2010年03月29日

オリーブ・アレルギー

日差しは春らしい陽の光が増えてきました。
と同時に、春になると黄砂や色んな花粉が飛んで、つらい方も多いですね。
かくいう私もスギ花粉症2年生あせあせ(飛び散る汗)
耳鼻科の先生によると、今年のスギ花粉は量が少なかったようです。
郷里の宮崎では、今年は黄砂が多く、あたりがかすんで見えることも多いとかがく〜(落胆した顔)

クリスマスところで、先日初めて聞いたのですが、ご近所に、
「オリーブ・アレルギー」の方がいらっしゃいました。
花粉症だそうですが、まだ花粉の飛んでいないこの時期にも
階上のお宅に大きな木があるそうで、そのため、症状が出るのだそうです。
目が腫れたり咳などかなりの重症だそうで、ずいぶんつらいとか。
病院の先生が疑って調べて下さり、アレルギー反応が出たのだそうです。
その方は他に、杉や花のアレルギーもあり合併症で苦労されています。
ただ、ご自宅でも多くの植物を育てているため、
ご近所どうし、お互い様と割り切ってらっしゃいますかわいい

ひらめきオリーブはモクセイ科。
香りの良いキンモクセイや、羽衣ジャスミンの仲間。
オリーブ花粉症は、オリーブをたくさん栽培している地中海沿岸の国々で
多いそうです。日本だったら、中国・四国地方で多いでしょうか。

オリーブ・アレルギー(花粉症)について調べてみたところ、
All Aboutさんのこちらのページ
バイエル薬品さんのこちらのページにありました。
花粉症全般については、上記HPに詳しく掲載されていましたので、
ご興味のある方は、ご参考になさってみてください。

no-title


  写真は「ツルニチニチソウ」
  つる性の宿根草。
  毎年この時期、
  つるが入れ替わり、
  短い間
  美しい紫色の花を咲かせる
  春の楽しみです。




猫我が家の小さなベランダにも小さなオリーブの木が、そして羽衣ジャスミン、
スギ花粉症と言いながらゴールドクレスト(ヒノキ科スギ科も含まれる)や
エリカ(ツツジ科)、小さな木々や春の花々で賑わっています。
このように、アレルギーの種は身近なところに無数にあります。
何かを避けて解決しても、また他のアレルギーに当たるいうこともあります。
ご近所間の配慮はもちろん大切ですが、互いの趣味を尊重しあうことも必要。
アレルギーの多い現代社会では、解決策を探りながら、
アレルゲンと気長に付き合っていくしかないのでは?と思います。
自分の体のことを知り、自分なりの対策を講じることが大切ではないでしょうか。

素敵な春を楽しめますようにるんるん
posted by つる at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 【コラム】体と健康

2010年02月11日

冷えの予防(2) 一押し

ここ数日とても寒い日ですね。
と言っても、その前は春のような陽気でした。
いったいどちらに基準を合わせたら良いのかがく〜(落胆した顔) 難しいですよね。

今日は、先日お伝えした「冷え」に関する追伸です。
冷え対策や、体の深部温度を上げるグッズとしては、
湯たんぽや腹巻き、長めの靴下などが、話題に上っています。

ひらめきそんな中で、私の一押しは、「足つぼスリッパ」です。
以前は冷え性に悩まされていましたが、このスリッパを履くようになってから、
血行がよくなり、明らかに冷え性が緩和されたと感じています。


そもそも足の裏を重視するようになったのは、以前住んでいたシンガポールで、
足底按摩(フットマッサージ)の気持ち良さにはまってからわーい(嬉しい顔)
それ以来、足の裏の大切さを意識するようになりました。

と言っても、そんなに良いグッズがあるわけでもなく・・
思いついたのが「足つぼスリッパ」です!
履いてみると、足の裏から血行が促進され、冷え性も解消された気がします。

辛いものが苦手な方でも、生姜が苦手な方でも、これなら簡単ですよね。
絶対お勧めです。 簡単な方法ですので、ぜひお試しください!


☆晴れ間に訪れた鳥さん。春が待ち遠しいのはみな同じ?

ちょっとした工夫で、快適に過ごせますようにるんるん
posted by つる at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 【コラム】体と健康

2010年02月04日

加齢に打ち勝て!

久々にスポーツクラブへ行きました。
2ヶ月ぶりですあせあせ(飛び散る汗)
寒いからとか忙しいからとか理由をつけて遠ざかっていたのですが、
肩がこる、腰が痛い、自転車をこぐ足が重い、、と来たらさすがに危機感が!
それに、前回の「冷えの予防には?」 の記事で、「筋肉をつけることで
冷えにくい体を作ることにもなります。
」 と書いてしまった手前、
自分が実行しないわけにはいかないなぁと、やっと重い腰を上げたのでした。

位置情報筋力トレーニングを中心に軽い有酸素運動とストレッチで、合計1時間半ほど
じんわり汗ばむ程度の気持ちの良い時間を過ごしました。

写真はクラブへの道で見つけた梅。久々トレーニングへのご褒美でしょうかわーい(嬉しい顔)


ひらめき加齢による変化の最初の兆候は、骨格筋系に現れると言われています。
そして筋力の衰えが体全体の老化につながっていきます。
特に足の筋肉は筋肉量の中でも大きなウエイトを占めるもの。
足の筋力トレーニングは、老化に抵抗する第一歩でもありますわーい(嬉しい顔)

また足の筋肉は血液を心臓に送り返すポンプの役割もしていますので、
筋力Upは末梢血管の血行障害である冷えの予防にもつながるわけです。


スポーツクラブに入っていない方も、家で手軽にできる スクワットや
ウォーキングなどで 無理のない 体にあった筋力アップを試してみて下さい。
そして筋肉を作ってくれるたんぱく質豊富な食品を食べることもお忘れなく!

適度な運動とおいしい食事で加齢に打ち勝ちましょうるんるん
posted by つる at 23:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 【コラム】体と健康

2010年02月01日

冷えの予防には?

この冬初めて雪を見ました雪 今日はとても寒かったですね。

先日TVで、「冷え」に関する特集がありました。
最近は、冷えで悩む人が増えているとか。
冷えにより病気になるリスクが高まるそうです。
もともと女性に多い冷え性ですが、最近は男性の方も多くなっているとのこと。
冷えの予防について考えてみました。

ひらめき冷え症とは、抹消血管の血行障害だそうです。
冷えにより、排泄機能が低下し、それにより自律神経が低下し、アレルギーに
なったり、また冷えから代謝が悪くなり痩せにくくなったりもするそうです。

冷えの原因である、「血流」を良くするためには、体を温めることが大切。
1日の中で1回でも皮膚の温度を上げることが、体にも肌にも良いそうです。
服の重ね着やカイロなどはもちろん役立ちますが、半身浴なども有効です。
体に負担をかけずに、体の深部の体温を上げることができ、リラックス効果も。
また、男性よりも女性のほうが冷えになりやすい原因として、筋肉量の違いが
あるそうですが、筋肉をつけることで冷えにくい体を作ることにもなります。


皆さんはどんな冷え対策をなさっていますか?
TVでは冷え対策として「生姜」が紹介されていましたが、
いまや「生姜」が体を温めるということは一般常識となっている気がします。
料理教室の生徒さんの中に、会社の引き出しに「生姜チューブ」を切らさない、
という方がいらっしゃいました。「マイ生姜」、手軽で賢い冷え対策ですねわーい(嬉しい顔)
冷たいものではなくなるべく温かい飲み物をとるという方もお見かけします。



猫私は生姜ももちろんですが、「唐辛子」にもお世話になっています。
辛いものを食べることで、皮膚温は上昇します。

写真は、我が家の唐辛子ラインナップです。液状・ゲル状を集めてみました。
ご存知のものはありますか?おなじみのもの有り、レアものもありますヨ!
詳しくはまた。。。

温かい工夫で、明日も良い一日をお過ごしくださいるんるん
posted by つる at 22:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 【コラム】体と健康

2009年08月24日

熱中症対策は?

まだまだ残暑晴れが厳しいですね!
でも、今さらどうして「熱中症対策?」と思われた方もいらっしゃるでしょう。
実は、今日の熱中症には、もう1つ意味があります。

exclamation私は常日頃から、何かをやり出すと、熱中してしまうという癖があります。
ふと気づけば数時間なんてあっという間、PCの前に半日なんてザラもうやだ〜(悲しい顔)
そうなってから気づく体の変化は、水分不足に空腹!そして眼の疲れふらふら
皆さんもそんなご経験はありませんか? 

8(j.jpg (☆写真は眼に良いと言われる、
 ブルーベリーを使ったデザートです。)





夢中になってPCを見ている時って、瞬きが減ってしまいます。
違和感を感じ、検査すると、眼の表面が傷ついていていたり・・・がく〜(落胆した顔)

ひらめきそこで最近私は、パソコンの前に、水分補給のためのペットボトルと
目薬を常備するように心がけています。
そして、まばたきを増やすこと!
 =⇒つまり、ドライ・アイを防ぐことが大切なのです。
暑さ」の熱中症には水分補給を!
そして「夢中」の熱中症予防には、「水分」、プラス、『目薬』ですわーい(嬉しい顔)

大切な体、大事にして下さいねるんるん

posted by つる at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 【コラム】体と健康


 当ブログに掲載されている文章やレシピ、画像などの無断転載、転用を禁止します。
      Copyright(c) Tsurusaki Hiromi All Rights Reserved.


最近の記事
(07/19)【イベントレポ】「タカラ料理のための清酒」セミナー@「ラボンヌターブル」
(07/09)【飾り巻き教室レポ】6月末〜7月初は、季節&3級認定
(06/28)【料理教室レポ】2017.5〜6月[その2]、和モダンな元気ごはん〜♪
(06/27)2016年料理教室レポ、まとめ
(06/26)【ご案内】2017年7月料理教室 & 飾り巻き寿司 ご案内
(06/17)【飾り巻き教室レポ】6月カエルとJSIA3級と・・
(06/14)【レシピ開発】「ベジシャス」71号は、キャベツ特集♪
(06/06)【飾り巻き教室レポ】5月末〜6月初は、認定3級&季節&JSIAアシ
(06/01)【コラボ企画】宝酒造×クスパ「澪」ご試飲キャンペーン に参加中♪
(05/30)【飾り巻き教室レポ】2017.5 「さくらんぼ」と「トロッコ列車」♪
(05/29)【料理教室レポ】2017.5月[その1]、5月の旬にメロメロメニュー〜♪
(05/26)(更新)【ご案内】2017年6月の公募レッスン(6/17,6/24は「季節飾り巻き」確定、6/8「旬ベジ」募集中、その他選択枠情報)
(05/25)今日は何の日「マンゴーの日」
(05/23)急性・花粉症? 
(05/12)(終了)【ご案内】2017年5月の公募レッスン
(05/12)【飾り巻き教室レポ】2017.4 「鯉のぼり」と「チューリップ」♪
(05/11)【料理教室レポ】2017.4月は、イタリアンのごちそう♪
(05/10)【料理教室レポ】2017.3月[その2]は、タケノコ♪
(05/09)2017年4月のお仕事、近況報告♪
(04/29)【飾り巻き】子供の日のごちそう