2010年08月07日

シンガポール 海南鶏飯(2)

今日は、昨日に引き続き、「シンガポール 海南鶏飯 水道橋本店」の話題、
頂いた料理のご紹介です。 
何度か訪れているので、今回は定番料理ではなく、ちょっと通好みの
メニューにしました。 私にとっては、懐かしいお料理ばかりです。

2010.5.4

位置情報 まずは、屋台でよく食べた「シンガポール風生春巻き」(上写真・左)
昔の「ニュートン・サーカス屋台」の味が、お気に入りでした。
タイやベトナムの生春巻きとは、全くの別物。中に炒めた野菜が入っています。

位置情報 「ソフトシェルクラブ」(上写真・右)
脱皮したてのカニをフライにした料理。 シンガポールではおなじみです。
蟹というと、日本では、茹でて殻から出して実を食べるのが一般的ですが、
これは、殻ごとやわらかい状態で揚げる、珍しい食べ方。
香ばしさとカニの旨みが、何とも言えません!

2010.5.4

位置情報 こちらは、「チリカンコン」 メキシコ料理の「チリコンカン」とは違いますあせあせ(飛び散る汗)
「カンコン=空芯菜(くうしんさい)」を、「チリ=唐辛子」と共に炒めます。
中華でも定番の青菜炒めの一つ。 唐辛子がピリッと効いています。 
空芯菜は、シンガポール時代に大好きになった野菜の1つです。

2010.5.4

位置情報 「大根もち シンガポールスタイル
飲茶でおなじみの「大根もち」は、両面を焼いて、干しエビや薬味と共に
チリソースなどで頂きますが、これは、野菜と共に甘醤油で炒めたもの。
ちょっと癖がありますので、飲茶の大根餅の方が、好まれるかもしれません。

2010.5.4

位置情報 「ペーパーチキン」 鶏肉を紙に包んで、そのまま油で揚げた
珍しいお料理です。 中の肉がジューシーで美味。
シンガポールでは、「ヒルマンレストラン」というお店が、とても有名でした。

クリスマス看板メニューは、店名にもなっている「海南鶏飯(チキンライス)」や、
「ラクサ(カレーヌードル)」、「フィッシュヘッドカレー」、「チリクラブ」、
「シンガポール風さしみ」、「バクテー」「クイテオ」など。
他にもたくさんのお料理や屋台デザート、飲み物が並びます。 
メニューの多さが自慢の店でもあります。

味付けは、私好みと少し違いますが、気軽に異国を味わえるお店です猫

今日から、夏休みという方も多いかもしれませんね。
どこかへ行かれたら、ぜひその土地のお料理を味わって下さいね。
機会がございましたら、シンガポール料理もぜひお試しを!

美味しいお料理に出会えますようにるんるん
________________________________________
   > 同じテーマの最新記事は、こちらです。
   > 2010年08月06日 シンガポール 海南鶏飯(1)
   > 2010年07月18日 旬のお魚@まこと寿司2
   > 2010年07月05日 所沢に住みたくなるお店3
   > 2010年06月07日 ラ・マティエール(La Matiere)レストラン  

2010年08月06日

シンガポール 海南鶏飯(1)

・・水道橋本店」へ行って来ました。

2010.5.4

JR水道橋駅南側、白山通りを東京ドームと反対方向にしばらく歩くと、右手に、
マーライオンが迎えてくれます。 小さな入り口ですのでお見落としなく。

2010.5.4

シンガポール時代の知人たちには、おなじみのお店です。
初めて訪れた数年前は知る人ぞ知る、という感じでしたが、今は、
いつも、多くの人でにぎわい、当時よりも知られてきた感じがします。

大理石のテーブルが気持ちの良い店内。 オリエンタルムードに溢れています。

2010.5.4

ひらめきシンガポール料理は、中国、マレーシア、インドなどの文化が癒合した料理。
その中から、独特のオリジナリティーを生み出してきました。
激辛「フィッシュヘッドカレー」などは、まさしくシンガポール生まれの料理。


日本にいながら、シンガポールを味わえる、「シンガポール 海南鶏飯」は、
プチ・シンガポール・ワールド。 里帰り気分で、時々行ってみたくなります。

頂いたお料理のお話は、明日お届けします。

スパイシーなお料理で、暑さを吹き飛ばせますようにるんるん

   > 同じテーマの最新記事は、こちらです。
   > 2010年07月18日 旬のお魚@まこと寿司2
   > 2010年07月05日 所沢に住みたくなるお店3
   > 2010年06月07日 ラ・マティエール(La Matiere)レストラン  

2010年07月18日

旬のお魚@まこと寿司2

昨日に引き続き、西新宿「まこと寿司」さんの美味しい魚料理をご紹介します。

位置情報鮎の後に登場したのは、「モロヘイヤのビシソワーズ」でした。
冷たくて、美味し〜い! お口直しにピッタリ。 
試作を重ねた一品だそうです。
2010.6.26

位置情報こちらは、「岩手産 バフンウニ 殻付き」 
ウニと言えば、ムラサキウニが主流ですが、小ぶりのバフンウニも、
味が凝縮して、とっても美味。 殻付きは、贅沢な味でした。
2010.6.26

位置情報次は、お寿司です。

こちらは、「江戸前 生トリ貝」 
生は本当に美味しいハートたち(複数ハート) きれいな貝殻も、見せて頂きました。 
2010.6.26    2010.6.26

煮アナゴ」は、「わさび」と「煮詰め」で。
2010.6.26   2010.6.26

キンメダイ」             「本マグロ
2010.6.26    2010.6.26

追加で頼んだ、「江戸前のコハダ」と「千葉産 イワシ」です。
青魚は大好き。 必ず、お寿司でも頂きます。 千葉のイワシは、美味しい!
2010.6.26    2010.6.26

「生トリ貝」と「キンメダイ」は、あんまり美味しくて、お替りも頂きましたわーい(嬉しい顔)
この後、汁や、デザートを頂きました。 ごちそう様でしたぴかぴか(新しい)

ひらめきまこと寿司」は、「東京すしアカデミー」の直営店です。
東京すしアカデミー」は、国内外で働く「すし職人」を育成する学校。
8年前の創立以来、多くの卒業生が海外で活躍しているそうです。


そもそも、私がこのお店を知ったのは、この学校を見学に行ったことがきっかけ。
私は、野菜果物も好きですが、実は、魚好き猫 特に生魚が大好きなんです。
「おすしの学校なんて、面白いなぁ!」と思い、見学させてもらい、
それ以降頂いているメールで、直営すし店開店や、このイベントを知りました。

アカデミー直営だけあって、仕事はお見事かわいい 
清潔で、こじんまりとしたお店です。 お値段はリーズナブル。
明朗会計も嬉しいお店。 お酒の持ち込みも可能です。
気さくな店長さんのお人柄もあり、気軽に楽しめる居心地の良いお店でした。

レストランもうすぐ、「7月の、旬を楽しむお食事会」があります。
まこと寿司」のホームページは、こちらです。

お魚パワーで、猛暑を乗り切れますようにるんるん

   > 同じテーマの最新記事は、こちらです。
   > 2010年07月17日 旬のお魚@まこと寿司
   > 2010年07月05日 所沢に住みたくなるお店3
   > 2010年06月21日 蒸暑い日のお奨めランチ  

2010年07月17日

旬のお魚@まこと寿司

先日、西新宿「まこと寿司」さんの「旬を楽しむお食事会」に行って来ました。

まこと寿司」は、今年4月末にオーブンしたばかりのお寿司やさん。
東京すしアカデミー」直営店で、店長さんは、アカデミーの講師の方です。
コンセプトは、「ヨーロッパ人が作った江戸前寿司店」だそうで、
ヨーロッパ文化と江戸前寿司の融合を目指しているお店です。

レストラン旬を楽しむお食事会」は、毎月、美味しい旬の魚をコースで頂くもの。 
美味しい魚は食べたいけれど、旬は難しいとか、板前さんに直接注文するのが
苦手な方にもおすすめ。 お店一押しの魚や、創作料理が次々に登場します。

水無月のお食事会」では、旬の岩ガキや金目鯛、江戸前の生トリ貝、
解禁になった若い鮎などが、並びました。
その中から、料理の写真をいくつか、ご紹介します。 

位置情報 先附は、「天豆」「真鯛のにこごり」「こけし大根とミニトマトの浅漬け
ピリリと辛みの利いた、こけし大根や、湯剥きトマトの浅漬けが斬新でした。
2010.6.26

位置情報 「福井産 岩ガキ」 大好物! さっぱりレモンで頂きました。
1口で頂くのも良いのですが、こんな風に2つに切って、ミルキーな部分と
違う部分を、別々に頂くのも、それぞれに味わいが違い、楽しめました。
2010.6.26

位置情報 「お刺身」は、「福島産 マコガレイ」「千葉産 真イワシ」「本マグロ」 
脂の乗った「真イワシ」は、最高! 美味しい組合わせでした。 
2,010.6.26

位置情報 「鮎の塩焼き」 若い鮎は、骨まで全て食べられる柔らかさでした。
2010.6.26

お料理は、まだまだ登場します。続きは、また今度。

旬のお魚料理を、お楽しみ頂けますようにるんるん

2010年07月05日

所沢に住みたくなるお店3

今日は、所沢のレストラン「NO NAME(ノーネーム)」さんの
美味しいお料理、最終回です。

位置情報「美味しい国産チーズがあります」と、このお料理を出して下さいました。
「アメーラトマトと飛騨高山産モッツァレラチーズのカプレーゼ」
2010.6.11

アメーラは、高糖度トマト=フルーツトマトです。
そして、こだわりのチーズはこちら。
2010.6.11

ひらめきモッツァレッラは、イタリア原産のフレッシュチーズ。
トマトとバジルを組合わせた「カプレーゼ」や、「ピッツァ・マルゲリータ」が
知られています。フレッシュでも、熱を加えても美味しい、人気のチーズです。
水牛や牛のミルクから作られ、イタリア産やスペイン産が有名です。
国産なら、ほとんどが牛乳産で、日本各地の牧場で作られています。


中でもお奨めと言うのが、このチーズでした。
ミルクの濃厚な味が、トマトを優しく包みこんでいましたハートたち(複数ハート)

位置情報野菜以外のこだわり料理から、「骨付き松阪豚の香草パン粉焼き
深みのある、美味しいお肉に、ハーブがよく合いました。 
2010.6.11

位置情報こちらは、「フォアグラと豚耳のロールキャベツ
「そんな、贅沢な組合せがあるの?」という、手の込んだお料理です。
シェフさんに拍手かわいい
そして、このお料理をその場で人数分にカットし、美しく盛り付けて下さった、
スタッフさんにも拍手でしたかわいい
2010.6.11

どのお料理も、とても美味しく、お酒のメニューも豊富でした。 
店長さん、シェフさん、スタッフの皆さま、ありがとうございました。

食材にこだわり、とれ立て野菜の美味しい食べ方を追及するノーネームさん。
まだまだ、今回食べられなかったメニューがたくさんありますし、また、
今度、どんな素敵な旬野菜の料理を出して下さるのか、とても楽しみです。
ご近所ではなくて残念ですが、所沢は都心から40分ほどの場所。
良い畑が近くにあるから、美味しい野菜料理が食べられる訳です。
都心住まいは便利ですが、なんだか、所沢に住みたくなりましたあせあせ(飛び散る汗)
今度は気合を入れて、夕方早くから出かけて行きたいな、と思っています猫

東住吉地下厨房 NO NAME(ノーネーム)」さんの、HPは、こちらです。

美味しい旬のこだわり料理に、出会えますようにるんるん

   > 同じテーマの最新記事は、こちらです。
   > 2010年07月04日 所沢に住みたくなるお店2
   > 2010年07月03日 所沢に住みたくなるお店
   > 2010年06月14日 白子流ブイヤベース@シェラトン(3) 

2010年07月04日

所沢に住みたくなるお店2

昨日に引き続き、所沢のレストラン「NO NAME(ノーネーム)」さんの
美味しい野菜料理の話題です。

位置情報とうもろこしが、美味しい季節ですね!
まずは、「所沢ファーム松本」の、とれ立て「ベビーコーン」オーブン焼き。
2010.6.11

この日は、ついさっきまで畑に生っていた、少し大きめのものでした。
焼き加減も味付けも、最高〜! オリーブオイルと塩・胡椒だけだそうですが、
どうしてこんなに美味しいのでしょう? 

ひらめきヤングコーン=(ベビーコーン)」は、「とうもろこし」の、早穫りです。
とうもろこし」は、収穫したら、日に2度ずつ糖度が落ちると言うほど、
鮮度が大切な野菜。 だからもぎ立てが一番美味しいのです。
実も芯も、ひげまで、そして薄皮まで、全部食べてしまいましたわーい(嬉しい顔)
ちなみにひげは、漢方では、煎じて薬にするほどですから、食べても大丈夫。


芯まで食べられるこの柔らかさと、甘さは、ヤングコーンならでは。 
そして、その素材を美味しく焼き上げるのは、シェフさんの腕ぴかぴか(新しい)
とっても貴重なヤングコーン、贅沢な、贅沢な味でした。
2010.6.11

位置情報こちらは、「那須産アスパラガスのビスマルク風
ビスマルク風」というのは、上に目玉焼きを乗せたお料理だそう。
かのドイツの宰相ビスマルクが、目玉焼きを乗せたステーキを好んだからとか。
ホクホクのアスパラガスに、半熟卵とパルメジャーノチーズがトロ〜リと絡み、
とてもよく合いました。 
2010.6.11

位置情報今日も野菜以外のこだわり味を、1つご紹介します。 
こちらは「岩手県岩泉町産『短角牛』のタルタル
とれ立てサラダ野菜と共に、フランスパンにたっぷり乗せて、頂きました。
2010.6.11

どのお料理も、ワインにもよく合い、とても美味しかったですハートたち(複数ハート) 
ノーネームさんの美味しいメニュー、まだまだたくさん頂きました。

美味しい旬の味に、出会えますようにるんるん

   > 同じテーマの最新記事は、こちらです。
   > 2010年07月03日 所沢に住みたくなるお店
   > 2010年06月14日 白子流ブイヤベース@シェラトン(3)
   > 2010年06月07日 ラ・マティエール(La Matiere) 

2010年07月03日

所沢に住みたくなるお店

今日は、所沢のレストラン「NO NAME(ノーネーム)」さんのご紹介です。
ノーネーム」は、所沢の野菜ソムリエ仲間、一押しのお店です。

友人は、ノーネームさんに、扱う野菜を持込み、いつもアイデアを頂くとか。
野菜を、美味しく料理してくれる店がある、と、いつも話題に上っていました。
今、お店と友人とのコラボで、セレクト野菜のメニュー展開をしています。
そんな「アワ・ブーム」のノーネームさんへ、ついに、行くことにわーい(嬉しい顔)
2010.6.11

位置情報お店は、若くて気のいいスタッフさんが中心で、活気があります。
お料理は、イタリアンやスパニッシュなど洋風創作料理で、お酒も充実。
創業から20年、一貫して、食材にこだわり、美味しさを追求しているそう。
こだわり食材は、岩手県岩泉産「短角牛」やスペイン産「イベリコ豚」、
北海道釧路産岩ガキ、三重産松阪豚など、生産者直送や、築地市場仕入れ等。

位置情報色々ある中で、特に素晴らしかったのは、所沢の「とれ立て野菜
友人セレクトの「所沢ファーム松本」の新鮮野菜も、メューに並んでいました。

位置情報まず一番に出されたのは、珍しい「青いトマトのフリット」 
ついさっき収穫されたものです。
グリーンゼブラなどの品種ではなく、ただ、トマトを青い状態でとったもの。
2010.6.11

食べてみたかった青いトマト。 切ると宝石のような美しいグリーンです。
「揚げると、こんなにも美味しくなるの?!」という感動の味でした。
2010.6.11

位置情報友人セレクトの「所沢ファーム松本の、バーニャカウダ
とっても美味しい野菜たち。 また、このソースが絶品でした!
2010.6.11

「バーニャカウダには、思い入れがある!」という友人の1人がシェフさんに
美味しさの秘密を尋ねたところ、特別にアンチョビを見せて下さいました。
シチリア産のアンチョビです。これだけで食べても超・美味の逸品でした。
2010.6.11

位置情報野菜以外のこだわり味も1つご紹介。 こちらは、「北海道釧路産の岩ガキ」。
セルフィーユとの組合せが絶妙! 海のミルク、美味しかったです。
スパークリングワインとよく合いましたハートたち(複数ハート) 
2010.6.11

「NONAME(ノーネーム)」さんの美味しいメニューは、明日へ続きます。

美味しい野菜料理と出会えますようにるんるん

   > 同じテーマの最新記事は、こちらです。
   > 2010年06月21日 蒸暑い日のお奨めランチ
   > 2010年06月14日 白子流ブイヤベース@シェラトン(3)
   > 2010年06月07日 ラ・マティエール(La Matiere) 

2010年06月21日

蒸暑い日のお奨めランチ

・・暑さを吹き飛ばす、熱くて辛いお料理はいかがでしょうか?
丸の内オアゾ「屏南」の「麻辣刀削麺(まーらーとうしょうめん)」です。
2010.6.1

暑い時は、食欲が低下し、ついついさっぱりしたものを食べがちですが、
辛さで食欲増進、主食もしっかり摂って、体力をつけることが肝心です。

ひらめき辛い料理にたくさん含まれる唐辛子には、様々な健康効果があります。
カロテンなどのビタミンや、ミネラルが豊富です。
辛味成分のカプサイシンには、食欲増進効果がある他、交感神経を刺激して
脂肪燃焼を促進し、体を温め、代謝力をアップします。

位置情報丸の内オアゾ地下「屏南(PING NANGピンナン)」は、
西安料理の「XI'AN」とのコラボ店で、わんたん・かゆ・刀削麺のお店です。
2010.6.1

オアゾの地下には、一人でも気軽に入れる、小さなお店がたくさんあります。
このお店も14席のみで、一人客のOLさんやサラリーマンが目立ちました。
平日昼は、行列ができますが、回転が良いので、あまり待たないそうです。

ひらめき刀削麺(とうしょうめん)」とは、中国山西省名物の、こしの強い麺。
小麦粉をこねたあと、くの字型に曲がった専用の包丁で、麺状に削りながら
直接鍋の中に入れ、湯の中に落として茹でます。曲がった包丁で削るため、
麺に厚さの差ができ、それが独特の食感を生み出すというものです。


位置情報お店の外から、実演が見られます。見ていると、思わず入りたくなりますわーい(嬉しい顔)
2010.6.1

もちもちの「刀削麺」は、どちらかという言うと、「うどん」に近い味わい。
この麺に、ひき肉や唐辛子の入った辛い汁が絡み、美味しくなります。
香菜(パクチー)たっぷり、激辛スープに、山椒が利いて、美味でした。
かなり油が多め、塩味も利いていますので、汁を飲み干すのは勇気が必要。
量が多いので不安でしたが、辛さのお陰か、後を引き、完食できました猫
このお店の他のお料理や、他店の刀削麺も食べてみたくなりました。

暑い夏には、辛いお料理で、体力アップとなりますようにるんるん

2010年06月17日

ミニ・アート@ラ・マティエール

先日、「ラ・マティエールLa Matiere)」で食事をしたお話を、掲載ました。
神楽坂にある、フレンチレストランです。
 > お料理の話などは、こちらに掲載しています。

予約の取れない人気店ですが、アットホームな雰囲気も魅力。
手作り感、満載です。
入り口には、こんな、一角がありました。


見逃せないものを発見しました! 可愛い〜ハートたち(複数ハート)
名づけて、「シャンパン・チェア」と、「コルク・アート」です。


位置情報シャンパン・チェア」と呼んだのは、写真左の椅子です。
シャンパンを抜栓する際に取る、王冠と針金で、椅子を作っています。
もちろん、シャンパンでなくても、スパークリング・ワインなどでもOK。
これなら、自分でも作れるかな? 早速、やる気まんまんです猫
調べてみると、「シャンパン・チェア」というものは、地位が確立されていて、
海外では大規模に、そして日本でも、コンテストがある程の人気アートだそう。

位置情報コルク・アート」と呼んだのは、写真右の、羊さんと山羊さん。
綿とか針金などが必要で、ちょっと、難しそう。
発想が素敵ですねかわいい

ところで、食事会に参加された方が、早速、お店を予約しようとしたところ、
2ヶ月先まで昼も夜も満席だったそうです。(2ヶ月前から予約スタート)
そんな人気店で見つけた、可愛らしい手作りに、心が和みました。

皆さまも思い出の1本で、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

ミニアートをお楽しみ頂けますようにるんるん

2010年06月07日

ラ・マティエール(La Matiere)レストラン

  ・・で、先輩方とのランチ・パーティーがありました。

ひらめきラ・マティエール(La Matiere)は、数年前に、神楽坂にできた
正統派のフレンチレストラン。予約を取るのが大変な、人気店です。

可愛らしい外観のお店です。


メニューは、お店を行きつけにしていらっしゃる幹事さんにお任せし、
看板メニューを用意して頂きました。

位置情報 オードブルは、「海の幸のタルタルサラダ アンチョビ風味


アンチョビドレッシングで合えた 新鮮な魚介と野菜が 美しく盛付けられ、
上にはハーブやグリーンが山盛りに。 これがラマティエール流!
幹事さん曰く、「魚介の鮮度が良く、魚にうるさい人にでも薦められる」とか。
量はとても多く、これ一品でお腹一杯になりそうです。
大好きな魚に野菜がたっぷり、嬉しくて、モリモリ頂いてしまいました。
ソースが美味しくて、パンにも合い、お皿の上はきれいに完食でしたぴかぴか(新しい)

位置情報 スープは、「新玉ねぎの冷たいスープ


「新玉ねぎって、ここまで甘いの?」と驚くほど、上品で美味しいスープでした。
量は、おそらく、普通のスープの2倍位? まだ2品目で、「全部飲み干すと、
お腹一杯になりそう」と思いながらも、美味しくて、完飲?してしまいました。

位置情報 メインは、「黒毛和牛ホホ肉の赤ワイン煮込み


キノコやインゲンのソテーが添えられていました。
お肉が柔らかくて、しっかりした味付けで、とても美味しかったです。
「ホホ肉の煮込み」のお手本かわいい という感じのお料理でした。
同行の皆さんも、大絶賛で、あっという間に完食されていました。 が、
少食の私は、スープ完飲がたたり、半分残してしまいました。ゴメンナサイあせあせ(飛び散る汗)

位置情報 デザートは、「アーモンドのブラマンジェ バニラアイス添え


上品で濃厚、文句なしに美味しかったです。いわゆる、別腹メニューですね。
お腹一杯でも、さらっと入る感じですが、半分残してしまいましたもうやだ〜(悲しい顔) 

ひらめき実は、TVチャンピオンにも登場した程、盛りの良いお店としても
知られているそうですわーい(嬉しい顔)

位置情報店内は、白が基調の、こじんまりとした落ち着いた雰囲気でした。
外からは、中が見えないので、こんなに素敵な空間とは気づかないほど。


美味しいワインとお料理、ゆっくりと時間をかけて頂きました。
外へ出ると初夏の明るい日差しに迎えられ、しばし、神楽坂を散策しました。

ワインは、料金を払えば、持ち込みOKだそうです。
特別な日に、特別なワインを持参しての、ディナーも、魅力的ですねハートたち(複数ハート)
敷居の高いレストランでも、ランチタイムなら、気楽に雰囲気がつかめます。

美味しいお料理で、心も体もパワーチャージできますようにるんるん


 当ブログに掲載されている文章やレシピ、画像などの無断転載、転用を禁止します。
      Copyright(c) Tsurusaki Hiromi All Rights Reserved.


最近の記事
(07/19)【イベントレポ】「タカラ料理のための清酒」セミナー@「ラボンヌターブル」
(07/09)【飾り巻き教室レポ】6月末〜7月初は、季節&3級認定
(06/28)【料理教室レポ】2017.5〜6月[その2]、和モダンな元気ごはん〜♪
(06/27)2016年料理教室レポ、まとめ
(06/26)【ご案内】2017年7月料理教室 & 飾り巻き寿司 ご案内
(06/17)【飾り巻き教室レポ】6月カエルとJSIA3級と・・
(06/14)【レシピ開発】「ベジシャス」71号は、キャベツ特集♪
(06/06)【飾り巻き教室レポ】5月末〜6月初は、認定3級&季節&JSIAアシ
(06/01)【コラボ企画】宝酒造×クスパ「澪」ご試飲キャンペーン に参加中♪
(05/30)【飾り巻き教室レポ】2017.5 「さくらんぼ」と「トロッコ列車」♪
(05/29)【料理教室レポ】2017.5月[その1]、5月の旬にメロメロメニュー〜♪
(05/26)(更新)【ご案内】2017年6月の公募レッスン(6/17,6/24は「季節飾り巻き」確定、6/8「旬ベジ」募集中、その他選択枠情報)
(05/25)今日は何の日「マンゴーの日」
(05/23)急性・花粉症? 
(05/12)(終了)【ご案内】2017年5月の公募レッスン
(05/12)【飾り巻き教室レポ】2017.4 「鯉のぼり」と「チューリップ」♪
(05/11)【料理教室レポ】2017.4月は、イタリアンのごちそう♪
(05/10)【料理教室レポ】2017.3月[その2]は、タケノコ♪
(05/09)2017年4月のお仕事、近況報告♪
(04/29)【飾り巻き】子供の日のごちそう