2017年02月23日

2月の自主トレ

まとめて写真集ですわーい(嬉しい顔)

P1490669 (380x285)-p.jpg

P1490683 (380x284) (2)-p.jpg 

P1490726 (380x285)-p.jpg P1490728 (380x285)-p.jpg

P1490729 (380x285)-p.jpg P1490727 (380x285)-p.jpg

ご近所の方に差し上げたら・・   写真を送ってくださいましたハートたち(複数ハート)
P1490733 (380x285)-p.jpg 栗原さん盛付けの寿司 (380x351)-p.jpg

P1490778 (380x284)-p.jpg P1490744 (380x285)-p.jpg

P1490754 (380x285)-p.jpg

可愛く美味しく巻けますようにるんるん
posted by つる at 18:53| Comment(2) | コラム

2016年12月27日

【レポ】2016.12 クリスマス〜その1「チキン」

   ・・・@「クッキングアトリエ『SAIRA(菜楽)』」

12月のレギュラーレッスンは、
毎年恒例のクリスマスのごちそうディナーでした。
2つのメニューが有りましたので、今日はその1をレポートします。
(その2は次回、追って投稿します。)

テーマ(その1)は・・・  ぴかぴか(新しい)チキンで祝うクリスマス  ぴかぴか(新しい)
P1480482 (285x380)-p.jpg

レストランメニューはこちら♪
 menu1. 「丸ごとかぶのオードブル
 menu2. 「骨付きチキンのベルギー風
 menu3. 「アップル・ピザ


家レッスン風景です。
P1480356 (380x285).jpgP1480476 (380x286)-p.jpg

プレゼントデザートには受講生の方へのメッセージを。
P1480483 (380x285)-p.jpg

P1480489 (285x380)-p.jpg

P1480485 (380x285)-p.jpg

P1480362 (285x380)-p.jpg

位置情報使った食材はこちら。
P1480474 (380x284)-p.jpg

猫美味しく楽しいクリスマス・レッスンでした。
そして、ご結婚の報告で、一層ハッピーなひと時となりました。

美味しいお料理で、末永くお幸せにハートたち(複数ハート)
posted by つる at 18:40| Comment(0) | コラム

2016年10月27日

ハロウインにいかが?

P1470673 (380x286)-p.jpg

喜ばれるのがうれしくて・・、
余暇を見つけて作っては、
差し上げていますプレゼント

作るほどに腕が上がって・・いるかな? わーい(嬉しい顔)

レストラン飾り巻きのレッスンは、もうすぐスタートします!
どうぞご期待くださいね!!

美味しく! かわいく? 巻けますようにるんるん
posted by つる at 19:10| Comment(0) | コラム

2015年12月29日

お家みがきピカピカD 〜 水道の蛇口♪

今日も良く晴れていますね晴れ

テレビやラジオでも、大掃除情報が増えてきましたね。
「うん、そうそう、それ、きれいになるよね〜!」なんて、
いちいち相槌を打ちながら、興味を持って見たり聞いたりしています。

ということで、水回りを何とかしたいと言う方へ、
我が家で最近はまっている水道の蛇口をピカピカにする技をご紹介します。

ひらめき 水道の蛇口、ピカピカ術〜ぴかぴか(新しい) 
@酢水(1:1程度)やクエン酸水を作り、キッチンペーパーを浸し、
 水道の蛇口に巻きつけてしばらくパックする。
A重曹ペースト(重曹に水を加えて練ったもの)を歯ブラシにつけてみがく。
B水で流して完了。
P1420695 (380x285)-p.jpg


〜〜以下の点にご注意ください〜〜
☆ステンレスのシンクなど、コーティングされているものはNGです!
 また、まだきれいなステンレスにはお奨めしません。
☆酢は、大理石にはNGです! 
☆重曹は、うるしや皮製品、フローリングにはNGです!

☆ステンレスに、重曹をそのままつけてみがくと傷がすきます。
 また目に逆らって磨くと傷つくことがあるそうですので、
 水に溶かして、柔らかいスポンジで、目に沿って使って下さいね。


めざすは、顔の映るシンクハートたち(複数ハート)
P1420947 (380x216)-p.jpg

いかなる磨き術にも向き不向きがありますので、
まずは隅っこでお試しくださいね猫

気持ちの良いキッチンとなりますようにるんるん
posted by つる at 11:19| Comment(1) | コラム

2015年11月06日

【企画】和光堂さんの「牛乳屋さんのやさしいミルクティー」

東京はこのところ毎日秋晴れ、
お昼はポカポカですが、朝晩は冷え込むので、
体調管理には要注意の時期ですね!

そんな今の季節にぴったりの、体が温まるプレゼントを、
料理教室サイトの クスパ さまよりご提供いただきました。

和光堂株式会社の この秋の新商品・・
ぴかぴか(新しい)牛乳屋さんのやさしいミルクティー
ぴかぴか(新しい)です

P1420247 (380x298).jpg

ひらめき和光堂さんは、日本で最初に、粉ミルクやベビーフードを開発し、
100年近く赤ちゃん関連の商品を生み出していらっしゃいます。
「牛乳屋さんの珈琲」でおなじみの「牛乳屋さんシリーズ」は、
つちかってこられた粉末の加工技術やミルクのおいしさへのこだわりから誕生した粉末飲料だそうです。

アトリエでは、10月より、料理教室へお越しの皆様へ、
プレゼントさせて頂いています。
詳細は、10月レポで掲載いたします猫

ブランドサイトはこちら⇒ 牛乳屋さんのみるクンカフェ

気温差が大きいと紅葉がきれいで、行楽も楽しみですね。
上着は一枚多めに、温かい飲み物も携帯して、
良い季節をお楽しみいただけますようにるんるん
posted by つる at 16:11| Comment(0) | コラム

2015年06月11日

バラの小さな思い出

初夏の花が美しい季節ですね。

ここ数年、川崎の歯科まで定期的に通っているのですが、
電車で往復3時間は、ちょっとした小旅行です。
多摩川を越え、街の雰囲気もずいぶん変わり、風が通り抜ける感じです。
南武線沿線の線路沿いの道には、近所の人々が育てる花々が
線路を行き交う電車と素敵な情景を生み出しています。
DCF00360 (380x214).jpg

このバラを育てているのは、近所のご主人。
お庭の花も、いつもいきいきと美しく咲いています。
先日初めて、ご主人が手入れされているところに遭遇しました。
(写真の撮影・投稿はご承諾いただいています)
DCF00361 (214x380).jpg DCF00362 (213x380).jpg

猫「いつもきれいに手入れされていますね!」
「月に一度位ここを通るので、その度に楽しみにしています!!」
思わず、感謝の気持ちを込めて、声をかけさせて頂きました。
DCF00363 (180x320).jpg

花好きの人は、自分の育てた花を褒められると嬉しいものですよね!
私は自分が育てたり活けたりするので、よくわかります。
ご主人もとても喜んで下さいました。

犬「花が好きなら、持って行って!」とご主人。
猫「そんなそんな、切ったらお花が可愛そう・・」と遠慮する私。
犬「いや、花は切ってあげた方がいいんだよ」とご主人。
そして、「香りのよいバラ」「日持ちのするバラ」
「蕾もつけてあげようね」と次々に切って、手渡してくださいました。
猫「どうもありがとうございます」

電車さてさて、最初に書いたように、ここは家から電車で1時間半!
嬉しいんだけど、内心・・ちょっと困った、どうしよう?!
そうとも言えず、頂いた切りたてのバラを持ち、駅に向かいます。
何とかこの花をしおれさせずに家まで持って帰らねば!
電車のホームで〜あせあせ(飛び散る汗)
DCF00365 (380x214).jpg

ひらめき私の1時間半のミッションが始まりました。
駅ビルのトイレで水を少し頂き、ティッシュに含ませてバラの茎を包み、
ティッシュのカバーとヘアゴムでそれをくるみ、
いつも持ち歩いているエコバックに入れて電車に乗り、
何とか無事に持ち帰ることができましたわーい(嬉しい顔)
P1400354 (380x285).jpg

かわいいその後は、新聞紙に包んで2時間ほど浸水します。

P1400356 (286x380).jpg

位置情報そして花瓶にふわっと活けると、、
川崎の花壇で出会った、美しい姿と香りがよみがえりました。
P1400360 (336x380).jpg

ハートたち(複数ハート)枯れた花びらも愛おしく、乾燥させてポプリにしました。
お気に入りのブランデーのボトルに入れて飾っています。
シフォンのリボンでふたをした中には、バラの香水を一滴・・。
P1400628 (239x320).jpg

見ず知らずの方と、花のおかげで素敵な出会いができました。
その思い出を、このボトルと共に大切にしたいなるんるん
posted by つる at 15:26| Comment(0) | コラム

2015年06月06日

2015.5 「生春巻き」献立〜♪

      ・・・@「クッキングアトリエ『SAIRA(菜楽)』」

2015年5月の料理教室は、ベトナム料理でした。
  「ぴかぴか(新しい)ベトナム「生春巻き」献立〜ぴかぴか(新しい)
P1400381 (320x303)^p.jpg

レストランメニューは、こちら。
menu1.「えびと野菜の生春巻き アトリエオリジナルのたれで」
menu2.「春野菜と鶏のベトナム風サラダ 」
menu3.「いちごのココナツプディング」

ひらめきベトナム料理の中でも「生春巻き」は、アジアレストランはもちろん、
スーパーのお総菜コーナーでもよく見かけるようになりましたね。
自分で作れれば、嬉しさもひとしおです。
選ぶ食材や、下ごしらえのポイント、
そして、何といっても肝心なのは巻き方!
コツさえ押さえれば大丈夫、きっとくるりと上手に巻けますヨ!
皆さん大満足で、今月も大変盛り上がった楽しいレッスンでした。


位置情報レッスン風景です。
P1400375 (240x320).jpg P1400376 (241x320).jpg

P1400430 (320x115).jpg

P1400431 (320x240)-p.jpg

喫茶店デザートもきれいにできました
P1400435 (271x320)-p.jpg

位置情報使った食材はこちらです。
P1400429 (320x204)-p.jpg

家エスニック料理は10年前からアトリエの看板?メニューです。
人気料理を私なりに作りやすくアレンジしたものや、
アジアの調味料などを使った 猫のオリジナルエスニック。
このところ、他の企画が多かったのですが、
受講生の皆様からのご要望にお応えし、
また最近エスニックのメニューが増えています。
つる 猫 流は、一層ヘルシーです♪
ご興味のある方はお気軽にお越しください♪

アジアの料理をお楽しみ頂けますようにるんるん
posted by つる at 18:48| Comment(0) | コラム

2015年03月27日

2015.1 花の学び

「千葉の房総から春の花が届いた」というご近所の方の
飾りつけをお手伝いしました。
面白いので、窓を額縁に見立ててパチリぴかぴか(新しい)P1390190 (310x320).jpg

たくさんの「ストック」「カーネーション」「スターチス」でした。
P1390182 (320x240).jpg

花びんに入れていると息苦しそう、枯れるのも早いのですが、
保水スポンジに活けると、よりいきいきと長持ちします。
P1390183 (320x240).jpg

限られたスペースでしたので、型破りですが、てんこ盛りにしました。
お花がたくさんのお庭をイメージしました。P1390185 (320x240).jpg

位置情報ところで、1月の学びは「コサージュ」でした。
ワイヤーやテーピングの技術を学んだというところでしょうか。
P1380982 (240x173).jpg

1日でしおれるのはもったいないので、まとめてグラスに飾り、
友人の仕事場へプレゼントかわいい 
P1390012 (131x160).jpg P1390011 (160x159).jpg

花のある暮らしを楽しめますようにるんるん
posted by つる at 19:15| Comment(0) | コラム

2015年03月03日

【レポ続編】秘境「坪尻駅」の寒風・切干芋♪

「2月は逃げる」の言葉通り、あっという間に3月です!
少し時間が経ってしまいましたが、
1〜2月に開催した「『三好の干し芋』料理教室」の続編を掲載します。
  P1390088 (380x267).jpg

私が料理教室で使用させて頂いた「干し芋」についてご紹介しますぴかぴか(新しい)
この「三好の切干芋」は、TV「マツコ&有吉の怒り新党」でも紹介されました。
(以下、内容は、徳島県三好市のFB「三好の旬感」も参考にさせて頂きました)

ひらめきこの「干し芋」は徳島県三好市の特産品「寒風の手作り切干芋」
標高約500mにある秘境『木屋床(こやとこ)集落』で栽培加工されます。
この集落は、香川県境近くの土讃線の無人駅「坪尻駅」の真上に位置し、
車が入る道もないこの駅から、さらに標高差200mを登るという、
まさしく・・・      秘境
徳島県は温暖な印象がありますが、昨年の豪雪被害も記憶に新しいように、
この地域は、1月の平均気温1〜2℃、2月は氷点下にもなるそうです。

干し芋」は、乾燥させるために冷たい風にさらす必要があり、
また、寒ければ寒いほど実が引き締まって美味しくなるそう。
切干芋にとってまさにうってつけの環境で作られているというわけです。

P1390033 (380x338).jpg

位置情報原料の「サツマイモ」は、地元「木屋床(こやとこ)集落」で作られます。
急斜面で水はけがよいため、濃厚な旨みとなるそうです。
美味しいサツマイモを原料にしているため、さらに糖度や旨みが凝縮され、
食感がやわらかく糖度の高い、黄金色の「切干芋」ができるそう。
秋に手掘りしたサツマイモを、薪を焚いて沸かした釜で湯掻き、
クシで切り、20日〜30日間寒風でさらして、出来上がり。
柔らかく仕上げるために、干す期間の見極めも重要だそう。
生産者の山下さんは、掘る、茹でる、切る、干すを全て手作業で行ない、
秋から冬まで時間をかけてようやく出来上がります。
全て手作業で、丹精込めて作っていらっしゃるんですねハートたち(複数ハート)

かわいい徳島県三好市のフェイスブック「三好の旬感」では、
「秘境 坪尻(つぼじり)駅の上で 山下さんが作った 寒風の手作り切干芋」
として、販売されていますが、私は、その中で、
「切干芋の美味しい食べ方」を提案させて頂いています猫
おやつとして食べるだけでなく、お料理にも加えて頂きたいと思い
幾つかご紹介していますので、ぜひご覧くださいませ。
干し芋を使うことで、一味違う何とも言えない旨みが味わえますヨ。
P1380764 (380x286).jpg

レストランこれは、昨年秋に、ご提案したお料理です。
◇Menu1「切干芋の炊き込みごはん」
◇Menu2「切干芋のさつま汁」
干し芋ご飯のおにぎりは甘みがあって、モチモチしていて本当に美味しい!
特に、朝食べると、元気が出る気がします。ぜひお勧めですよ!
P1380720 (285x380).jpg


レストラン料理教室では、三好の切干芋を、料理に、おやつにと、
色々な味わいの違いを楽しんで頂き、大好評でした。
少しですが切干芋やおむすびもお土産にお持ち帰り頂きました。
(ご了解頂いた方のみ掲載させて頂いています)
P1390053 (380x350).jpg P1390304 (321x380).jpg

P1390160 (380x253).jpg P1390039 (380x263).jpg

猫料理教室の受講生の方に伺ったお話ですが、
干し芋は冬の風物詩、たくさん収穫するサツマイモの保存食として、
おばあさまがいつも干し芋を作っていたそうです。
寒くなると、ストーブの上に干し芋を置いて、あぶって食べたそう。
今は、手軽に工場生産もされている干し芋ですが、
昔ながらに、手間をかけて作られた、素朴で美味しい干し芋を、
しみじみと味わいたいものですねかわいい

手作り切干芋の滋味に触れて頂けますようにるんるん
posted by つる at 11:32| Comment(0) | コラム

2015年02月05日

【レポ】2015.1(その1)は柑橘

   ・・・@「クッキングアトリエ『SAIRA(菜楽)』」

2015年1月の料理教室が無事終了し、
今年も楽しいスタートを切ることが出来ました。
今回は2つのテーマで開催しましたので、
まずは1つめのレポを掲載します。

  「ぴかぴか(新しい)冬野菜と柑橘で美肌メニューぴかぴか(新しい)
P1380954 (380x284) -p.jpg

レストランメニューはこちら。
 menu1. 「冬野菜と柑橘のサラダ
 menu2. 「手羽先とキャベツのシチュー」
 menu3. 「中晩柑橘のゼリー

位置情報使った食材はこちら。
ビタミンCが豊富な柑橘類がたっぷりでした。
P1380952 (380x272)-p.jpg

ひらめきところで、なぜ、「冬野菜と柑橘で美肌メニュー」なのかというと・・、
冬野菜やかんきつ類にはビタミンCがたっぷり!
このビタミンCが美肌に欠かせないコラーゲンの生成を
促進してくれるからなんです。
良質のたんぱく質を一緒に食べることも欠かせません。
なるほど〜わーい(嬉しい顔)


冬の青果をたくさん食べて美肌になりますようにるんるん
posted by つる at 13:51| Comment(0) | コラム


 当ブログに掲載されている文章やレシピ、画像などの無断転載、転用を禁止します。
      Copyright(c) Tsurusaki Hiromi All Rights Reserved.


最近の記事