2011年06月06日

とちぎサポーターOG会

週末に、大切なお客様をお迎えしました 家 

栃木会04 P1180102.jpg

位置情報1年間一緒に活動をしてきた「栃木野菜サポーター」やスタッフの皆さまです。
ご都合で来られない方もいらっしゃいましたが、4名の方が来られ、
「お疲れ様会」も兼ね、食べて、飲んで、たくさん話をして、余興もあり・・、
とても楽しい時間を過ごしました。

栃木会02 P1180097.jpg

美味しい料理、美味しい野菜が好きな仲間同士、話がはずみました。
栃木視察の思い出、、そして、今年度の活動もがんばってほしい..と。
勉強熱心な皆さまは、料理や食材にも興味津々、気づくとメモがビッシリあせあせ(飛び散る汗)
喜んで頂けて、とても嬉しく 幸せな時間でした猫

20110604-02編.jpg

犬栃木を応援したいという想いのおかげで 知り合った仲間ですが、
この貴重なご縁をずっと大切にしたいと思います。 
素敵な出会いがありますように。

>今回の料理などについては、続編〜こちら をご覧下さい。

2011年05月11日

とちぎ復興支援チャリティセミナー@築地市場

5月10日、「JAとちぎ」「野菜ソムリエ協会」協賛の
とちぎ復興支援チャリティーセミナー」が、無事終了いたしました。
定員を上回る32名の方がご参加されました。
ご参加下さった皆さま、どうもありがとうございました!

位置情報第一部は、「築地市場、野菜棟の見学ツアー」でした。
ツアーの模様は、後日、ご紹介します。

位置情報第二部は、「とちぎ復興応援セミナー」でした。
「JA栃木」から、お二人の方が講師としてお話をされました。
栃木の農業全般について、また、放射線検査の方法や判断基準について、
出荷制限を受けた生産者の方の現状や、栃木産青果物の価格動向について
ご説明され、そして、今後の課題についてもお話されました。

私は、昨年度の「とちぎ野菜サポーター」の活動についてご紹介し、
1年間の活動を通じて学んだこと、感じたこと、そして震災を受けて
今、栃木に対して思うことなどをお話させていただきました。
澤田さん築地02 IMGP0494.jpg

話の間に、栃木野菜や加工品をご試食いただきました。
レストランご試食メニューは、
menu1. 糖度約20度の「白美人」ネギを、マヨミソディップと浅漬けで。
menu2. 桃太郎の春トマトを少し冷やして。
menu3. 栃木「おばねや」さんのニラ加工品「にらねっこ」・・の3品でした。

     澤田さん築地01 IMGP0496.jpg

皆さま、大変熱心に話を聞かれ、ご質問もたくさんありました。
また、ご試食では、「『白美人』ネギが美味しい!」と大好評で、
ネギを生で食べられることに驚かれていました。

プレゼントそして、お越しの皆さまには、「白美人」ネギと「桃太郎」の春トマト、
「とちおとめストラップ」などをおみやげにお持ち帰り頂きました。

今回の参加費は、全て、被災地への寄付にあてられます。
また、私が掲載された書籍も販売させて頂き、代金は全て、
「野菜ソムリエ協会義援金」を通じて、寄付させていただきました。
皆さまの善意に心から感謝いたします猫

ところで、セミナーでは、最後に、今年度の「とちぎ野菜サポーター」の
募集がありましたが、セミナーに参加して、サポーターになりたいと思って
下さった方がたくさんいらっしゃったそうです。ありがとうございます!
私はサポーターの任は解かれますが、今後も引続き、栃木を、そして
生産地を応援していきたいと思います。
栃木の方のお話を伺い、生産者の方々の現状を少しでも知ることができました。
栃木をはじめ、被災地や被害を受けている地の生産者の皆さまが、
心穏やかに過せる日が一刻も早く来ますことをお祈りしています。

JA栃木の皆さま、野菜ソムリエ協会スタッフの皆さま、お疲れ様でした。
そして、1年間、ありがとうございました。

2011年04月18日

2010年度サポーター報告

野菜ソムリエ協会のホームページに、昨年度の
「栃木野菜サポーター」の活動報告が掲載されました。

位置情報アトリエの受講生の皆さまの写真も掲載して頂いています。
 > ぜひ、野菜ソムリエ協会のこちらのページをご覧下さい。
 >「JA全農とちぎ 2010年度『とちぎ野菜サポーター』活動報告

「JAかみつが」から送って頂いた一番刈りのニラの
香りや手触りを楽しませて頂いた、思い出深いレッスン風景でした。
下の写真は、上記、HP掲載写真とは違うバージョンです。
アトリエはいつも笑いにあふれています。
2011.1.19 アトリエA01ブログ-2.jpg

昨年春に始まり夏・秋・冬、1年を通じて活動をしてきましたが、
早いもので、また春がやってきました。
今年は新たなサポーターが誕生するそうです。
そして引続き私たちも、栃木野菜の料理教室などを行う予定です。

取り巻く状況は変わりましたが、昨年同様、変わらずに応援を続けて
いきたいと思っています。 がんばれ「とちぎ」!

2011年04月15日

とちぎ復興応援チャリティ・・

今日は、野菜ソムリエ協会主催
とちぎ復興応援チャリティーセミナー」のご案内です。

位置情報栃木県は、首都圏を支える野菜の大産地です。
野菜ソムリエ協会によりますと、
その栃木県は、東日本大震災では最大震度6を観測し、
特に施設栽培が中心のトマト農家などは甚大な被害を受けたそうです。
また、栃木県は原発のある福島県に隣接しており、2010/4/13時点で
暫定規制値を超える放射性物質が検出されたほうれん草などは出荷停止
指示が出されています。検査により解除されるものも有る一方で、
生産側で廃作を決定されるものもあったり、また、
風評被害にも悩まされています。 

位置情報写真は、昨年私が視察させて頂いた、JAとちぎのトマト栽培施設です。
ブログトマト農家03.jpg

=====================
とちぎ復興応援チャリティーセミナー

□日時: 2011年5月10日(火) 10:00〜12:00
□場所: 築地市場内 東京シティ青果フルーツ棟 2階会議室
□内容: 【第1部】 築地市場内 青果物エリア見学ツアー 
      【第2部】 とちぎ復興応援セミナー 
□定員: 30名
□参加費: 3000円
ジュニア野菜ソムリエ講座の受講生、修了生以上の方がご参加可能です。
※ご要望により、一般の方の受付けを開始いたしました('11/4/25)
 >詳細は、こちらをご覧下さい。
=====================

位置情報セミナーでは、栃木県からJAとちぎの方を講師にお招きし、
栃木の農業を見つめ直し、被災された生産地が現在どういう状況か、
野菜の流通にどのような変化が起きたかなどを伺います。

私も、このセミナーで講師としてお話をさせて頂きます。
昨年度1年間「とちぎ野菜サポーター」として活動をさせて頂きましたが、
そのサポーター活動について、また栃木へ対する思いなどをお話させ頂きます。
厳しい現状に立ち向かう生産者の皆さんをサポートするにはどうしたら
良いのか、参加者の皆さまとと共に考えていけたらと思っています。

ワークショップの参加費は、被災地を応援するための義援金として
全額寄付されるそうです。私もボランティアで講師をさせて頂きます。 
多くの方がご参加くださいますことを願っております。

2011年03月21日

JA小山)イチゴ産地レポ 6

「JAおやま」のイチゴ産地レポート、最終回です。
今日は、イチゴ流通のお話と、生産者さんの声をご紹介します。

位置情報イチゴの規格は、色や形など総合評価で10階級あります。
そのほか、傷みが無いか、色づき具合なども検査されます。
生産現場でパック詰めされるイチゴは、小さくて、光センサーによる糖度判定が
難しく、糖度は階級基準に入っていないそうです。
このように現場では階級分けされ値段も違いますが、売り場ではひとくくりに
「イチゴ」(産地・品種は明記)として並べられて売られています。
生産地と売り場のギャップ、それが残念、というお話でした。

位置情報これは、「JAおやま」の集荷場で出会った「イチゴ・トラック」です。
この大きなトラック、 丸ごと イチゴを積んでいます。
甘い香りが辺り一面にあふれていました。
イチゴ01ブログ P1150994.jpg

こちらは緑のプラスチックコンテナ。
イチゴ12ブログ P1150962.jpg

風通しが良く再利用でき、耳の部分でイチゴパックを引っ掛けるので、
傷まないという利点があります。
イチゴ02ブログ P1150995.jpg

こちらは、4箱入りの段ボール。 
先日掲載しました、生産者さんから送って頂いたイチゴの写真です。
2011.2.7 イチゴブログ P1160183.jpg

位置情報産地の願いは、「イチゴの消費量を伸ばしたい!」ということ。
「とにかく、もっと食べてほしい!」と仰っていました。
どうしたら消費を伸ばせるか、皆で考えてみました。
「現状の300gパックで良いのかな?」と生産者さん。
イチゴはどうしても高い果物イメージがあります。「量を半分にして、
もう少し買いやすくするのも1つの手段では?」と思いました。 
バナナもコンビニで1〜2個で売られていると買いやすい気がします。
「食べきりサイズで売ったら?」など、意見がさかんに出ました。

ひらめきQ.ところで、イチゴ・パックの中ではイチゴが2段になっていますよね。下の方が小さいと思われたことはありませんか? 実際そんなクレームもあるとか。
A.実は、本当に、下段に小さいものが入っています。
その理由は、下が小さいほうが、2段入れる時に平らになり安定するから。
そして、小さくても、イチゴの味は、変わらないのだそうです。
イチゴの値段は小さいものより大きいものの方が高い傾向がありますが、
大きさによる味の違いはない、とお聞きしました。 一番高いのはL〜2L。 
イチゴは3Lまであるので、実際には、下に置かれているイチゴの方が
小さいけれど値段は高い、ということもあるのだそうです。

生産地と消費者で認識のギャップがあることを嘆かれていました。
そういうことも知った上で、買って、美味しく頂きたいものですね。

しばらく続きましたが、栃木野菜サポーターとしての今年度最後の
産地レポートをひとまず終了します。 
栃木ではたくさんの産地の方にお世話になり、本当に感謝しています。
また、産地を知ることの大切さを心から感じました。

東北・北関東では、生産地もたくさんの被害を受け、また多くの方が
被災されました。 生産地の復興を心よりお祈りします。


 当ブログに掲載されている文章やレシピ、画像などの無断転載、転用を禁止します。
      Copyright(c) Tsurusaki Hiromi All Rights Reserved.


最近の記事
(09/14)【飾り巻き教室レポ】9月A〜十五夜〜♪
(09/13)【飾り巻き教室レポ】8月D・9月@〜初めてレッスン〜♪
(09/11)【グルメ】17周年特別コース@神楽坂アルベラータ
(09/04)【飾り巻き教室レポ】8月C〜夏休み親子教室〜♪
(09/03)【ご案内】2017年9月飾り巻き寿司 & 料理教室
(08/29)【飾り巻き教室レポ】8月B〜リクエスト体験
(08/27)【料理教室レポ】2017.7月 東南アジアフェスティバル〜♪ &「ビオレU キッチンハンドジェルソープ」体験レポ〜♪
(08/25)【料理教室レポ】2017.6月 初夏のきゅうり尽くし献立〜♪
(08/21)【ご案内】2017年8月飾り巻き寿司  
(08/20)【飾り巻き教室レポ】8月A〜くまとビール
(08/20)【飾り巻き教室レポ】8月@〜パンダとひまわり
(08/04)【お知らせ】読売新聞栃木版に掲載♪
(07/19)【イベントレポ】「タカラ料理のための清酒」セミナー@「ラボンヌターブル」
(07/09)【飾り巻き教室レポ】6月末〜7月初は、季節&3級認定
(06/28)【料理教室レポ】2017.5〜6月[その2]、和モダンな元気ごはん〜♪
(06/27)2016年料理教室レポ、まとめ
(06/26)【ご案内】2017年7月料理教室 & 飾り巻き寿司 ご案内
(06/17)【飾り巻き教室レポ】6月カエルとJSIA3級と・・
(06/14)【レシピ開発】「ベジシャス」71号は、キャベツ特集♪
(06/06)【飾り巻き教室レポ】5月末〜6月初は、認定3級&季節&JSIAアシ