2011年11月20日

老舗インド料理「アジャンタ」 @

友人に誘われ、麹町のインド料理「アジャンタ」さんで行われた
「ぐるなび料理教室」へ参加してきました。
AJANTA(アジャンタ)」と言えば、南インド料理の老舗レストラン。
多くのファンを持つ、本格・純・インド料理店です。

アジャンタ01 P1220408.jpg

このところ仕事や私用が幾重にも重なり、休む間もない毎日ですが、
「美味しいアジャンタのカレーを教えてもらえるよ〜!
インド人のシェフさんから、直にスパイス使いを習えるよ〜!」の魅力的な誘い、
かつ、無理すれば行けるというギリギリの状況が逆に心に火をつけ、
用を済ませて走れば間に合うご近所ということもあり、参加を決めました。
それになんと言っても、美味しいカレーが食べたい!!わーい(嬉しい顔)

この日は早朝から用事があり、少し遅れての参加となりました。
麹町へは、愛車の電動自転車で10分かからない距離。
お店に着くと、すでに、スパイスのい〜い香りが!
厨房に通されると、オーナーの奥さまとインド人シェフさんが、
料理デモの真っ最中。
油と香味野菜とスパイスとトマトと、、どんどん材料が強火にかけられ、
みるみるうちに、2品のカレーとパンとチャイができあがりました。
厨房内は、撮影禁止(当然ですね。企業秘密です!)なので、
写真はありませんが、さすが、プロの手際の良さでした。 

レストラン教えていただいたのは、
menu1.「アルゴビ」 〜ポテトとカリフラワーのザブジ(奥左)
menu2.「ラージマカレー」 〜金時豆のカレー(手前)
menu3.「パロタ」 〜「チャパティ」と同じ生地のパン(右)
menu4.「チャイ」 〜おなじみスパイシーな紅茶(次回、紹介)
お店自慢のコールスローも(左)

アジャンタ06 P1220384.jpg

料理の後は、席を2階に移して、試食&楽しいお話タイム。
奥さまの、インド料理の歴史や土地のお話、参加者の方々との
濃厚カレー・トーク。 話は、スパイスから、野菜やワインへ飛び、
大変盛り上がりました。

レストラン毎朝作られる南インドのお漬物「アチャール」
玉ねぎをチリやレモンで味付けしています。
何にでも合う、インドの食卓の友。
アジャンタ07 P1220385.jpg

アジャンタさんのお料理は、最小限のスパイスを使いながら、
そのスパイスが最大限に味わえる絶妙の味付けや調理法が特徴です。
私自身、インド料理はよく作りますし、料理教室で教えることもありますが、
家庭でも手軽に作れるようにアレンジしたものと、プロの料理とは違います。
特にインド料理は、全く別ものと言える気がします。
火力の強さ、油使いのいさぎよさ、スパイスを入れるタイミングや量、
インドの方ならではのセンスがあるように感じます。
こんな美味しいお店に来ると、ココに来なければ味わえない、
それがレストランの味なんだなぁ!と思って嬉しくなります。 
カレー通の参加者の方は、どんなに頑張ってもこの味が出せない!
どのお店とも違う!と絶賛されていました。

レストランの味を家庭で再現することも大好きですが、
時にはどっぷり・・プロの技に浸るのも良いなぁと思います。
その感動がまた、美味しい料理を作りたいという気持ちにさせてくれます。
自己研鑽のためにも、美味しい料理を食べに行くことは大切ですね。

アジャンタさんのお料理の話は、次回へ続きます。

スパイス・パワーで、体もHOTに過ごせますようにるんるん
posted by つる at 20:01| Comment(0) | 【グルメ】お外ごはん

2011年10月23日

大人のお子様ランチ@・・

このところ、忙しい毎日です。
料理教室も続きますが、その合間に、所用で丸の内にでかけました。

一人ランチは、丸ビル5階にあるアジアン・レストラン
「パパイヤ・リーフ」にしました。
このビルに、エスニックの店はたくさんありますが、
メニュー名に惹かれて決めました。

レストランその名も「大人のお子様ランチ」
ちょこっとずついろいろ試食してみたい、私のようなお客にはぴったり?
こんなお料理でした。
パパイヤリーフ01 P1210539.jpg

ナント、この中に、生春巻きも蒸し鶏も、そして、、グリーンカレーも
ナシゴレンもあります。 中央は、トムヤムクン味のフォー。
日本風のお盆に乗って、まるで、アジアン定食です!

他の皆さんには、フォーのセットが人気のようでした。
ランチタイムを少し過ぎていましたが、たくさんのお客さんが
入れ替わり立ち代り入っていました。
値段も手ごろで、サラリーマンやOLさんに人気のようです。

ところで、このお店は、一人客、カップル、グループなど、たくさんの人が
うまい具合にプライバシーを保って座れるようになっています。
ちょっと窮屈でしたが、それはそれで人間ウォッチも楽しめる、
面白いことがいっぱいの空間でした。

知らない人も一緒に、いっぱい食べて、明日も頑張れますようにるんるん
posted by つる at 21:00| Comment(0) | 【グルメ】お外ごはん

2011年07月25日

お食事会@アルベラータ(3)

前回に引続き、「リストランテ・アルベラータ」後編、その続きです。
 >関連記事は、こちら と こちら です。

レストラン4品目の肉料理は、2つからセレクトさせて頂きました。
 通常のランチメニューでは、メインは、5種類からセレクトできますが、
 12人のお食事会ということで、スムーズにサービスするため、
 あらかじめ2つのお料理を選ばせて頂くことになりました。

位置情報1つ目のチョイスは、「仔羊モモ肉のロース エシャロットソース
 お肉の下に、たくさんの野菜がかくされています。
 どうしても外したくなかった一品でした。 やっぱり美味しかった〜!
アルベラータ07 P1180268.jpg

位置情報2つめのチョイスは、「黒毛和牛ランプ肉のタリアータ バルサミコソース
男性の方、年配の方にも、軟らかい牛肉は人気と、お奨め頂きました。
そのお奨め通り、あまりにも美味しそうで、皆さまあっという間に食べてしまい、
気がついた時には、こんな姿になってしまいましたあせあせ(飛び散る汗) 実際はこの4倍位・・
アルベラータ09 P1180270.jpg

ひらめきランプ肉とは、牛のモモの柔らかい部分。 
「タリアータ」とは、肉のソテーを薄切りにしたものですが、食べ応え十分!
このお料理には、少し苦味のある野菜「ルッコラ」を乗せるのが定番です。
「アルベラータ」の肉料理は、焼き加減が絶妙。どうしてこんなに
プックリと焼けるのだろうと不思議になるくらい。


レストランドルチェは、「チョコレートのタルト」「ルバーブのプディング」
 「カシスのソルベ」でした。
 甘いものが苦手な私でも、ソルベはペロリわーい(嬉しい顔)
アルベラータ10 P1180274.jpg アルベラータ11 P1180278.jpg

バーお料理に合わせたワインは・・・、白、ロゼ、赤。 そして、ビール。
イタリアの弱発泡ワイン「フリザンテ」他、「ヴェルデッキオ」
「フラッパート」など、全て、参加者のお好みから、
ソムリエさんにセレクトしていただいたものでした。
参加者には、ワイン通の方も多く、ワインの持込みも考えていましたが、
素敵なソムリエさんに出会い、お任せすることにしたのですかわいい
結果は大成功。皆さま、料理も、そして、ワインも大満足とのことでした。

レストラン「リストランテ・アルベラータ」は、神楽坂の裏筋にある、
隠れ家的なイタリアン・レストラン。
でもその実は、知る人ぞ知る、イタリアンの名店なのです。
美味しいし、気持ちがいい、みんなに紹介したくなるお店です。

名店の味に浸り、経済の活性化に貢献できたら・・、一石二鳥かも?!
posted by つる at 22:07| Comment(0) | 【グルメ】お外ごはん

2011年07月24日

お食事会@アルベラータ(2)

今日は、長らく滞っておりました「リストランテ・アルベラータ
の後編を掲載します。 >関連記事は、こちらです。

レストラン1品目の「小さな前菜」は、「ゴルゴンゾーラ・ドルチェのムース」でした。
 蜂蜜とオレンジピールが入て、ブルーチーズを思えない不思議な味。
 甘みと酸味が爽やかで、フワッと食感も楽しい一品でした。
アルベラータ03 P1180253.jpg

 ひらめき「ゴルゴンゾーラ」は、イタリアを代表するブルーチーズです。
 ドルチェとピカンテの2種類があり、癖がないのはドルチェ。
 初心者でも食べやすく、蜂蜜と合わせるのが定番です。


レストラン2品目の「季節の前菜盛り合わせ」は、毎回お楽しみの一皿です。
 カップから時計回りに、「白いんげんのパンツァネッラ
 「豚皮のマリネ」「カプレーゼ」「雑穀と魚介のマリネ
 「はまぐりとアスパラソバージュ」「かつおのカルパッチョ」でした。
アルベラータ04 P1180258.jpg

 ひらめき「パンツァネッラ」はパンのサラダ。
 「カプレーゼ」は、トマトとモッツァレッラとバジルのマリネですが、
 私の好きな水牛のモッツァレッラが使われていました。
 「雑穀のマリネ」は、プチプチして楽しい食感。
 「アスパラソバージュ」は、珍しい野生種のアスパラガス。フランス産。
 わらびのように少しぬるっとした食感で、大変美味しかったです。
 小さなお料理1つ1つに、話題性があり、手を抜かず、仕事が丁寧、
 細やかな気配りがかけられた、美しくて美味しい前菜でした。


レストラン3品目は2種のパスタ。 まずは、「ズッキーニと桜海老のスパゲティーニ
 カリカリした桜海老の食感が楽しい一皿でした。
アルベラータ05 P1180261.jpg
 
2品目は、「手打ち ‘カーザレッチェ' ラグーソース
アルベラータ06 P1180262.jpg

 ひらめき「カーザレッチェ」とは、マカロニに似たショートパスタで、
 切り口がS字型をしています。その形から、ソースがよく絡みます。
 「アルベラータ」の、手打ちパスタは絶品! そして、パスタソースはいつも
 感動ものですが、このラグーソースは特に皆さまに人気で、お尋ねすると
 八角が隠し味とか。それはそれは美味しかったです。


この後は、肉料理です。続きは、次回。

猫八角は中国料理で良く使われるスパイスですが、私の第2の故郷、
常夏の国・シンガポールでも、この八角を使ったお肉の煮込み料理などが
よく食べられています。 イタリア料理にも使われているとは驚きました。 
万国共通、スパイスは、食欲のもとなんですね。
そして、たくさん食べることが、暑さを乗り切る秘訣です。
posted by つる at 18:39| Comment(0) | 【グルメ】お外ごはん

2011年07月09日

お食事会@アルベラータ(1)

以前、神楽坂のイタリアンレストラン「アルベラータ」さんをご紹介しました。 
幹事に任命された、大切なお食事会の視察でした。

アルベラータp11 P1180230.jpg

ひらめきリストランテ・アルベラータ」は、知る人ぞ知る、イタリアンの名店。
場所限定でいくつもお店を探し回った中で、美味しさやサービス、雰囲気、
そしてコストパフォーマンスの点から、断トツの1番!と判断し、
5月から準備をすすめ、先月、無事に終了しました。
予算がある場合、「コストパフォーマンスの良さ」は、大事なポイントです。
少し時間が経ちましたが、その時のお料理やお店についてご紹介します。

位置情報上の写真は、お店の入り口。 
神楽坂毘沙門天近くの筋を少し入った、ビルの1階にあります。
隠れ家のよう。 気をつけないと、見過ごしてしまいそうです。

位置情報こちらがお店の内部。落ち着いたインテリア。
12名なので、奥のテーブル一列を使わせていただきました。
BGMがうるさくないのもこのお店の気配り。
いつも予約でいっぱいです。
アルベラータ01 P1180249.jpg

位置情報テーブルには、この日のスペシャル・メニューが置かれていました。
お皿には、お店のロゴが。 スタンバイ、OKです。
アルベラータ02 P1180250.jpg

レストランランチ・メニューなので、軽めのコース。 とはいえ、ボリュームたっぷりです。
アルベラータ12 P1180251.jpg

menu1. 小さな前菜
menu2. 季節の前菜盛り合わせ
menu3. パスタ2種
menu4. 肉料理
menu5. ドルチェとカフェ 

食事会は、オーナーシェフ・高師さんの心のこもったお料理と、
スタッフの方々の行き届いたサービスで、参加者全員が大満足でしたかわいい
お料理については、次回お伝えします。

猛暑に負けない工夫は、早めの水分とご飯モリモリです。

>関連記事はこちら。
「久々の外食に想う」
「アルベラータ@神楽坂〜前編」
「アルベラータ@神楽坂〜後編」
posted by つる at 21:19| Comment(0) | 【グルメ】お外ごはん


 当ブログに掲載されている文章やレシピ、画像などの無断転載、転用を禁止します。
      Copyright(c) Tsurusaki Hiromi All Rights Reserved.


最近の記事
(11/07)[飾り巻き研究会]  発足 & 10月レポ♪
(11/02)【飾り巻き教室レポ】10月@〜基本レッスンと、3級検定♪
(10/24)【料理教室レポ】2017.9月-@ リクエスト『ラクサ』♪
(10/23)【ご連絡】お問合せのお返事方法
(10/16)巻き巻き・武者修行♪
(10/05)【飾り巻き教室レポ】9月B〜中秋の名月と基本レッスン♪
(09/30)【ご案内】2017年10月の「飾り巻き寿司」は、ハロウイン、他
(09/28)【料理教室レポ】2017.8月 夏野菜でスパイシーな食卓♪
(09/14)【飾り巻き教室レポ】9月A〜十五夜〜♪
(09/13)【飾り巻き教室レポ】8月D・9月@〜初めてレッスン〜♪
(09/11)【グルメ】17周年特別コース@神楽坂アルベラータ
(09/04)【飾り巻き教室レポ】8月C〜夏休み親子教室〜♪
(09/03)【ご案内】2017年9月飾り巻き寿司 & 料理教室
(08/29)【飾り巻き教室レポ】8月B〜リクエスト体験
(08/27)【料理教室レポ】2017.7月 東南アジアフェスティバル〜♪ &「ビオレU キッチンハンドジェルソープ」体験レポ〜♪
(08/25)【料理教室レポ】2017.6月 初夏のきゅうり尽くし献立〜♪
(08/21)【ご案内】2017年8月飾り巻き寿司  
(08/20)【飾り巻き教室レポ】8月A〜くまとビール
(08/20)【飾り巻き教室レポ】8月@〜パンダとひまわり
(08/04)【お知らせ】読売新聞栃木版に掲載♪