2015年02月09日

みやざき交流会♪

一昨日「みやざき大使&応援隊」の交流会へ参加させて頂きました。
P1390201 (380x285).jpg

場所は、川崎市の「かなわがサイエンスパーク内」ホテルKSP、
川崎市との連携協定記念「『都市の森林』フォーラム」も同時開催でした。
P1390196 (380x284).jpg P1390197 (380x285).jpg

位置情報まずは、宮崎県の河野知事より「宮崎の旬な取組み」についてのセミナー。
交流会では、「みやざき犬」が登場し、宮崎県産料理も振る舞われました。
   P1390202 (285x380).jpg     P1390205 (285x380).jpg
     【河野・宮崎県知事】         【福田・川崎市長】

位置情報河野知事のお話の概要です。
◇ まずはスポーツ宮崎のお話。
なんといっても今宮崎は、スポーツのキャンプ=真っ盛りです。
今年は、プロ野球今季優勝の「ソフトバンク」をはじめ9チーム野球
Jリーグは3冠の「がんば大阪」、箱根駅伝制覇した「青山大学陸上部」など、
宮崎キャンプは「勝ち運」をもたらします!とのことわーい(嬉しい顔)


◇ 陸海空面でも多くの飛躍有り!
宮崎⇔福岡間の高速道路はこの春、ほぼ全面開通(残り7km)車(セダン)
宮崎空港では、春に香港直行便が就航し、国際便は3つになるそう飛行機
また16万t級の大型クルーズ船が停泊できる港も整備中で、
国際化へ向け、宮崎新時代の到来だそうです船

◇ また、来るオリンピックや次期国体に向けても夢が膨らみますが、
キャンプの誘致、県産木材利用施設、開会式イベント提案、など
おもてなしプロジェクトなどとして、
各分野でさまざまな取組みが準備されているようです。
〜ゴルフやトライアスロンのナショナルチーム、
ラグビー日本代表チームの合宿は宮崎です♪ 〜


◇ 農業関連のお話としては、
現在の宮崎の農業産出額は3000億円で全国7位ですが、
生産農業所得の県別順位はそれ以下だそうです。
その理由は、県内で生産しても、県外で加工しているものが多い、
逆にまだ宮崎には「伸びしろ」が有るということなんです!とのことグッド(上向き矢印)

◇ さて、「みやざきブランド」について。
今年の金柑解禁日は1月15日でした。
糖度16度以上のたまたま、18度以上のエクセレントが有名ですが、
今年はシャンパンと合わせた「たまシャン」という飲み方を紹介したり、
現在、宮崎空港では宮崎産ミニトマトと合わせた
とまたま」というパッケージ販売の試みがあるそうです。
また、昨年デビューした宮崎産キャビア、は着々と生産量を伸ばしていますハートたち(複数ハート)


◇ 宮崎は花の県としても有名ですが、
特に「スイートピー」は、宮崎県で生み出された珍しい複色の
式部、紅式部、恋式部が「式部三姉妹」として出荷されるそうです。
◇ 花つながりで、、公募されていた宮崎空港の名称は
みやざきブーゲンビリア空港」と決まったそう。
今後、ブーゲンビリアの生産にも力を入れていくそうですかわいい
 ・・など書ききれませんが、為になる楽しいお話をたくさん伺いました。

位置情報交流会の模様です。
P1390191 (380x285).jpg P1390212 (380x285).jpg

宮崎牛のローストビーフなど、宮崎産品を使った料理が振る舞われました。
P1390195 (380x285).jpg P1390207 (380x285).jpg 

P1390208 (380x284).jpg P1390211 (380x284).jpg  

犬ゆるキャラダンスコンテストで二連覇を飾った「みやざき犬」のダンス♪
P1390218 (380x285).jpg

猫当日は宮崎市と川崎市に関わる方がたくさん来られ、
私も多くの方々と交流をさせて頂きました。
また、みやざき犬に癒され、美味しい宮崎の食に元気を頂きました。
どうもありがとうございましたハートたち(複数ハート)

郷里・宮崎が益々素敵に発展していきますようにるんるん
posted by つる at 14:39| Comment(0) | 【コラム】郷里・宮崎の話

2014年04月03日

堀ノ内さん送別会@神楽坂「もん」

桜の頃は、出会いと別れの季節ですね。
お世話になった、宮崎県東京事務所の堀ノ内さんが、
宮崎県庁に帰任されることになり、先週、送別会を行いました。

本来なら、アトリエで、私の手料理で送別したかったのですが、
あいにくの指のけがのため断念しあせあせ(飛び散る汗)
神楽坂の和食や「もん」で食事会を行いました。
アトリエの生徒さんたちもご参加くださいましたかわいい
P1350176 (640x480)島村さん目隠し.jpg

犬堀ノ内さんとは、「宮崎ブランドGメン」として3年間一緒に活動し、
また、一昨年の銀座kanseiでの「宮崎アカデミックレストラン」では
坂田シェフと共に行った宮崎取材をご案内頂き、
イベントの企画・運営・司会もご一緒させて頂きました。
また、昨年帰任された宮崎県庁の日高さんとコンビで、
アトリエの「宮崎食材イベント」などにも何度かお越し頂き、
生徒の皆さんとも交流して下さいました。
大変ありがとうございましたハートたち(複数ハート)


レストラン「もん」は、神楽坂の中でも結構気に入っているお店です。
この日も真心のこもったお料理を作って下さいました。
送別会メニューです。
P1350164 (480x640).jpg

レストランまずは「前菜盛り合わせ」、竹の籠には
・ホタルイカと菜の花のぬた
・タケノコの土佐煮
・白バイ貝のうま煮
・目光のから揚げ
・日向地鶏の幽庵焼き
・鰆の照り焼き

などが盛り付けられていました。

レストランお刺身盛り合わせ」は、生ぶどう海老、金目鯛、活〆ほうぼう、
桜鯛の湯霜づくり、さわら焼霜造り、まぐろ
 でした。
P1350166 (480x640).jpg

レストランこのほか、生徒さんたちに選んでいただいたメニューは、
「おこぜの黒七味揚げ」「出汁巻き卵」「穴子とチーズの湯葉巻き揚げ」
など、〆は、「信州直送 生そば」を頂きました。

ひらめきもん」は、神楽坂の地蔵坂にあります。
毎朝漁港直送の魚や旬の野菜を中心とした素材で作る
お料理が美味しいお店です。
利き酒師のシェフさんこだわりの、日本酒や焼酎など
100種以上の美酒も楽しめます。
昭和の家屋を改築し、江戸時代の寺小屋の梁を移築して作られた
木のぬくもりを感じる、居心地の良いお店。
30名入る3階の掘りごたつ席では、寄席も行われるそう。
ホームページは、こちらです。

P1350162 (640x480) 島村さん目隠し.jpg

お料理もお酒も美味しく、話が弾みました。
これでお別れかと思うととても寂しいですが、
単身赴任が解けて、これからは宮崎でご家族と一緒に
お過ごしになれるのは何よりですねわーい(嬉しい顔)

今後、宮崎県の営農支援課で取りまとめをされるそうですので、
宮崎帰省の折に、ぜひお話を伺わせて頂きたいと思っています。
これからのご活躍を心からお祈りしています猫

宮崎を益々盛り上げて頂けますようにるんるん
posted by つる at 11:07| Comment(0) | 【コラム】郷里・宮崎の話

2014年03月20日

H25宮ブラGメン検討会

先日、宮崎県東京事務所で、
「H25年度みやざきブランドGメン」の検討会がありました。
P1340996 (380x284).jpg

位置情報まずは宮崎県の方から、活動実績についてご説明があり、
その後、Gメンから、個々の活動と感想などを報告しました。

次年度の取組みについてのお話では、
昨年秋に発表された、日本産初の本格熟成「キャビア」や、
完熟きんかん」用の育成品種についてご紹介があり、
「完熟きんかん」を試食させて頂きましたハートたち(複数ハート)

位置情報こちらは、「夢丸(ゆめまる)」 なんと、種無しきんかんですぴかぴか(新しい)
P1340991 (380x285).jpg

ひらめき「完熟金柑」の生食は大好きでよく食べますが、
小さい体の割に大きな種がゴロゴロっと入っているのが気になります。
そういう声が多く、種のない品種を育種されているそうです。
「種無し完熟きんかんたまたま」に出会えるのももうすぐかもハートたち(複数ハート)


位置情報こちらは「王丸(おうまる)」、大きい果実が育つ金柑です。
左の通常サイズの金柑(夢丸)と比べると、大きいのが分かりますね。
こちらには種があります。
P1340993 (380x219).jpg

ひらめき完熟きんかん「たまたま」とは、
ハウス栽培で、開花日から210日以上樹上で完熟させた、
食味・外観が優れているもので、ブランド認証されています。
糖度が16度以上、直径2.8p以上のものが『たまたま』、
糖度が18度以上、直径3.3p以上のものが『たまたまエクセレント』です。

通常の「完熟きんかん」は「にんぽう」という品種で、
その中から優れた金柑を選別するわけですが、
王丸」は、大きい金柑が育つ品種なので、
たまたま」や「たまたまエクセレント」が、
通常の品種よりできやすいという訳ですね。 
頼もし〜いハートたち(複数ハート)

位置情報都道府県会館15階から見た夕暮れの風景です。
晴れた日なら富士山が見えるとか!
この素敵な階は、クジ引きだそうですわーい(嬉しい顔)
P1340998 (380x285).jpg

気候の良い宮崎は、春休みのご旅行にピッタリです。
素敵な宮崎で、美味しい食を味わって頂けますようにるんるん
posted by つる at 20:38| Comment(0) | 【コラム】郷里・宮崎の話

2013年11月06日

日本一の里芋LOVE@宮崎

秋冷の候、、久々のブログですあせあせ(飛び散る汗)
10月最終週は、料理教室や料理取材などの仕事に人間ドックまであって、
相変わらずバタバタダッシュ(走り出すさま) と過ごしているうちに、気がつけば
11月に入っていましたあせあせ(飛び散る汗)

家仕事の1つは、郷里「宮崎」の土物野菜の消費拡大に向けた検討会でした。
アトリエにいらして下さったのは、宮崎県からのお客様で、
北諸県、西諸県の農業改良普及センターの職員の方々です。

ひらめき実は!宮崎は、「里芋」の生産量・日本一なんですぴかぴか(新しい)
「里芋」は宮崎県の畑作営農を担う重要な品目です。
が、昨年、その「里芋」の販売価格が大きく低迷してしまったそうです。
その原因を探る為、宮崎県から職員の方が派遣され、
日本の代表的な「里芋」産地である福井や千葉などを訪れて
取材を行ったり、検討会や意見交換会を行って来られました。
その一環として、アトリエにも立ち寄られたのですかわいい
P1330712 (380x285).jpg
(左)北諸県農林振興局の境田主査と、(右)西諸県農林振興局の杉下主査
掲載にはご了解を頂いています。


位置情報検討会では、里芋など土物野菜の消費動向や流通形態、
利用価値などに関する意見交換が行われました。
生産現場で技術指導にあたる職員の方が、
消費者ニーズを知り、需要動向に応じた指導を行うことは、
農家の方の経営安定のためにも重要だからです。

職員の方から生産現場での問題点や、他産地を訪問されたご感想を伺い、
私は、日ごろから宮崎ブランドGメンとして市場調査をしたり、
野菜ソムリエの講義や料理教室を行う上で感じている、
消費者ニーズや、流通・調理など利用に関する問題点をお伝えしました。
そして、里芋の消費を伸ばすためのアイデアに知恵を絞りました。

喫茶店用意した宮崎産や福井県上庄の里芋、宮崎産と青森産のごぼうを前に、
持ってきていただいた里芋製品をみなさんで試食。
P1330711 (380x266).jpg

里芋を愛する職員の方々の熱い想いに感激しながら、
話は大いに盛り上がり、打合せは大幅に時間オーバーしました。
そして、職員の方は、
「料理法や加工に関するアイデアも大切だけど、
 まずはもっと美味しい里芋を作るために尽力したい!」
と、決意を胸に宮崎へ帰って行かれましたわーい(嬉しい顔)

名実ともに日本一の里芋産地をめざし、頑張ってくださいねハートたち(複数ハート)

私もお手伝いできるその日を心待ちにしながら、
   今自分にできることを実践していきたいと思います猫

宮崎の里芋を召し上がって頂けますようにるんるん
posted by つる at 18:31| Comment(2) | 【コラム】郷里・宮崎の話

2013年06月26日

宮ブラGメン、3期目♪

今年度も「宮崎ブランドGメン」に任命されました。
3期目突入ですわーい(嬉しい顔)

ひらめき宮崎ブランドGメン」とは、
みやざきブランド品目宮崎県産品食品表示の適正化を目的とし、
生活圏にあるスーパーなどを定期的な巡回調査や購買活動を通じて、
表示方法について調査を行い、監視・報告をするチームです。
私は消費者代表の1人として、選んで頂きました。
P1320047.JPG

他に、オーガニック検査員で、宮崎県の農政審議委員もされている、
頼もしい 水野葉子さんなど、宮崎にゆかりのある方々がご一緒ですハートたち(複数ハート)
Gメン01P1320053.jpg

ひらめき「みやざきブランド」は、過去2年間に4つ増え、38品目になりました。
代表的な品目としては、今が旬の「完熟マンゴー『太陽のタマゴ』」や
完熟きんかん『たまたま』」、「日向夏」などの果物、
みやざき黒皮かぼちゃ」「みやざき新たまねぎ」などの野菜、
そして「宮崎牛」「みやざき地頭鶏」などの畜産物などです。

かわいい新しく認定された4品目とは、
「みやざき中型カラーピーマン」「みやざきぶどうハニービーナス」
「みやざき釜煎り茶『釜王』」、「みやざき冷凍ほうれんそう」
です。

それぞれの特長につきましては、長くなりますので
また追々、このブログでご紹介させて頂きたいと思います犬

位置情報今年9月から販売予定の「冷凍マンゴー」を試食。(期間限定)
なんと、完熟マンゴーの冷凍です。1袋=1,000円也 ⇒貴重〜ぴかぴか(新しい)
P1320049.JPG

メンバーほとんどが3年目となり、和気あいあいの中にも
大変白熱した意見交換が行われました。

今年はこれまで同様、調査や報告に力を入れるとともに、
より一層、宮崎産品のご紹介やPRなど
私なりの応援活動をしていきたいと思っています猫
         
多くの皆さまに、宮崎の逸品を知って頂けますようにるんるん
posted by つる at 21:44| Comment(0) | 【コラム】郷里・宮崎の話

2012年10月12日

今年も「宮ブラGメン」です

ご報告が遅くなりましたが、今年も昨年に引続き、
平成24年度「みやざきブランドGメン」に就任しております。

ひらめきみやざきブランドGメン」の役割は、
市場(しじょう)における、宮崎県県産品の
食品表示の適正化を推進するお手伝いをすることです。
近年、消費者の食の安全安心に対する関心が高まっていることや、
宮崎県産の農畜産物などが注目を浴びていることを受け、
宮崎県外の主要都市に、平成20年度より設置されました。
JA宮崎経済連や県と消費者代表から構成されますが、
私はその一人として、昨年に引続き今年度も選出して頂きました。
「みやざきブランドGメン」に任命されると、まずは
「JAS法」や、「宮崎の農産品」についての勉強を行います。
そして、1年を通じ、近隣のスーパーなどを観察し、
宮崎産品の適正な食品表示が行われているか見守ります。
昨年の記事はこちらです。


7月に行われた「みやざきブランドGメン」委嘱式の模様、
委嘱状を頂きました。霞ヶ関の高層階、眺めは最高♪
Gメン01 P1260551.jpg

猫私は日頃の買い物のついでに、隣接するスーパーを
ぐるっとはしごし、宮崎産品を見てまわっています。
料理の仕事が主ですので、買い物の機会は非常に多く、
また野菜ソムリエになって以来、常に旬を意識し、
食品の鮮度や品質、産地表示を気にしていますので、
そういう意味では、私に向いている役割かもしれません。

宮崎産品の産地偽装があれば報告しますが、滅多にありません。
逆に遭遇したくないものでもあります。
実際に表示が違っていたとしても、故意ではなく、
正しい表示の仕方を知らなかったがゆえのミスが多いそう。
ひらめきちなみに、鰻は加工品ですが、「賞味期限」ではなく、
「消費期限」表示が正解かわいい


犬そんな中、日々観察していて一番嬉しいのは、
宮崎自慢の産品を見つけた時です。
例えば、こんなコラボぴかぴか(新しい)
DCF00026(2012719キッチンコート)-3.jpg

太陽の卵」は、なんと7000円!貫禄〜!
こちらの「完熟パパイヤ」は、以前訪問させて頂いた
JA「宮崎中央」の「パパイヤ部会長」田代さんのお名前入り。
宮崎から遠く離れた場所で再会できて感激♪
>関連記事はこちら。 >宮崎産地視察H〜柑橘
>宮崎産地視察C〜パパイヤ

一方、宮崎牛や宮崎産「鰻」を見かけると表示に慎重になります。
今年8月には「宮崎産の新米コシヒカリ」を見かけ、
日本一早い時期の新米に、テンションUP!
最近は、志布志湾の「いっちゃがブリ」にも注目中です。

端境期を終えた宮崎では、ごぼうや里芋などの根菜に加え、
美味しい魚も増えてきて、うれしい限り。
遠く離れているので、宮崎産品に出会うのは何より嬉しいひとときハートたち(複数ハート)
皆さまもぜひ美味しい宮崎食材を見つけて味わってくださいね!

正しい表示で安心な買い物ができますようにるんるん
posted by つる at 19:04| Comment(0) | 【コラム】郷里・宮崎の話

2012年05月26日

遭遇!完熟小マンゴー

先月、宮崎へ出かけた時のこと、「小マンゴー」を見つけました。
「びわ」位の大きさです。小さいのに立派な「完熟マンゴー」です。
「きゃ〜、可愛い!食べた〜い!!」と叫ぶと、
妹曰く、よく売られているのだとか。
「こんなに小さくても甘くて美味しいよ〜!」と言うので、
もちろん即購入。
まだ出始めでしたので、5〜6個入り1800ほど、高いのか安いのか、
わかりませんが、宮崎でなければ出会えない「小マンゴー
こんな貴重なマンゴーを味わうのにちゅうちょはありません。
普通の「完熟マンゴー」も購入し、みんなでたくさん味わいました。
美味しかった〜ぴかぴか(新しい)
なぜか、6個全部の写真は撮りそこなってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)
マンゴー01 P1250440.jpg

ひらめき宮崎の「完熟マンゴー」といえば、宮崎ブランドでもある
太陽のたまご」が大変有名です。
樹上で熟し、自然落下したマンゴーだけをネットでキャッチしたもの、
太陽のたまご」と名乗るためには、他に、
・特に食味・外観の優れた果実であること、
・品位:「青秀」以上、階級:「2L」以上、糖度:「15度」以上など
たくさんの基準をクリアしたものである必要があります。
この「太陽のたまご」は本当に上品で美味しい、宮崎が誇る逸品なのです。

犬さてさて、冒頭の「小マンゴー」ですが、小さいのに「完熟マンゴー」
摘果マンゴーでは?と推測しますが、子供が食べるのにちょうどいいサイズ。
妹によると、地元ではよく熟れたものを手で剥いて丸かじりするのだそう。
他にも、地元の農家さんが作られたちょっと傷がついてしまったもの、
色・形が悪いものなど、通常より安く売られていました。
でも味はとっても美味しい宮崎の完熟マンゴーです。
地元ならではのひそかな楽しみといったところでしょうかかわいい

位置情報こちらは、この時期宮崎空港で、荷物の先導役をしてくれる
「空港マンゴー」わーい(嬉しい顔)
少し前までは、「日向夏」のお役目でした。
マンゴー02 P1250353.jpg

位置情報旬のこの時期、首都圏でも宮崎産の「完熟マンゴー」が出まわります。
デパ地下やスーパーのほか、「新宿みやざき館KONNE」などで。
「KONNE」では、6月2日(土)〜3日(日)に「マンゴーフェア」が開催されるそう。
試食もあるそうですので、お出かけになってみてはいかがでしょうか?
「新宿みやざき館KONNE」のホームページはこちら

日本一の美味マンゴーをぜひ味わっていただけますようにるんるん
posted by つる at 21:41| Comment(0) | 【コラム】郷里・宮崎の話

2012年02月28日

アカデミック無事終了

2月26日(日)、「GINZA kansei」で開催しました
「宮崎県とのスペシャルコラボ・アカデミック・レストラン」は、
大盛況のうちに無事終了いたしましたかわいい

宮崎AR03 P1240169.jpg

お越し頂いた皆さま、ありがとうございましたハートたち(複数ハート)

また、ご協力いただきました「宮崎県」ならびに「GINZA kansei」
さまへ、深く感謝申し上げます。

アンケートではほとんどの方が、今回のテーマやお話、お料理に対し
「大満足」と答えてくださいました。
コメントもたくさん頂戴しましたが、宮崎尽くしのお料理やお話を
ご堪能頂き、宮崎の魅力を改めて知って頂けたようです。

宮崎県の方々や野菜ソムリエ協会スタッフの方と共に、
昨年秋から大変長い時間をかけて準備をしてきましたので
幸せな気持ちでいっぱいです猫 

>レポートは、追って掲載させて頂きます。

これからも「宮崎」の魅力をお伝えできますようにるんるん
posted by つる at 22:08| Comment(0) | 【コラム】郷里・宮崎の話

2012年02月22日

宮崎産地視察H〜柑橘

2月26日の「宮崎コラボ・アカデミックレストラン」に先駆けた
宮崎の産地視察レポートもついに残り2つとなりました。
今日は、宮崎を代表する柑橘の1つ「日向夏」の産地視察レポです。
 >他のレポートへのリンクは、記事の末尾をご覧下さい。

JA宮崎中央」管内の生産者さんを訪問しました。
昨日ご紹介した「パパイア」の生産者でもある、
パパイア研究部会長の田代さんの施設です。 
田代さんは他に、マンゴーや日向夏も作っていらっしゃるとのこと。
(うらやまし〜! 美味しそう〜!!)

位置情報引き続き、「日向夏」の施設を見学させて頂きました。
日向夏01 P1230821.jpg

ひらめき「日向夏」は、全国区になってはいますし、東京にも流通しています。
他県産も「ニューサマーオレンジ」とか「小夏」など、他の名前で
流通している果物ですが、産地以外ではなかなか馴染みのない
果物の1つではないかという印象を持っています。
その理由はなんと言っても、皮のすぐ下の白い部分も食べる
かんきつ類だからではないでしょうか?

日向夏02 P1230825.jpg

温州みかんや夏みかんなどを思い浮かべると、
みかんの白い部分って、あまり食べませんよね? 
でもそこを大切に食べるのです。
それこそが「日向夏」で、宮崎では当たり前のことなんですが、
世の中の常識では珍しいことなのでしょう。

小さい頃から親しんできた味ですが、昔はもっと酸っぱくて、
砂糖をかけたりして食べたものですが、
今は、とっても甘くて風味が良く上品な印象です。


位置情報温室で、田代さんがその場で、近くの日向夏をもいで、
皮を剥いて食べさせてくださいました。
こうやって、外の皮はうす〜く・うす〜く・剥きます。
日向夏03 P1230827.jpg

この後、慣れた手つきで、実をそぎぎりにして下さり
試食させて頂いたのですが、その白い皮の甘かったこと! 
実の酸味とのコンビネーションがぜつみょ〜〜う!
こんなに美味しいの?!と改めて驚きましたかわいい

位置情報美しい奥さまにも参加して頂き、宮崎果物の食べ方を教えて
頂いたり、皆さまとご一緒に楽しいひとときとなりました。
ご夫妻と坂田シェフの3ショットです。
(隣にいる私は、都合によりカットさせて頂きましたあせあせ(飛び散る汗)
柑橘01 P1230829.jpg

宮崎の柑橘は、まさしく今が「旬」!
近くのスーパーなどを観察していると、最近、宮崎の
「完熟きんかん」や「日向夏」を目にすることが多くなりました。

個性的な宮崎柑橘です。出会われた際は、ぜひ、
とびきりの「旬」をご賞味いただけますようにるんるん

==============
 >2月26日の「宮崎コラボ・アカデミックレストラン」は、 
おかげ様で予約が満席となりました。
 >「宮崎コラボ・アカデミックレストラン」ご案内は、こちら

 >「宮崎産地視察スタート@」はこちら
 >「宮崎産地視察A〜ソプラノ」はこちら
 >「宮崎産地視察B〜JA尾鈴」はこちら
 >「宮崎産地視察C〜都農」はこちら
 >「宮崎産地視察D〜ワイナリー」はこちら
 >「宮崎産地視察E〜ミヤチク」はこちら
 >「宮崎産地視察F〜青島」はこちら
 >「『港あおしま』看板メニュー」はこちら
 >「宮崎産地視察G〜パパイア」はこちら
posted by つる at 22:09| Comment(2) | 【コラム】郷里・宮崎の話

2012年02月20日

宮崎産地視察G〜パパイア

少し間が空きましたが、2月26日の「宮崎コラボ・アカデミック
レストラン」に先駆けた宮崎の産地視察レポートの続き、
最後の視察地、果樹の産地をご紹介します。
 >他のレポートへのリンクは、記事の末尾をご覧下さい。

2日目後半は、「JA宮崎中央」管内の生産者さんを訪問しました。
まずは、昨今、宮崎の「サブトロピカルフルーツ」として
注目を浴びている「パパイア」です。

見渡す限りの「パパイア」たち。
大好きなので、テンションが上がりますグッド(上向き矢印)
パパイア01 P1230806.jpg

ひらめきパパイアの品種は、「サンライズ・ソロ
下の方から順次実がなります。たわわに実っていますね〜。
ジャスミンに似た花からはほのかに良い香りがかわいい
青い実が黄色く色づいたら収穫です。
ちょうど収穫後で、青いものがほとんどでした。
青パパイアも美味しそ〜!
パパイア02 P1230811.jpg

ひらめき実の回りに伸びているのは、大きな葉っぱたち。
奇妙な立ち姿は、特殊な「とぐろ巻き栽培」。
背の高いパパイアが、まっすぐに伸びないよう誘引されています。
20℃弱の温度と適度は湿度に保たれた、心地よい温室の中は、
不思議な光景と甘い香りに満ちていましたぴかぴか(新しい)

パパイア03 P1230819.jpg

レストラン坂田シェフの頭の中では、すごい食材とのコラボを描かれているようです。
それはまだ秘密ですわーい(嬉しい顔)
終了後のレポをお楽しみに!

美味しい料理が披露されますようにるんるん

==============
 >2月26日の「宮崎コラボ・アカデミックレストラン」は、 
おかげ様で予約が満席となりました。
 >「宮崎コラボ・アカデミックレストラン」ご案内は、こちら

 >「宮崎産地視察スタート@」はこちら
 >「宮崎産地視察A〜ソプラノ」はこちら
 >「宮崎産地視察B〜JA尾鈴」はこちら
 >「宮崎産地視察C〜都農」はこちら
 >「宮崎産地視察D〜ワイナリー」はこちら
 >「宮崎産地視察E〜ミヤチク」はこちら
 >「宮崎産地視察F〜青島」はこちら
 >「『港あおしま』看板メニュー」はこちら
posted by つる at 21:01| Comment(2) | 【コラム】郷里・宮崎の話


 当ブログに掲載されている文章やレシピ、画像などの無断転載、転用を禁止します。
      Copyright(c) Tsurusaki Hiromi All Rights Reserved.


最近の記事
(06/17)【飾り巻き教室レポ】6月カエルとJSIA3級と・・
(06/14)【レシピ開発】「ベジシャス」71号は、キャベツ特集♪
(06/06)【飾り巻き教室レポ】5月末〜6月初は、認定3級&季節&JSIAアシ
(06/01)【コラボ企画】宝酒造×クスパ「澪」ご試飲キャンペーン に参加中♪
(05/30)【飾り巻き教室レポ】2017.5 「さくらんぼ」と「トロッコ列車」♪
(05/29)【料理教室レポ】2017.5月[その1]、5月の旬にメロメロメニュー〜♪
(05/26)(更新)【ご案内】2017年6月の公募レッスン(6/17,6/24は「季節飾り巻き」確定、6/8「旬ベジ」募集中、その他選択枠情報)
(05/25)今日は何の日「マンゴーの日」
(05/23)急性・花粉症? 
(05/12)(終了)【ご案内】2017年5月の公募レッスン
(05/12)【飾り巻き教室レポ】2017.4 「鯉のぼり」と「チューリップ」♪
(05/11)【料理教室レポ】2017.4月は、イタリアンのごちそう♪
(05/10)【料理教室レポ】2017.3月[その2]は、タケノコ♪
(05/09)2017年4月のお仕事、近況報告♪
(04/29)【飾り巻き】子供の日のごちそう
(04/22)【ご案内】初夏の飾り巻き寿司レッスン〜鯉のぼり♪ ≪募集終了≫
(04/13)【料理教室レポ】2017.3月[その1]は、春のインドパーティ♪
(04/11)【お知らせ】ホームページをプチ・リニューアルしました!
(04/10)【飾り巻き寿司】3月の自主トレは、桃と桜のひな祭り♪
(04/02)【料理教室レポ】2017.2月は、ニラ尽くし〜[その2]は、つる流 韓国薬膳♪