05/09)2017年4月のお仕事、近況報告♪
(04/29)【飾り巻き】子供の日のごちそう
(04/22)【ご案内】初夏の飾り巻き寿司レッスン〜鯉のぼり♪ ≪募集終了≫
(04/13)【料理教室レポ】2017.3月[その1]は、春のインドパーティ♪