2013年02月07日

【レポ】スギヨのイベント@/2  〜笠原シェフ カニカマ親善大使就任

先週末、かにかまでおなじみ「株式会社スギヨ」の
ぴかぴか(新しい)笠原シェフ カニカマ親善大使就任イベントぴかぴか(新しい)』に
参加させて頂きました。

ひらめきスギヨ」は、練り製品の加工、販売を主体とする会社です。
インスタントラーメン、レトルトカレーと並び、
3大食品発明の1つと言われる「カニカマ」を、
昭和47年に初めて世に送り出した元祖だそうです。
笠原シェフ」はいわずと知れた日本料理「賛否両論」オーナー、
テレビや雑誌にもよく出演されている人気料理人。
このたび笠原シェフスギヨの「カニカマ親善大使」に就任され、
今後、食育活動も一緒に取り組まれるということでした。

イベント2月2日(土)、会場は有楽町ABCスタジオ、20名ほどの
料理研究家や食関連のご職業の方々が招待されました。

  かわいい能登の「スギヨファーム」の野菜や「歴代カニカマ」勢ぞろいかわいい
スギヨ001 P1280995.jpg

イベントでは・・、
◆カニカマ親善大使就任授与式、
◆「スギヨのかにかま(香り箱)」の説明、
◆笠原シェフのクッキングショー、
◆「株式会社スギヨ」と笠原シェフの食育活動報告 
などが行われました。

位置情報まずは、笠原シェフのカニカマ親善大使就任授与式です。
スギヨ01 P1290008.jpg

位置情報次に「株式会社スギヨ」の方から、カニカマ「香り箱」」の説明。
ひらめき香り箱」は、第45回農林水産祭で天皇杯を受賞した、
「カニ」に酷似していると評される かに風味かまぼこです。
そのためなんと!「鮮魚売り場」で売られているそう。
ズワイカニの脚肉をイメージして、
形状や食感、味、色合い、ジューシー感を再現。
>材料は、スケソウダラのすり身にカニエキス、卵白、
>赤い色は、トマトやパプリカの色素リコピンを写したもの。
>−20℃へ急速冷凍することで水分が膨らんで、
 解凍するとすき間ができ、そこに水分が残ることで
 カニに似た独特の繊維と美味しさになるそうです。
 なるほど〜るんるん


位置情報笠原シェフのカニカマ「香り箱」を使ったクッキングショー。
笠原シェフの楽しいトークと華麗なデモンストレーション、
美味しい料理に会場は大変盛り上がりました。
>>ショーの模様は、こちらです。
スギヨ08 P1290045.jpg

レストランメニューは・・、
>「香り箱とアボカド、リンゴの恵方巻
>「鰯のつみれの 香り箱あんかけ
>「歴代カニカマの食べ比べ
使われたカニカマ「香り箱」は、極細繊維がカニそっくり、
上品な甘さで、そのまま食べても美味しく、
料理の味もひきたてていました猫

位置情報歴代カニカマのバイキング♪ 
(写真右から左へ古い順に並んでいます。) 
それぞれに味わいがあり、昔のものは「これぞ、カニカマ!」
新しくなるに連れ、カニっぽさが増してきます。
「かに酢」をつけて食べると、益々「カニ感」アップグッド(上向き矢印)
スギヨ07 P1290044.jpg

位置情報最後に、スギヨと笠原シェフの食育への取組みが紹介されました。
能登の「スギヨファーム」で作られている野菜も紹介。
食育活動で活躍する「スギヨ仮面わーい(嬉しい顔)
スギヨ11 P1290047.jpg

位置情報イベントの後は、参加者全員による記念撮影や
笠原シェフとのツーショット撮影会。    
スギヨ005 P1290050.jpg スギヨ006 P1290052-2.jpg

プレゼントスギヨの製品や、「スギヨファーム」の野菜、
「スギヨ仮面」のフィギュアなど、たくさんのおみやげまで頂戴し、
美味しく楽しいイベントでした。
スギヨ12 P1290055.jpg

株式会社スギヨさま、笠原シェフ、ありがとうございましたハートたち(複数ハート)

カニカマの未来と食育活動に期待していまするんるん
posted by つる at 23:04| Comment(0) | 【仕事】

2012年09月27日

831の日「野菜シンポジウム」の概要が・・

・・野菜情報(2012年10月号)に掲載されました。

ちょっと前のことになりますが、
先月、8月31日=野菜の日に、
「イイノカンファレンスセンター」において、
イベント野菜シンポジウム 〜野菜をおいしく食べる〜」」が開催され、
「日頃不足しがちな野菜を、若い頃からもっとおいしく
食べてもらうにはどうしたら良いか」という趣旨で、
2つの基調講演、及び、パネルディスカッションが行われました。

主催は、野菜需給協議会、(独)農畜産業振興機構、
後援は、農林水産省、厚生労働省、東京都 です。

位置情報私は、このパネルディスカッションにパネリストとして参加し、
料理研究家、料理教室主宰の立場から意見を述べさせて頂きました。
元NHK解説員の中村靖彦氏を座長に、他の3名の方と共に、
野菜摂取量減少についての考え、野菜摂取増加に結びつく取組み事例、
野菜摂取量増加のための課題や取組みなどについて意見を交わしました。
また、これに先立ち、2つの講演が行われました。
>このたび、このシンポジウムの概要が、
機構のHP「野菜情報(2012年10月号)に掲載されましたので、
ぜひご覧下さい。

位置情報残暑厳しい中、4時間に及ぶシンポジウムには、
200名を超える方々が参加され、熱心に話を聞かれ、
ご質問も多く、とても有意義な時間となりましたかわいい

プレゼントまた、参加者の方には、全農協、嬬恋村農協のご協力により、
嬬恋村の高原キャベツ」がプレゼントされました。

ひらめき野菜の摂取量は、「健康日本21」において、
成人一人当たりの目標値が350g以上と決められていますが、
今年1月に発表された「H22年国民健康・栄養調査」によれば
野菜の摂取量は低下傾向で推移し、成人の全ての階層で
目標値を下回っており、特に若年層の摂取量が少ないそうです。
こうした中で、野菜を適正に摂取し、健康な食生活を送るためにも
子供のころからの食育による生活習慣の改善が必要となると言えます。


健康な生活を送るために、野菜の摂取量を増やしたいものです。
そのためにも野菜を美味しく、たくさん食べる工夫が
必要だと思います猫

野菜をたくさん召し上がって頂けますようにるんるん
posted by つる at 21:07| Comment(0) | 【仕事】

2012年01月26日

【ご案内】宮崎県コラボ!スペシャルアカデミックレストラン

先日来、ブログ画面で少しご紹介しておりますが、来月末に開催予定の
「宮崎県とのコラボレーション・イベント」についてご案内します。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 【SPECIALアカデミックレストラン
 ぴかぴか(新しい) 春を先取り! 宮崎便り ぴかぴか(新しい)
〜「料理マスターズシェフ」が送る、《宮崎まるごとスペシャルメニュー》〜 

◆開催日:2012年2月26日(日)12:00〜14:30
◆開催場所: 「GINZA kansei
      東京都中央区銀座5-6-13 西五番街ビル3F
      TEL 03−3573−5721
◆会費:プレミア会員   5000円、 協会受講生・修了生  5500円
     一般   6000円   *どなたでもご参加いただけます。
◆定員:25名(最小催行人員 15名)
◇内容:・『宮崎尽くしのフルコース』 (超・贅沢ですかわいい     )
     ・ウエルカムドリンク〜都農ワイン、宮崎特産ジュースなど 
     ・宮崎特産品のお話、産地視察レポート
     ・坂田シェフのお話〜メニュー誕生秘話など 

   
>詳細・お申込みは、野菜ソムリエ協会HP、またはこのブログへ。
>ブログのコメント欄へ、お名前・TEL・メアドをお書き込み下さい。
>追って、こちらからご連絡いたします。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ひらめきアカデミックレストランとは、
「知らないで食べる」より「知って食べる」方が、
食の場は、より豊かになるというコンセプトのもと、
野菜ソムリエ協会が主催しているレストラン・イベントです。
野菜ソムリエが、生産者の方の思いを伝えたり、野菜のお話をしたり、
また、お料理を作ってくださるシェフさんの生のお話を聞きながら、
この日限りのスペシャルメニューを召し上がって頂くというもの。

位置情報今回のアカデミックレストランは、野菜ソムリエ自治体パートナーである
宮崎県」とのスペシャル・コラボレーションです♪
口蹄疫」、「鳥インフルエンザ」、「新燃岳の噴火」など、
農業に大きな打撃を受けた宮崎県から、ご支援をいただいた皆様へ
「ありがとう」のキモチをお届けします。

私は企画から参加し、シェフさんと共に宮崎の産地を視察し、
当日は司会やお話を担当させて頂きます。
郷里・宮崎の素晴らしい食材について、またシェフさんの素敵な
お料理について、心をこめてお伝えさせて頂きます猫

2011.2,11 玉ねぎ02 P1160437-2小.jpg
                             
位置情報崎」は、日本を代表する温暖な土地、一足早く春が訪れます。
先日解禁を迎えたばかりの完熟きんかん「たまたま」や、宮崎特産「日向夏」、
春を先取る「みやざき新玉ねぎ」など旬の野菜や果物はもちろん、
宮崎が誇る「宮崎牛」、「宮崎ハマユウポーク」、「みやざき地頭鳥」といった
畜産品に、宮崎の魚、そして世界的にも評価の高い「都農ワイン」など、
美味の数々を、本格フレンチで召し上がっていただきます。

宮崎牛.jpg 宮崎 P1220063−2.jpg

犬お料理を作ってくださる方は、銀座の人気フレンチレストラン
「GINZA kansei」の「坂田幹靖」オーナーシェフ。
第2回農林水産省「料理マスターズ」を受賞されました。
地域に根ざした取組みや、日本食材の普及と、食文化の発展への
尽力が認められ、農林水産省より顕彰されました。
野菜マエストロ」として、素材の魅力を最大限に引き出す調理法に定評があり
体にやさしいフレンチ」と称されます。
「岩手県文化大使」でもあり、毎月被災地へ炊き出しに行かれています。
坂田シェフのより詳しいプロフィールは、イベント詳細ページをご覧下さい。
 >お店につきましては、次回、もう少し詳しくご紹介します。

位置情報2月上旬、坂田シェフと私が、宮崎県東京事務所の方のご案内のもと、
宮崎食材の産地を視察し、坂田シェフにスペシャルメニューをご考案頂きます。
また、イベントでは、私から産地視察の模様をレポートします。

春・とびきりの宮崎食材を本格フレンチでご堪能頂けますようにグッド(上向き矢印)
posted by つる at 22:42| Comment(0) | 【仕事】

2011年11月10日

【ご案内】11/30アカデミックレストラン@アルベラータ

イベント  神楽坂の隠れ家レストランで学ぶ
  「イタリアン・クッキング」 と 「晩秋の三浦便り」
 


写真1-1 アルベラータ P1180230(小).jpg 写真1−2  027(小).jpg
家「アカデミックレストラン」とは、野菜ソムリエ協会主催のイベントです。
「知らないで食べる」から「知って食べる」へ。
お腹を満たすだけでなく、頭もココロも満たすことで、毎日の食卓や
食文化はより豊かになってなります。
野菜や食材、お料理について、野菜ソムリエのお話を聞きながら、
楽しく美味しい「アカデミックなひととき」をご一緒に過しませんか?
どなたでもご参加頂けます。


位置情報今回は、「アカデミック・レストラン」、人気スポット「神楽坂」での
開催です。 企画からお話まで、私が担当させて頂きます!
私自身も大ファンであり、このブログでも何度かご紹介しております、
なかなか予約のとれないイタリアンの名店「リストランテ・アルベラータ」と、
三浦のこだわりの生産者として知られる「高梨農場」のスペシャル・コラボです。
プロフェッショナル」たちの競演をご堪能頂きます。 

2008_1213_104657(小).jpg 写真4-1 2009_1230_080931 小.jpg
+++++++++++++++++++++++++++++
■日時 : 11月30日(水)12:00〜14:30 
■場所 : 神楽坂「リストランテ・アルベラータ」
      新宿区神楽坂3−6 鶴田ビル1F  tel:03−5225−3033 
■料金 : 野菜ソムリエ協会プレミア会員  5,800円        
        協会受講生・修了生  6,000円   
        一般の方   6,500円       
■定員 : 最大25名 
■お申込み・お問い合わせ : 
   野菜ソムエ協会ソムリエ協会「アカデミック・レストラン」事務局
        tel:03−5489−1131(平日10〜18時) 
   または、「このブログのコメント欄」へ。(お名前、ご連絡先〜
   お電話番号、メールアドレスなど)をご記入の上、お申し込みください。)
+++++++++++++++++++++++++++++++++


レストラン当日は、三浦の「高梨農場」が生産する、こだわりの野菜たちを使った
イタリアンのコース料理をお楽しみいただきます。
また、イタリア料理講師としても人気の高師シェフによる
料理のデモンストレーションなど、ミニ料理教室も開催します。
イタリア料理の真髄や、野菜の活かし方などを楽しみながら学べるチャンス!
この時期に美味しい「高梨農場」のカラフルな根菜や
カリフラワーなどの野菜たちが、素敵な一皿へと装われます。
また、今しか味わえない野趣溢れる「ジビエ」もお選び頂けます。
旬の味覚をご担当ください。お楽しみ下さい!

写真3_T6E0322-04(小).jpg _T6E0445-03(小).jpg
◇お料理を作ってくださるのは、
     「アルベラータ」高師宏明オーナーシェフ かわいい です。

都内有名レストランで経験を積んだ後、イタリア各地で修行を重ね、
北イタリア料理を中心に技術を取得され、帰国後、
日本橋「アルポンテ」を経て、2000年9月、神楽坂に
「リストランテ アルベラータ」をオープンされました。
イタリア料理の伝統を重んじ、イタリア各地の郷土料理を取り入れながら
素材にこだわった、繊細で丁寧な料理に定評があります。
オープンから11年目を迎える知る人ぞ知る、大人気のお店です。   
高師シェフは、食材にこだわり、三浦の高梨農場へ自ら何度も足を運ばれ、
納得し、高梨氏に野菜を任せていらっしゃいます。
「アルベラータ」のHPは、こちら です。


写真2-1 2008_1207_124351(小).jpg 2008_1213_104438小.jpg ◆お野菜を作ってくださるのは、
     「高梨農場」オーナー 高梨雅人氏
 ですぴかぴか(新しい)

筑波大学で蔬菜園芸学を専攻し、1985年、卒業と同時に就農。
165アールの畑で、年間約150種類の露地野菜を生産されています。
土壌分析を基本に、定量化できるデータを元にした
根拠ある栽培管理をおこなっていらっしゃいます。
その理論に基づいた農業に学ぶ生産者の方も多く、その野菜のファンは多数。
自宅前の直売所での販売が中心ですが、有名レストランのシェフさんにも
ファンが多く、一部、宅配も行っていらっしゃいます。
私も大好きな園芸誌「やさい畑」では、度々表紙写真を飾るほか、
掲載された記事は多数。その他、テレビ、書籍など掲載し多数。
「高梨農場」のHPは、こちら です。

◇お話は、野菜ソムリエで料理研究家、野菜ソムリエ協会講師の、
      私、 「つるさきひろみ」 が担当させて頂きます 猫

三浦野菜の魅力や高梨農場のお話、お料理や食材について、
心をこめてお伝えしますハートたち(複数ハート)     
私のプロフィールにつきましては、こちらのHPをご覧下さい。


レストランお料理は、この日のために創作されたコースメニュ−。
イタリア郷土料理を盛り込んだ「アルベラータ特製 5種の前菜盛合わせ」、
「秋の味覚のパスタ料理」、「三浦の逸品温菜」、そして、
「メイン」は2種類からの選択。
アルベラータは、「ジビエ」の美味しさでも有名なお店。
当日のメイン料理は、特別にお願いして、「ジビエ」との選択に
させて頂きました。「ジビエ」好きな方はぜひご賞味ください。

バーまた、この日の料理に合わせ、スプマンテやワインのテイスティング・セット、
3種のコース・ワインなどもお楽しみいただく予定です。

◇詳細は、野菜ソムリエ協会のこちらのページにも掲載しています。

美味しくアカデミックなひとときをお楽しみ頂けますようにるんるん

===========
 >「アカデミックレストラン@アルベラータ」の記事はこちらです。
 >レポ第1弾は、【レポ】AR@アルベラータ(1)
 >レポ第2弾は、【レポ】AR@アルベラータ(2)〜お料理編
 >レポ第3弾は、【レポ】AR@アルベラータ(3)〜メイン編
 >レポ第4弾は、【レポ】AR@アルベラータ(4)〜デザート編
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 >2011年11月30日 「AR@アルベラータ、無事終了
 >2011年11月27日 「突撃取材!高梨農場!!
 >2011年11月23日 「ジビエ&グルメ@アルベラータ
 >2011年11月10日 【ご案内】11/30アカデミックレストラン@アルベラータ
posted by つる at 22:50| Comment(0) | 【仕事】

2011年11月04日

第1回野菜ソムリエコンベンション

今日は、野菜ソムリエ協会のイベントをご紹介します。

イベント11月9日(水)14時〜16時、野菜ソムリエ協会におきまして、
自治体パートナー 第一回コンベンション」が開催されます。

位置情報日本野菜ソムリエ協会が主催する、全国各地の自治体パートナーの
販路拡大を目的としたマッチングイベントです。
自治体イチオシの野菜・果物や、ご当地調味料や加工品の最新情報などを
一堂に会し、「地域食材の発掘の場」「生産者側と実需者側の出会いの場」
また「商談の場」として、ご活用いただくイベントです。

位置情報ご参加の対象は、協会認定の「青果店」や「レストラン」をはじめ、
実需者の方々です。青果店やレストラン関係者に加え、認定料理教室や
自治体認定サポーターとして活躍されている野菜ソムリエの方々、
食関連の資格取得者の方々にもご参加頂き、レシピ考案など、素材のPR
につながるアイデアなどの情報交換の場としてもご利用頂けます。
小ロットでも購入可能なアンテナショップや特約店も紹介されます。

位置情報自治体は、宮崎県、他、青森県、高知県、愛媛県西条市、徳島県など
9つの団体が出展します
宮崎県からは、京芋、黒皮カボチャ、パパイヤなどが出展予定です。
☆写真は、2月に登場する、宮崎特産の「空飛ぶたまねぎ」ですかわいい
玉ねぎ P1160536.jpg

>下記にご案内を掲載しますが、詳しくは、野菜ソムリエ協会HPをご覧ください。

============
◆野菜ソムリエ協会自治体パートナーと、
       認定青果店、レストラン、料理教室とのマッチング◆
第一回「野菜ソムリエ コンベンション」

【出展予定品目】
◇宮崎県: 京イモ、黒皮かぼちゃ、パパイア 等
◇高知県: 土佐鷹なす、米なす、生姜、はすいも、土佐甘とう、文旦
◇青森県: 彩りトマト、サンむつ、くるみ、まるめろ、
     テイスティングポテト・雪んこ人参、完熟野菜
◇愛媛県西条市役所: 玄むす、あんぽ柿、赤いキウィ、アイスプラント、
     キュウリ、サラダセット、のり醤油 等
◇豊橋市: イエローミニトマト(あまえぎみ)/次郎柿 等
◇南信州広域連合: はなびら茸、ガブリエル、サラダかぶ、ズッキーニ、
     松本一本ネギ
◇十和田市: 十和田おいらせミネラル野菜トムベジ、黒にんにく、米粉、
     ガーリックオリーブオイル
◇徳島県: なると金時、すだち・すだち果汁、ゆず・ゆず果汁・加工品
◇山形県: つや姫 等

【詳細】
◆日時 :2011年11月9日(水) 14:00-16:00 受付開始13:50
◆会場 :日本野菜ソムリエ協会 東京本部 渋谷教室
東京都渋谷区道玄坂1-9-5 渋谷スクエアA 12F
◆対象 :野菜ソムリエ認定青果店・レストラン・料理教室及び、
     食関連の資格取得者
◆参加費 :無料
◆お申し込み、詳細は、野菜ソムリエ協会のこちらのページをご覧下さい。


ご興味のある方は、ふるってご参加くださいね。
素敵な出会いがありますようにるんるん
posted by つる at 22:18| Comment(0) | 【仕事】


 当ブログに掲載されている文章やレシピ、画像などの無断転載、転用を禁止します。
      Copyright(c) Tsurusaki Hiromi All Rights Reserved.


最近の記事
(10/16)巻き巻き・武者修行♪
(10/05)【飾り巻き教室レポ】9月B〜中秋の名月と基本レッスン♪
(09/30)【ご案内】2017年10月の「飾り巻き寿司」は、ハロウイン、他
(09/28)【料理教室レポ】2017.8月 夏野菜でスパイシーな食卓♪
(09/14)【飾り巻き教室レポ】9月A〜十五夜〜♪
(09/13)【飾り巻き教室レポ】8月D・9月@〜初めてレッスン〜♪
(09/11)【グルメ】17周年特別コース@神楽坂アルベラータ
(09/04)【飾り巻き教室レポ】8月C〜夏休み親子教室〜♪
(09/03)【ご案内】2017年9月飾り巻き寿司 & 料理教室
(08/29)【飾り巻き教室レポ】8月B〜リクエスト体験
(08/27)【料理教室レポ】2017.7月 東南アジアフェスティバル〜♪ &「ビオレU キッチンハンドジェルソープ」体験レポ〜♪
(08/25)【料理教室レポ】2017.6月 初夏のきゅうり尽くし献立〜♪
(08/21)【ご案内】2017年8月飾り巻き寿司  
(08/20)【飾り巻き教室レポ】8月A〜くまとビール
(08/20)【飾り巻き教室レポ】8月@〜パンダとひまわり
(08/04)【お知らせ】読売新聞栃木版に掲載♪
(07/19)【イベントレポ】「タカラ料理のための清酒」セミナー@「ラボンヌターブル」
(07/09)【飾り巻き教室レポ】6月末〜7月初は、季節&3級認定
(06/28)【料理教室レポ】2017.5〜6月[その2]、和モダンな元気ごはん〜♪
(06/27)2016年料理教室レポ、まとめ