2011年06月21日

「久佑」@元町(前編)

所用で行った横浜みなと地区。
夕飯にと立寄った、美味しいお店、元町「久佑(きゅうすけ)」さんのお話です。
嗅覚の鋭い友人が選んだお店。 >関連記事は、こちら です。
赤十字04 P1180616.jpg

位置情報中へ入ると、こんな素敵なお母さんが、迎えてくれました。
赤十字06 P1180615.jpg

10人ほどでいっぱいになりそうな、カウンターだけの小さなお店。 
常連さんらしい方が二組。 カウンターの上には、所狭しとおばんざいが!
知らずに入りましたが、大当たりの予感わーい(嬉しい顔)

レストラン早速、すっきりした味わいの東京のお酒、「澤乃井 辛口」を冷酒で。
家が遠いので日本酒はためらいましたが、雰囲気に釣られて、つい注文あせあせ(飛び散る汗)
お通しは、「わらびのおひたし
お店の方のおすすめで、できたての「コンビーフ」をいただくことに。
赤十字10 P1180605.jpg

「缶詰のものとは全く別物です!」と。 近くのお肉屋さんで作ってもらってる
そうで、2週間の塩漬け後、茹でられたばかり、お店でも自慢の一品だそう。
想像とは違うものが出てきました。 脂肪が甘い! 塩加減も絶妙。
とても美味しかったです。 お店の方曰く、コラーゲンたっぷりとのこと。
友人は、添えられた豆のサラダにも はまっていました。 酢が決めて!

レストラン次は何にしようか迷っていると、すかさず「カウンター上のお惣菜は、
少しずつでも盛り合わせますよ!」と言う声が。 「ごぼうとニンジンの
きんぴら
」「セロリのキンピラ」「鶏もつのしょうが煮」を頂きました。 
赤十字11 P1180606.jpg

ひらめき久佑(きゅうすけ)」さん、なんと、もう1つの顔は、お酒屋さん。
お店の裏で、お酒屋さんの裏とつながっているのです。 だからお酒が充実!
息子さんと思われる方と二人で切り盛りされてます。 と思いきや、時々、
女の人やおじさんが突如登場。 実はそんなカラクリがあると知り、なるほど〜。
お酒は、入荷して3ヶ月を目安に変えるそうで、品書きに入荷日が書かれて
います。 お酒屋さんならではのこだわりがあるんですねぇ! 
酢やポン酢、塩や醤油など、調味料も充実していました。


バーすっかりお店の方にお任せ気分となり、「芋焼酎の水割り」をリクエスト。 
水割りにはと、宮崎県霧島市霧島横川酒造さんの、安納芋から作られる芋焼酎
蒼天の煌(そうてんのきらめき)」が出されました。 友人は緑茶割り。

猫長くなりそうな予感がしますので、残りはまた明日。
暑くなってきました。 熱中症には注意が肝心です。
お酒はほどほど! 美味しい料理と、適量をお楽しみ頂けますように。 
posted by つる at 23:08| Comment(0) | 【グルメ】お外ごはん

2011年05月18日

アルベラータ@神楽坂〜後編

神楽坂「リストランテ アルベラータ」さんのレポート、後編です。 
前々から決まっていた食事会の下見で、週末にランチを頂きました。
 >関連記事は、こちら。 
 >前編は、こちらです。 パスタまでのレポは、こちらをご覧下さい。

レストラン残りのお料理は、こちら。 小前菜、前菜、パスタのあとは、メイン料理です。
>menu4. 「メイン」は、5種類からの選択です。
      「とり肉のサルシッチャ詰めソテー」、「牛肉のタリアータ」
      「岩手四元豚のグリル」、「本日の肉料理」は「羊背肉のハーブソテー」
      「本日の魚料理」は「ひらめのソテー」  ⇒別々の料理を選び味見。

位置情報こちらは、「とり肉のサルシッチャ詰めソテー」。 
鶏肉に生のソーセージを詰めてソテーされています。
アルベラータ10 P1170780.jpg

位置情報こちらは、「羊背肉のハーブソテー エシャロット・ソース」 焼き加減が絶妙!
アルベラータ09 P1170779.jpg

>menu5. デザートは、ドルチェ盛り合わせ。
      「リコッタチーズのタルト」、「カスタードクレープ いちご添え」
      「クランベリーのソルベ フルーツ添え」でした。
      辛党の私でもソルベはペロリ。 タルトも美味しかったです。

>menu6. 食後は、濃いイタリアンコーヒーを頂きました。 
アルベラータ11 P1170782.jpg アルベラータ12 P1170783.jpg

バーアルベラータさんのワインは、全てイタリアワイン。
グラスワインも、サルデーニャ島の「トルバート」という品種の希少ワインや、
シチリア島のインツォリアという品種のワインほか、スプマンテ(発泡ワイン)
・白・赤と お店こだわりのラインナップでした。

ひらめき「リストランテ アルベラータ」は、オーナーシェフ「高師宏明」氏のお店です。
全てのお料理に気配りがされ、繊細で満足いく美味しさでした。
その上、量も十分で、コストパフォーマンスが高く、食材へのこだわり、
落ち着いたお店の雰囲気も素敵で、私にとってお気に入りの一店となりました。
これからも美味しいお料理と素敵なサービスを期待しています。
ごちそうさまでした。
posted by つる at 22:50| Comment(0) | 【グルメ】お外ごはん

2011年05月17日

アルベラータ@神楽坂〜前編

久々の外食レポートです。  >関連記事は、こちらです。

神楽坂にある、「リストランテ アルベラータ」さんに伺いました。
前々から決まっていた食事会の下見で、土曜のランチコースを頂きました。
「週末ランチコース」3つのうち、私たちが選んだコースでは、
前菜、パスタ、メインが選択できます。
前菜は2種、パスタは3種(+手打ち麺)、メインはなんと5種から。
もう1つのランチ「シェフお任せコース」では、更に何品かプラスされます。
よくこんなにたくさんご準備できるものだと感心します。

レストランお料理は、こちら。
>menu1. 「小前菜」は、「鶏レバーのペースト」でした。 

>menu2. 「前菜」は、「7種の前菜盛り合わせ」と「あなごのテリーヌ」の
      2種類から選べます。 2人でそれぞれ頼み、味見をしました。

位置情報「7種の前菜盛り合わせ」は、鰯やほたるいか、鯛などの魚介やチーズに 
野菜を組み合わせた繊細なお料理が 少しずつ盛り合わされていました。
アルベラータ02 P1170763.jpg

位置情報「あなごのテリーヌ」には季節の野菜が添えられ、その下にいろいろな
小さなお料理が隠れているという 素敵な演出がなされていました。
アルベラータ03 P1170762.jpg
   
>menu3. 「パスタ」は、3種類から選択でできます。
      この日は、「スパゲティーニ はまぐりのトマトソース」
      「リガトーニ ラグーソース」「水菜と桜海老のカッペリーニ」でした。
アルベラータ07 P1170773.jpg アルベラータ06 P1170771.jpg

>menu3+ コースによって選べる、シェフの手打ちパスタもあります。 
      この日は、「ニョッキ ゴルゴンゾーラソース トレヴィス添え」でした。
アルベラータ08 P1170777.jpg アルベラータ01 P1170760.jpg
  
コース前半ですが、頂いたお料理は、どれも繊細で、大変美味しかったです。
「アルベラータ」さんは、食材にこだわっていらっしゃいます。
シェフさんからは「普通程度にはこだわっています」と謙虚なお返事でした。 
築地で仕入れる魚や こだわりのお肉もそうですが、特に、生産者さんが
心をこめて作られた野菜たちが、美味しく生かされているなぁ、と感じました。

後半はまた今度、ご紹介します。
明日が今日より良い一日となりますように。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
>コース後半は、こちらにレポートしています。
posted by つる at 23:16| Comment(0) | 【グルメ】お外ごはん

2011年02月13日

アットホームな四川「梅香」(2)

神楽坂にある四川料理梅香(めいしゃん)」さんのお料理、第2弾です。
 > 第1弾は、こちらです。

残りのお料理はこちら。 今日は、写真を一挙公開です。
位置情報2. 「白菜とワンタンの薬膳スープ」
2011.2.7 メイシャン゙02ブログ P1160161.jpg

位置情報3. 「牛肉の水煮 山椒オイルがけ」 ボリュームも辛さも満点。
唐辛子よりも山椒の辛さが際立つお料理、美味でしたかわいい
2011.2.7 メイシャン゙03ブログ P1160162.jpg  

位置情報4. 「カニの淡雪炒め」 ふわふわです。 癒し系と激辛系が
交互にやってくると、舌がリセットできて、また食欲があせあせ(飛び散る汗)
2011.2.7 メイシャン゙04ブログ P1160172.jpg

位置情報5. 評判の「麻婆豆腐」 辛くて美味! 四川料理の辛さは、山椒が決めて。
大好きな味、辛いものは別腹の猫、 おまけに、実は、豆腐も別腹なので、
このタイミングで大皿盛りでも平気です。 もっと食べたかった〜ハートたち(複数ハート)
2011.2.7 メイシャン゙05ブログ P1160173.jpg

位置情報 最後にスープが出て、デザートは「いちごの杏仁豆腐」でした。
2011.2.7 メイシャン゙06ブログ P1160175.jpg 2011.2.7 メイシャン゙07ブログ P1160178.jpg

家こじんまりとした可愛らしいお店。外から厨房がのぞけます。
       2011.2.7 メイシャン゙08ブログ P1160179.jpg

レストラン「四川坦々麺」「酸ラー担麺」などの麺類も美味しいそう。
次はもっと気軽に、麺類や麻婆豆腐をガッツリ頂きに行きたいと思います。
ごちそう様でした。

美味しくてホットな中華で、寒さ撃退といきますようにるんるん
タグ:中華
posted by つる at 17:08| Comment(0) | 【グルメ】お外ごはん

2011年02月12日

アットホームな四川料理「梅香」

神楽坂にある四川料理梅香(めいしゃん)」で、お食事会がありました。

梅香」さんは、人気の神楽坂にありながら、あまり目立たない・・、
こじんまりとした隠れ家のような・・、カフェのようなたたずまいの・・、
でも味は一流! ・・そんな感じの素敵な店でした。
2年ほど前にオープンし、姉妹2人で切り盛りされているそうです。
10数人の集まり、貸しきりで楽しませていただきました。

よく通われているという、幹事さんが厳選した下さったメニューは・・、
位置情報1. まずは、「前菜盛り合わせ」です。
蒸し鶏の山椒ソース」「えびの和え物」「牛スネとハチノスの冷製
 
2011.2.7 メイシャン゙ブログ P1160159.jpg

わぁ! おいし〜い! 「蒸し鶏の山椒ソース」 
このソース、めちゃめちゃ美味しいです。
お尋ねしたところ、ソースは、青山椒と青唐辛子から作られているそう。
なるほど、私好みハートたち(複数ハート) 癖になりそうです。
ハチノスも美味しい! お食事会のメンバー、大絶賛の前菜でしたかわいい

先日 「お通し」の話 を掲載しましたが、中華の「ものさし」は「前菜」?!
「『前菜』が美味しいお店は、絶対美味しいのよね!」と、ほかの方からも。
この後の、お料理は? ・・期待感がふくらみます。

ひらめきところで、「梅香」さんでは、要望にあわせ、一人ずつで盛りつけて
出して頂けるそう。 中華は大皿盛りが多いですが、
これなら、少人数でも一人でも行きやすいので、嬉しいですね。

「梅香」さんの美味しいお料理、まだまだたくさん頂きました。
この後のメニューは、また明日以降ご紹介します。

明日も良い一日でありますようにるんるん
posted by つる at 23:03| Comment(0) | 【グルメ】お外ごはん

2011年02月10日

「お通し」派? それとも・・(3)

先日掲載致しました「お通し考」の第3弾です。
 > 第1弾は、こちら、第2弾は、こちら をご覧下さい。
「美味しい店なのに『お通し』がなくて残念だった、という話を、
『事情通』の友人にしたところ、最近は『お通し』を出さない店が
増えている」、という返事が返ってきた、というのが第1弾。
第2弾ではその理由を掲載し、「私にはまた違う考え方が
あります」というところで終わっていました。 その考えとは・・

2011.1.8 でんしゅブログ P1150503.jpg

犬「お通し」は、お店の「ものさし」になるのでは?ということです。
私は、このお店はどんな「お通し」を出すのだろう、と興味があります。
メニューの料理だけでなく、「お通し」にも、気を配っているかな? 
力を入れているかな? 昨日の余り食材を破棄せず使っているのかな?
それならどんなアレンジをしたのかな? ・・と、興味は尽きません。
残り食材で、工夫されていて感心することはよくあります。
おかわりをしたくなるほど、美味しい「お通し」にも出会います。


そうして「お通し」が美味しいお店は、絶対に他のお料理も美味しい!
それが、私の「ものさし」です。 皆さまも、「シェフのおまかせ料理
と言われれば食べてみたくなるのではないでしょうか?
そう、「お通し」とは、究極の「シェフのおまかせ料理」だと思うのです。

だから、私は、「お通し派」ですわーい(嬉しい顔)
さて、皆さまはいかがでしょうか?
お通し派」?  それとも「とりあえず派」?
(この話は、第1弾、 第2弾 に掲載しています。)

猫我が家で家族にこう問いたところ、
「うちでもお通しが欲しいなぁ!」という返事が返ってきましたあせあせ(飛び散る汗)
ということで、今日の写真は、我が家のお通しです。
頂いた日本酒「でんしゅ」に合わせ、白菜の芯をちょこっと煮ました。
おいしい「お通し」となり、私の「ものさし」では合格ですかわいい
とは言え、これが「宅飲み・お通し!」となると、また違う議論?

美味しいお店の味にめぐり合えますようにるんるん
posted by つる at 19:30| Comment(0) | 【グルメ】お外ごはん

2011年02月02日

「お通し」派? それとも・・

最近、気に入ったお店ができました。
魚を中心にした、和食料理の居酒屋さんです。
刺身や焼き物などメニューが豊富で、どれも新鮮で美味しく、
日本酒も通な銘柄がそろい、気に入っています。

2010.12.6 魚14ブログ.jpg

ただ1つ残念なことに、「お通し」が無いのですもうやだ〜(悲しい顔)
店に入り、お酒を頼み、料理を注文します。
お酒は出てきますが、料理は少し時間がかかります。
普通なら、このタイミングで「お通し」が出てきて、ひとまず、
それを肴にお酒を飲みながら、注文した料理を待つわけですが、、
「お通し」が出ないので、「ま」が持ちません。

・・結局、料理が出る前にお酒をおかわりするはめにあせあせ(飛び散る汗)
こんなペースで飲んでいては、飲みすぎてしまいます。
でも、混んでいるし、料理にはそれなりの時間がかかって当然です。
こんなに美味しい店だし、食材も豊富だし、「お通し」くらい
簡単に準備できそうなのに、とちょっと残念。

・・と、事情通の友人に話したところ、反論が・・。
なんと、最近は「お通し」を出さないお店が増えているのだとかがく〜(落胆した顔)
その理由は、・・・

また話が長くなりそうなので、この続きはまた明日。

美味しい肴で、お酒はほどほど、といきますようにるんるん
posted by つる at 19:42| Comment(0) | 【グルメ】お外ごはん

2011年01月16日

点心師のデザート@「華湘」

湖南料理の名店「華湘」2「華湘(かしょう)」さんのお料理レポート、
少し間が開いてしまいましたが、今日は、最終回です。
 > 第1弾は こちら、 第2弾は こちら、 第3段は こちら です。
最後は、デザートです。

位置情報9品目、点心師おすすめのデザートは、「リンゴの姿蒸し
くり貫いたリンゴに、リンゴや寒天を入れて、
杏仁風のソースと共に蒸した 温かいお料理でした。
  2011.1.8 かしょう130-2ブログ.jpg

2011.1.8 かしょう13ブログ.jpg ⇒ 2011.1.8 かしょう130-2ブログ.jpg ⇒ 2011.1.8 かしょう130-3ブログ.jpg

焼きリンゴはよく見ますが、蒸しリンゴ、珍しいですね〜!
まさしく、癒し系の味、美味しかったです。
辛いお料理の後の、甘いデザートは格別ですね。
「甘いものも別腹!」、「ふた」まで完食です。

美味しいお茶を頂きました。 
温かくて、良い香りでした。
2011.1.8 かしょう22ブログ.jpg 2011.1.8 かしょう23ブログ.jpg<

レストラン「華湘(かしょう)」さんのお料理は、
温かいものは温かく、冷たいものは冷たくと気配りされた、
工夫にあふれた美味しいお料理でした。
湖南料理を知れて、良かったです。 ご馳走さまでしたハートたち(複数ハート)

位置情報秦由弘 総料理長です。 
  2011.1.8 かしょう20ブログ.jpg 

ぐるなびの「華湘(かしょう)」さんのページは、こちら です。
秦 総料理長のプロフィールも掲載されています。

新しい味との出会いがありますようにるんるん
posted by つる at 21:32| Comment(0) | 【グルメ】お外ごはん

2011年01月13日

湖南料理の名店「華湘」3

華湘(かしょう)」さんのお料理レポート第3段、
頂いた「湖南コース〜20周年特別コース」についてお届けします。
 > 第1弾は、こちら 、第2弾は、こちら です。

位置情報5品目は、「アワビと牛バラ肉のやわらか煮込み
銀絲捲(ぎんしまき)添え
」  アワビの下に牛肉が隠れていますわーい(嬉しい顔)
2011.1.8 かしょう08ブログ.jpg

柔らかい牛バラ肉の上に、アワビがゴロンと乗った何とも贅沢な一品。
銀絲捲(ぎんしまき)」とは、小麦粉で作られた揚げパンのこと、
中が糸状になっているのが特徴。 外はカリッと、中はふっくら、
具をはさんだり、ソースを絡めて食べるのにぴったりのパンです。
アワビを口いっぱいにほうばって、上品で美味しい味を堪能しました。
シャキシャキした黄ニラも美味しかったです。

位置情報6品目は、「北海道産活けホタテ貝と野菜の輪島海塩炒め
2011.1.8 かしょう09ブログ.jpg

新鮮なホタテに、ロマネスコやウドなどの野菜たっぷりの一品。
ロマネスコは、サンゴショウという別名もあるカリフラワー。
ホタテと野菜の、優しい旨みが際立つ料理でした。

位置情報7品目は、「本日の鮮魚:すずきと霜降り白菜の湖南唐辛子鍋
2011.1.8 かしょう10ブログ.jpg

これ、美味しかった〜! お腹はかなり悲鳴を上げていましたが、
「辛いものは別腹わーい(嬉しい顔) 」という特異体質の私にとって、感動の味。
揚げたすずきに、辛さの中に旨みのあるソースがしっかり絡み、
白菜がその辛さを中和してくれ、病みつきになりそうな料理でした。 
「四川より辛い湖南料理」とはコレか!と納得する一品。
取っておいた揚げパンをソースに絡めて、
お腹いっぱいという、連れの分まで、残さず頂きました。

位置情報8品目は、「seoul(ソウル)春雨ときのこのスープ麺
2011.1.8 かしょう12ブログ.jpg  2011.1.8 かしょう12-2ブログ.jpg

こちらもユニークなお料理。竹に入っています。
しっかりした腰のある「ソウル春雨」を、食事代わりに頂くというもの。
この白濁したスープがたまりません!レモンを絞って頂きます。ほぉ〜
「麺も別腹?」を自覚しながら、こちらも完食。美味しかった〜。

ここまで8品。 唐辛子を使った、2つのお料理が登場しましたが、
4品目では、唐辛子の辛さを和らげて旨みを引き出し、
7品目は、唐辛子の辛さを存分に楽しむお料理でした。
湖南料理、美味しいですかわいい

この後は、点心師おすすめデザートですが、
これがまた仕掛けのある、素敵なお料理でしたので、
まだまだ長くなりそうですので、また、次の回にさせてくださいね。

ひらめき華湘(かしょう)」さんは、中国第五の料理「湖南(こなん)料理」の名店。
秦(はた)総料理長のアイデアを凝らした創作料理も自慢のお店。
 > 詳しくは、過去2回のレポートをご覧下さいね。 


名店料理にインスピレーションを頂けますようにるんるん
posted by つる at 19:36| Comment(0) | 【グルメ】お外ごはん

2011年01月11日

湖南料理の名店「華湘」2

華湘(かしょう)」さんのお料理レポート第2段です。
 > 第1弾は、こちら です。
先日は第1弾として、お店のお話と、「湖南コース〜20周年特別コース」の
一部をご紹介しました。 「キャノンボールくらげのネギ和え」は
コリコリ感が素晴らしく、どれもとても美味しいオードブルでした。

位置情報2品目は「気仙沼産フカヒレタラバガニの煮込みせいろ蒸し」ぴかぴか(新しい)
実は、あまりに美味しそうで、つい少し食べてしまった写真ですあせあせ(飛び散る汗)
2011.1.8 かしょう03ブログ.jpg

文句なしに美味し〜〜い!
フカヒレに、タラバガニの甘さが絡まって、なんとも言えない美味しさです。
中華通の連れも絶賛! パンを浸けて、一滴残さず食べたいほどでした!

位置情報3品目は「釜焼き特製北京ダックかわいい
2011.1.8 かしょう04ブログ.jpg

犬実は、シンガポール生活が長かった私です。 「北京ダック」大好きハートたち(複数ハート)
その美味しさの条件は、何と言っても皮の薄さだと思っています。
こちらでは、パリッパリッの皮に、揚げた身が添えられていました。
「一緒に包んで食べて頂くのが『華湘流』です」とご説明されたのですが、
2つを別々に味わいたく、包む皮を2つに破って、2種類で頂きました。
贅沢な大きさの鴨皮は、もちろん、言うまでも無く美味しかったです!
そして、揚げてある身の方は、オレンジも一緒に巻いてみました。
「鴨とオレンジ」という西洋料理のセオリー通り、ピッタリの組合わせ。
そして、このタレが絶品! タレも残さず頂きましたわーい(嬉しい顔)
2011.1.8 かしょう04-3ブログ.jpg

位置情報4品目は「アラジン魔法の海老と野菜のスパイス揚げ
写真をご覧ください。 そう言われれば、アラジンっぽい?
2011.1.8 かしょう05ブログ.jpg

初めてのお料理でしたが、メチャクチャ美味しくて、、、
何が美味しいかと言うと、特に、揚げてある「赤唐辛子」!
辛くなくて、旨みが際立つ、癖になる味。
インド料理店でスナックに出されても良い感じです。
品種をお聞きしたところ、特に、「辛くない唐辛子」ではないそう。
でも揚げることで、辛さが緩和されるのだと言うことでした。
それにしても珍しくも美味しい料理、スパイシーな後味がいつまでも残りました。
2011.1.8 かしょう05-2ブログ.jpg

お料理はまだまだ続きますが、「華湘」さんのお料理は「しかけ」が満載で、
解説が長くなってしまいましたので、次回またお届けしますねわーい(嬉しい顔) 
シェフさんのお写真は、ご了解を頂けたらご紹介します。

素敵なお料理に、活力が生み出されますようにるんるん
posted by つる at 21:07| Comment(0) | 【グルメ】お外ごはん


 当ブログに掲載されている文章やレシピ、画像などの無断転載、転用を禁止します。
      Copyright(c) Tsurusaki Hiromi All Rights Reserved.


最近の記事
(07/19)【イベントレポ】「タカラ料理のための清酒」セミナー@「ラボンヌターブル」
(07/09)【飾り巻き教室レポ】6月末〜7月初は、季節&3級認定
(06/28)【料理教室レポ】2017.5〜6月[その2]、和モダンな元気ごはん〜♪
(06/27)2016年料理教室レポ、まとめ
(06/26)【ご案内】2017年7月料理教室 & 飾り巻き寿司 ご案内
(06/17)【飾り巻き教室レポ】6月カエルとJSIA3級と・・
(06/14)【レシピ開発】「ベジシャス」71号は、キャベツ特集♪
(06/06)【飾り巻き教室レポ】5月末〜6月初は、認定3級&季節&JSIAアシ
(06/01)【コラボ企画】宝酒造×クスパ「澪」ご試飲キャンペーン に参加中♪
(05/30)【飾り巻き教室レポ】2017.5 「さくらんぼ」と「トロッコ列車」♪
(05/29)【料理教室レポ】2017.5月[その1]、5月の旬にメロメロメニュー〜♪
(05/26)(更新)【ご案内】2017年6月の公募レッスン(6/17,6/24は「季節飾り巻き」確定、6/8「旬ベジ」募集中、その他選択枠情報)
(05/25)今日は何の日「マンゴーの日」
(05/23)急性・花粉症? 
(05/12)(終了)【ご案内】2017年5月の公募レッスン
(05/12)【飾り巻き教室レポ】2017.4 「鯉のぼり」と「チューリップ」♪
(05/11)【料理教室レポ】2017.4月は、イタリアンのごちそう♪
(05/10)【料理教室レポ】2017.3月[その2]は、タケノコ♪
(05/09)2017年4月のお仕事、近況報告♪
(04/29)【飾り巻き】子供の日のごちそう