2014年01月28日

1月イベント開催中

1月後半に入り、気持ちの良い晴天晴れが続いていますね。
家アトリエでは、1月レッスンを開催中です。
1月は、「ぴかぴか(新しい)味噌尽くしのプチイベントぴかぴか(新しい)」です。
もちろん野菜たっぷりの料理満載です。

ひらめきなぜ、突然に、「味噌」なのかというと、、
昨年、オーガニック認証会社「リーファス」代表の水野葉子さんから
小野崎糀店」のお味噌を頂いたのですが、
すっかり気に入って、料理教室でも使用し、皆さんからも大好評ハートたち(複数ハート)
そこで、そのお味噌を取り寄せて、今回の企画となりましたわーい(嬉しい顔)
P1340284 (380x269).jpg

猫え〜っと、実は私は「Jr.調味料マイスター」でもあるので、、
この機会にお味噌の豆知識も皆さんへご教授したいと思ったわけですわーい(嬉しい顔)

レストラン月末の「男の料理」まで、美味しい味噌料理が続きます。
もちろんお土産もご用意していますプレゼント
P1340245 (380x257).jpg

位置情報2〜3月に、今回残念ながらお越しになれなかった方のための
アンコールレッスンも予定しています。
このレッスンは、現メンバー以外の方もご参加可能ですので、
過去メンバーや、私の他講義の生徒さんでご希望の方は、
お気軽にご連絡ください。

美味しい味噌料理をお楽しみいただけますようにるんるん
posted by つる at 17:46| Comment(2) | 【グルメ】食材・調味料

2011年06月12日

ケッパーベリーの酢漬け

大好きな食材、「ケッパーベリーの酢漬け」をご紹介します。
 >関連記事は、こちら です。(そら豆・プレートの写真を更新しました。)
今、家にあるのは、スペイン産のケッパーベリー、
「《El Faro》 alcaparron Caperberries in Vinegar」です。(写真・左)
ケッパーベリー01 P1180374.jpg

右が「ケッパー」、左が「ケッパーベリー」
「ケッパー」は、スモークサーモンなどに添えられえ日本でもおなじみですが、
「ケッパーベリー」は、まだそんなに知られていないようです。
切ってみると、種がぎっしり入っています。 このつぶつぶ感が美味しいぴかぴか(新しい)

ひらめき「ケッパー」は、フウチョウソウ科の植物。
別名、ケーパー、ケイパー、カッペリ、和名はトゲフウチョウボク(棘風蝶木)
食材の「ケッパー」は、その「ケッパー」の木のつぼみで、
花が咲き、実となったものが「ケッパーベリー」です。
どちらも、もとはえぐみがあって生食されず、塩漬けや酢漬けにされます。
食べてみると味わいは似ていて、同じ木のものと分かります。


ケッパーベリー02 P1180384.jpg  ケッパーベリー03 P1180386.jpg

レストラン「ケッパー」は堅くて、塩が効いているので、塩抜きして使うことが多く、
スモークサーモンをはじめ、いろいろなソースの風味付けに使われます。
酢漬けされた「ケッパーベリー」は、が、柔らかく、マイルドな味わいなので、
そのままオードブルに、また肉料理の付け合せにも合います。
また、茎付きで売られているので、見た目もおしゃれでおつまみ向きです。

「ケッパーベリー」は、輸入食材を扱う店や、ネットで購入できます。
機会がございましたら、味わってみてくださいね。
posted by つる at 12:27| Comment(0) | 【グルメ】食材・調味料

2010年11月29日

スンドゥブ・チゲ

先日の栃木視察では、前夕に刈ったばかりの新鮮な「ニラ」をお土産に
たくさん頂きました。
 >ひらめきJAみかつがさんでは、「ニラ」は、夏は早朝、冬は夕方に収穫します。
せっかく鮮度の良い貴重なニラなので、早速ご近所さんへもお裾分けしました。

位置情報これは「スンドゥブ・チゲ」です。
2010,11,15 スンドゥブブログ.jpg

ひらめきスンドゥブ・チゲ」とは、韓国の鍋料理で、
スンドゥブと言われる豆腐を入れた辛いスープのこと。
貝や肉・野菜など色々なものを入れ、コチュジャン、唐辛子、
ニンニク、ごま油などで味付けをします。
このお料理に「ニラ」は欠かせません!


位置情報実は、お裾分けを差し上げた方も、嬉しいことに「ニラ」が大好きだそうで、
お返しにと、お気に入りの「スンドゥブ・チゲの素」を下さったのです。
本場韓国の味で、とても美味しくて、冬はコレを切らさないのだそう。
まとめ買いしてはお友達にも配られているとお聞きし、お言葉に甘えました。
2010,11,15 スンドゥブ3ブログ.jpg  2010,11,15 スンドゥブ4ブログ.jpg

この素には「アサリ」がピッタリ、具はネギ・ニラ・豆腐のみのシンプルな方が
美味しいそう。生卵を落とすのがお約束で、ご飯にも合うということでした。
せっかくなのですぐに頂きたいと、生のアサリの代わりに、殻付きの海老と
冷凍アサリ、新鮮ニラと長ネギ、豆腐を加えて、作ってみました。
ニラは少しと言うことでしたが、好きなのでたっぷり加えましたわーい(嬉しい顔)
2010,11,15 スンドゥブ6ブログ.jpg  2010,11,15 スンドゥブ7ブログ.jpg

辛過ぎず、魚介の旨みの出たソースは、さすが、本場〜!の味でした。
            ごちそう様でしたハートたち(複数ハート)
 >美味しかったので探してみたところ、ヤフー通販の「韓国広場」で発見。
 >【チョンガ】 純豆腐鍋(スンドゥブチゲ)の素 150g
この味、今度は自分で再現してみたいと思います。猫

栃木の「ニラ」は、アイデアを練り、計画を立てて、全部しっかり頂きました。
ありがとうございました。 1月料理教室で、「ニラ尽くし」に登場予定です。

ニラたっぷりの鍋で、体が温まりますようにるんるん
posted by つる at 20:21| Comment(0) | 【グルメ】食材・調味料

2010年11月02日

鳴門のワカメ

私が大好きな野菜の1つに「淡路の玉ネギ」があります。
関西に住んだ時、あまりの美味しさに衝撃を受けた野菜です。
そして、その玉ネギを最高に美味しく感じる料理は、シンプルな
「玉ネギとワカメの味噌汁」です。
これほど素材の良さを感じ、相性を楽しめる料理があるのかと思うほど。
この味噌汁に欠かせなかい、もう1つの主役が「鳴門のワカメ」なのです。

2010.11.3 わかめブログ.jpg

ひらめき鳴門のワカメ」は、四国は徳島県鳴門市で取れる特産わかめです。
美味しい魚が獲れることで有名な瀬戸内海、中でも渦潮で有名な鳴門海峡は
潮の流れが早いので、ワカメの生育に良いのだそう。
そのため、シコシコとこしがありながらも とても軟らかい
味わい深いワカメになるのだそうです。


ある時、この味噌汁が美味しいという話をしていたところ、ご賛同頂きました。
関西に赴任されている方が、美味しいものに目がなく、中でも
「鳴門のわかめ」がその方のマイブーム、大好きなのだとか。
美味しいわかめが食べられると思うと、遠い出張も苦にならないそうわーい(嬉しい顔)

鳴門ワカメの食べ方といえば、地元では、「明石鯛の煮物」が有名ですが、
その他、お刺身、和え物、サラダ、そして鍋やスープ、天ぷらにも。
生(塩蔵・戻し)で、そして加熱しても美味しいところが魅力。
ところで「味噌汁」ですが、肉厚で甘い「淡路の玉ねぎ」がとろっと煮え、
軟らかい絶品ワカメとからみ、味噌や出しとも合い、何とも言えない旨さですハートたち(複数ハート)

「お国自慢」に花が咲くことって、よくありますよね!
美味しい土地の話は、何とも言えず楽しいものですかわいい

「鳴門のワカメ」、見つけたらぜひ召し上がってください。
もしご近所のお店になければ、虎ノ門のアンテナショップにあります。
 > このアンテナショップにつきましては、こちらへ掲載しています。
 > コンビニで会える特産品   > コンビニで会える特産品2
その他、通販サイトもあるようですので、探してみてくださいね。

美味しい海草で、髪にも栄養をるんるん

2010年10月26日

セモリナ粉の「クスクス」

今月の料理教室では、スパイシーなモロッコ料理が登場します。

ひらめきモロッコと言えば、北アフリカの国の1つ。
北アフリカ3国をマグレブ諸国と言い、
そのお料理は、マグレブ料理とも言われます。
その代表的なものが、クスクスやカバブー、タジンなど。

今回の主役「クスクス」です。
2010.10.27 クスクスブログ.jpg

位置情報日本ではなじみが少ないのか、食べたことのない方も多いですが、
私は、クスクスが大好きハートたち(複数ハート)
その食感や、料理との相性は、ユニークで癖になります。
フランスなどヨーロッパではその食べやすさで人気だそう。

今回は、旬の食材をふんだんに使った煮込みと共に頂きます。
このほか、異国情緒満載のサラダや、秋果物いっぱいのデザートを作ります。
どんなお料理になるのか、お楽しみに。

位置情報10月22日(夜)、27日(夜)、29日(昼)に開催予定でしたが、
22日は11月5日に変更となっております。27日は満席です。
今回は、韓国で爆発的人気となった 変わったお鍋も使います。
又色々とご報告致しますので、ご興味のある方はお楽しみになさって下さいね。

楽しいスパイス料理をお楽しみ頂けますようにるんるん
________________________________________
   > 「料理教室」関連のピックアップ記事〜エスニック
   > 2010年08月19日 猫流 シンガポール料理
   > 2010年07月23日 【レポ】夏のおもてなし@・・
   > 2010年07月14日 【レポ】旬のベトナム@アトリエ 


 当ブログに掲載されている文章やレシピ、画像などの無断転載、転用を禁止します。
      Copyright(c) Tsurusaki Hiromi All Rights Reserved.


最近の記事
(10/16)巻き巻き・武者修行♪
(10/05)【飾り巻き教室レポ】9月B〜中秋の名月と基本レッスン♪
(09/30)【ご案内】2017年10月の「飾り巻き寿司」は、ハロウイン、他
(09/28)【料理教室レポ】2017.8月 夏野菜でスパイシーな食卓♪
(09/14)【飾り巻き教室レポ】9月A〜十五夜〜♪
(09/13)【飾り巻き教室レポ】8月D・9月@〜初めてレッスン〜♪
(09/11)【グルメ】17周年特別コース@神楽坂アルベラータ
(09/04)【飾り巻き教室レポ】8月C〜夏休み親子教室〜♪
(09/03)【ご案内】2017年9月飾り巻き寿司 & 料理教室
(08/29)【飾り巻き教室レポ】8月B〜リクエスト体験
(08/27)【料理教室レポ】2017.7月 東南アジアフェスティバル〜♪ &「ビオレU キッチンハンドジェルソープ」体験レポ〜♪
(08/25)【料理教室レポ】2017.6月 初夏のきゅうり尽くし献立〜♪
(08/21)【ご案内】2017年8月飾り巻き寿司  
(08/20)【飾り巻き教室レポ】8月A〜くまとビール
(08/20)【飾り巻き教室レポ】8月@〜パンダとひまわり
(08/04)【お知らせ】読売新聞栃木版に掲載♪
(07/19)【イベントレポ】「タカラ料理のための清酒」セミナー@「ラボンヌターブル」
(07/09)【飾り巻き教室レポ】6月末〜7月初は、季節&3級認定
(06/28)【料理教室レポ】2017.5〜6月[その2]、和モダンな元気ごはん〜♪
(06/27)2016年料理教室レポ、まとめ