2012年06月15日

「栃木野菜サポーター」始動

今年も「栃木野菜サポーター」としての活動が始まりました。
活動自体は、今年で3年目に入りますが、
私は、一昨年「第一期」のサポーターです。
2010年度は、産地訪問や生産者さんとの交流、料理教室などを行い、
昨年からは主に料理教室という場で、栃木野菜の魅力をお伝えし、
栃木の農業を応援しています。
今年も一年間活動していきますので、どうぞよろしくお願いします猫

位置情報第一弾として、6月の料理教室では、
桃太郎トマト」を使わせていただくことになりました。
到着した第一便ですぴかぴか(新しい)
トマト P1260081.jpg

ひらめき「桃太郎」は、日本を代表するトマトです。
そして栃木トマトの8割を占める主力品種。
箱を開けて、その真っ赤な色やずっしりとした重さにあらためて感激!
早速食べてみると、みずみずしくて、味が濃くて、美味しい〜ハートたち(複数ハート)
どんなお料理でご紹介しようか、ワクワクします。

レストラン過去の、お料理です。
2010.6.3 2010.6.3

2010.6.3 2010.6.3 

料理教室では、今後、栃木の主要5野菜をお送りいただく予定です。
「トマト」の他、「ナス」「長ネギ」「ニラ」「きゅうり」です。

「栃木野菜サポーター」としての活動につきましては、
こちらをご覧下さい。詳しく掲載しています。

栃木の恵みをお楽しみいただけますようにるんるん

2012年02月15日

一番刈りニラ、第2段!

宮崎視察レポートが途中ですが、実は今「ニラ」と格闘中です!
先々週に引続き、JAとちぎ様より、ニラをお届け頂きました。
今日から「ニラ尽くし」の料理教室第2弾です。

一番刈り」という、ニラの中でも最も美味しい貴重なニラを
お送り頂いておりますので、その美味しさを味わって頂きたいと
気合が入っていますかわいい

ニラP1240037.jpg

ひらめき美味しい料理を考案するのはもとより、美味しさを保つための
お世話も肝心!
ニラは0度を下回ると凍ってとけてしまうため、寒すぎてもNG。
冷蔵庫代わりにと戸外に置くのは、氷点下になる時期は危険なのですあせあせ(飛び散る汗)
かといって、この量は冷蔵庫の野菜室には収まらないしふらふら
ひらめいたのは、発泡スチロールに入れて外に出しておく方法。
栃木の「白美人ねぎ」の箱が役立ちました!
もの持ちがよくて、助かった〜わーい(嬉しい顔)
前回もこの作戦が功を奏し、最後まで美味しく頂けました。
ニラの保存に悩まれた方は、ぜひお試しを!


ニラ02 P1240076.jpg

ひらめき「一番刈りのニラ」とは、ニラの収穫が始まって
一番最初に刈りとられる「ニラ」のこと。
収穫期は1月から11月、年に6〜7回収穫されますが、
生産者さん曰く「ニラの中で、最も美味しい!」

といっても、他の時期のニラが美味しくないわけではなく、
ニラの大産地「栃木」では、ニラは1年中美味しい中で、
最も美味しいのはいつか?というと「今!」と言うわけです。
ちなみに、ある方は「2番刈り」が一番と仰っていましたあせあせ(飛び散る汗)

家今回の料理教室では、クラスにより、少し料理が違います。
「ニラ尽くし」2年目のクラスでは、洋風のニラ料理を考案しました。
今年がはじめて「栃木ニラ」を体験されるクラスでは、
まずはこの料理!と決めているお料理をお教えします。

というわけで、たくさんの「ニラ料理」を試作し・・試食し・・
お教えしている毎日。1月末からずっとニラ漬けの日々。 
この冬の元気の源かもしれませんっわーい(嬉しい顔)

教室レポは全て終わってからですので、もう少し後になります。

美味しいニラで、最後の寒波、撃退といきますようにるんるん

2012年02月02日

「一番刈りのニラ」参上!

「JAとちぎ」管内「JAかみつが」さんから、栃木のニラが届きました。

ニラ P1230553.jpg

ひらめきニラの栽培は、生産地の栃木では、2年で1サイクルです。
3月に種まきが始まって、苗作りや、株を大きくする作業などを経て
最初のニラが収穫されるのが、1月下旬から2月上旬です。
その後、11月頃まで大体、年に6〜7回収穫されるので、
まるで一年中ある野菜のようですが、実は一番美味しい季節は、
この「一番刈りのニラ」が収穫される1〜2月なのです。
 >ニラの栽培に関しては、昨年の視察ページ をご覧下さい。


その「一番刈りのニラ」をお送りいただきました。
根っこの方の茎の太さ、葉の厚さ、緑色の濃さ、
本当に美味しそうです。
早速おひたしで食べてみると、とっても甘くて風味があります。
皆さまに食べていただくのが楽しみです。

位置情報2月の料理教室は、第1週と第3週です。
今年は、ニラの洋風にもチャレンジ!
「マイナー野菜」のニラを「主役」にしますわーい(嬉しい顔)
詳細レポートは、全てのレッスンが終わってからになりますので、
ご興味のある方はお楽しみに♪

ニラの美味を味わっていただけますようにるんるん

2012年01月23日

【レポ】「白美人ねぎ」A

昨日に引続き、12月料理教室のレポートです。
 >第一弾は、こちら です。
今日は、料理やレッスン風景について掲載します。

白美人01 P1230052.jpg

menu1. 「『白美人ねぎ』の食べ比べ・ピンチョス
『白美人ねぎ』を、そのままで、たまり漬けで、また魚介と合わせて、
「生」で味わっていただきました。
「ねぎ」は「ねぎ」。「生」は「生」。そのままではやっぱり辛〜いわーい(嬉しい顔)
でも、ちょっと手を加えだけで、辛みが緩和されて甘さが際立ちます。
さすが糖度20度近くを記録する長ねぎ。 甘〜いかわいい

menu2. 「『白美人ねぎ』の青々サラダ」は、昨年からのバージョンアップ。
白美人の青い部分だけを使った、絶品サラダ(自画自賛ですあせあせ(飛び散る汗))です。
今回は、三浦の高梨農場さんの紅芯大根や青長大根と組み合わせました。

menu3. 「つる流 鴨ねぎ鍋」は、我が家の定番鍋を伝授。
鴨とねぎはベストマッチ〜ぴかぴか(新しい)
私の「鴨ねぎ鍋」は、白ねぎをダブル使い〜「生」と「焼き」を入れます。
鴨は、モモ肉とムネ肉を食べ比べして頂きました。
白美人03 P1230055.jpg

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

位置情報レッスン風景です。
ごぼうの「ささがき」大会?
「ささがき」って、結構、無の境地になれる鴨!
皆さま、とってもお上手でした♪
白美人05 P1230074.jpg

犬今回は「男の料理教室」からお一人、特別参加されました。
お仕事柄、お醤油の計量も実験モード、目の高さで!
白美人07 P1230079.jpg
     (ご本人のご了解を得て掲載させて頂いています)

レストラン都合で、2クラス合同開催となった試食のテーブルは、
鍋2つを配置し、ところ狭しと料理や具材が並び、
さながら忘年会のように盛り上がりましたかわいい
白美人08 P1230085.jpg

1年半ぶりの「白美人ねぎ」尽くしのイベントでした。
甘くて柔らかくて美味しい、捨てるところのない、とびきりのねぎ「白美人」
またまたファンが増えたようです。

猫栃木は関東の台所です。
昨年は大地震などによる被害がたくさんありましたが、
自ら被災をしながらも、隣接する県として被災地を支え、
また栃木農業の復興をめざし、頑張ってこられました。
私たちサポーターができることは、そんなに多くはありませんが、
引続き、栃木の農業を応援したいと思っています。

東京は、いきなりの雪景色、しばらく続くそうです。
とびきり美味しい「ねぎ」で温まっていただけますようにるんるん

========
昨年の「白美人ねぎ」イベントにつきましては、
【レポ】白美人ねぎを食べつくそう@
【レポ】料理イベント〜「白美人ネギを食べつくそう」A
「とちぎ野菜サポーター」につきましては、こちらをご覧下さい。

2011年12月13日

「白美人」が届きました

久々に「とちぎ野菜サポーター」としての話題です。
今年は、ブログで触れる機会が少ないのですが、昨年に引続き、
とちぎ野菜サポーター」として活動させて頂いています。
名刺も頂いています! >詳しくは、こちら
 >「とちぎ野菜サポーター」としての活動につきましては、こちらをご覧下さい。
今年の活動の中心は、料理教室です。
栃木が誇る野菜たちを、美味しく味わうお料理をご紹介しています。

位置情報12月は、「JAなすの」さまより、「白美人ねぎ」をご提供頂きました。
糖度20度を記録したこともあるという、生で食べても美味しいネギですぴかぴか(新しい)
白美人02P1230005.jpg

昨年の料理教室では、「白美人ねぎ」を使ったデモンストレーション形式の
イベントを行い、受講生の皆さまに、いろいろな調理法で味わって頂きました。
今年は、「白美人ねぎ」を使ったお料理を実技形式でお作り頂きます。

家明日から始まる「12月の料理教室」に向け、
先ほど、「白美人ねぎ」が到着しました。
相変わらずの、80cm、八頭身の美人ネギ。新鮮&美味しそうかわいい
白美人01P1230009.jpg

レストラン今回のメイン料理は、「鴨ネギ鍋」です。
「鴨ネギ鍋」は、毎年、年越しに我が家で作る、定番料理。
我が家流の美味しい工夫が満載です。
「白美人ねぎ」で作ったら、更にどれほど美味しくなることでしょうわーい(嬉しい顔)

そして・・、生で、鍋で、「白美人ねぎ」の美味しさを味わって頂く、
受講生の方々の反応も楽しみです猫
なかなか白ネギを生でもたくさん食べる機会はないと思いますので、
ビタミンCたっぷりで風邪予防にもぴったりの、手軽に味わえる
「白美人ねぎ」の魅力をお伝えしたいと思っています。

美味しくできますようにるんるん


 当ブログに掲載されている文章やレシピ、画像などの無断転載、転用を禁止します。
      Copyright(c) Tsurusaki Hiromi All Rights Reserved.


最近の記事
(10/16)巻き巻き・武者修行♪
(10/05)【飾り巻き教室レポ】9月B〜中秋の名月と基本レッスン♪
(09/30)【ご案内】2017年10月の「飾り巻き寿司」は、ハロウイン、他
(09/28)【料理教室レポ】2017.8月 夏野菜でスパイシーな食卓♪
(09/14)【飾り巻き教室レポ】9月A〜十五夜〜♪
(09/13)【飾り巻き教室レポ】8月D・9月@〜初めてレッスン〜♪
(09/11)【グルメ】17周年特別コース@神楽坂アルベラータ
(09/04)【飾り巻き教室レポ】8月C〜夏休み親子教室〜♪
(09/03)【ご案内】2017年9月飾り巻き寿司 & 料理教室
(08/29)【飾り巻き教室レポ】8月B〜リクエスト体験
(08/27)【料理教室レポ】2017.7月 東南アジアフェスティバル〜♪ &「ビオレU キッチンハンドジェルソープ」体験レポ〜♪
(08/25)【料理教室レポ】2017.6月 初夏のきゅうり尽くし献立〜♪
(08/21)【ご案内】2017年8月飾り巻き寿司  
(08/20)【飾り巻き教室レポ】8月A〜くまとビール
(08/20)【飾り巻き教室レポ】8月@〜パンダとひまわり
(08/04)【お知らせ】読売新聞栃木版に掲載♪
(07/19)【イベントレポ】「タカラ料理のための清酒」セミナー@「ラボンヌターブル」
(07/09)【飾り巻き教室レポ】6月末〜7月初は、季節&3級認定
(06/28)【料理教室レポ】2017.5〜6月[その2]、和モダンな元気ごはん〜♪
(06/27)2016年料理教室レポ、まとめ