2013年03月08日

3月8日はFOODEXとミツバチ

「FOODEX JAPAN 2013/国際食品・飲料展」へ行ってきました。
と言っても滞在時間はわずか1時間。
(・・私用に仕事、加えて電車の乗り間違いのためあせあせ(飛び散る汗) )
4日間の開催、1000以上の出展がある中で、
たったの1時間とはちょっと寂しい気がしましたが、
それでも少しでも見ることができたことは何よりで、
短いながらもとても楽しかったです。

印象に残ったのは、、
百笑米(ひゃくしょうまい)の「大嶋農園」さんと
行列のできる人気店 インド料理「シタール」さん でした。
シタール2 P1290821.jpg

位置情報大嶋農園」は、今年、第18回環境保全型農業推進コンクール
関東ブロックで優秀賞を受賞された方です。
「美味しさ」と「食の安全」とにこだわった「米」作りをされています。
この日、会場で大嶋さんの講演も行われました。
「カレー米」と「百笑米 もろみ酢」の試食をさせて頂きました。
カレー米は、中粒種で、日本人向けに香りを押さえた米だそう。
他にも魅力的なこだわりの米がたくさんありました。
大嶋農園さんのサイトはこちら

位置情報シタール」は、千葉県検見川にある行列のできるインド料理店。
お店で通販されている、「アルフォンソマンゴー」の製品や
「野生黒蜂蜜」を試食させて頂きました。
黒蜂蜜のジンジャーエールがとっても美味しかったです。
「シタール」さんのサイトはこちら

お話を伺うと、オーナーの増田氏は、なんと、私も大好きでよく通う
麹町の老舗インド料理店「アジャンタ」で修行をされたとか。
優しいご主人にお土産まで頂戴しました。
シタール P1290820.jpg

ひらめきところで、今日3月8日は、「みつばち」の日だそうです。
(「全日本はちみつ協同組合」と「日本養蜂はちみつ協会」)
蜜蜂が飛び回る姿に思いを馳せ、インドのハニーハンターが採取した
スパイシーな「野生黒蜂蜜」を頂きたいと思います。


大嶋農園さんやシタールさんの製品は、料理教室やイベントに
取り入れさせていただこうと思っています。
お楽しみにるんるん

======
猫実は、今回短時間で効率的に見ることができたのは、
宮崎ブランドGメン仲間である、食品認証会社リーファス社長
オーガニック検査員水野さんや会社の方が案内して下さったお陰でした。
ありがとうございましたハートたち(複数ハート)
posted by つる at 23:51| Comment(0) | 【仕事】

2013年02月08日

【レポ】スギヨのイベントA/2  〜笠原シェフ クッキングショー

前回に引続き、「株式会社スギヨ」の
ぴかぴか(新しい)笠原シェフ カニカマ親善大使就任イベントぴかぴか(新しい)」後編です。
>前編はこちら
スギヨ001 P1280995.jpg スギヨ09 P1290046.jpg

位置情報「スギヨ」のカニカマ親善大使就任式に引続き、行われた
笠原シェフのクッキングショー」の模様をご紹介します。
スギヨのカニカマ「香り箱」を使った料理2品のデモンストレーション。

位置情報まずは「恵方巻」を作ります。海苔に酢飯と具を乗せて、巻きすで巻いて〜
スギヨ02 P1290014.jpg スギヨ03 P1290019.jpg
ひらめき「ご飯は手早く広げましょう。」
「くずれやすい具は固くて厚いものではさみましょう♪」
「巻きすに巻いたらころころころがして・・。」
「切る時は、包丁を毎回ぬらして、スパッとね!」


位置情報次は「つみれ」を作ります。 華麗なスプーンさばき!
スギヨ04 P1290023.jpg スギヨ05 P1290024.jpg
ひらめき笠原シェフのこだわりは、フードプロセッサーではなく
鰯を包丁でたたくこと。
つぶしすぎず、鰯の食感をいかすのだそうです。
均一で美しい形の「つみれ」が機械のように作られていきます。
司会者の方が驚いて尋ねると、修行時代にたくさん作られ、
またある学校訪問では、一日に一人で900個のつみれを
作ったこともあるそう。さすがプロの技!!


位置情報あっという間に2品が完成しました♪
スギヨ06 P1290043.jpg

レストラン料理はこちらです。
香り箱とアボカド、リンゴの恵方巻
スギヨ06 P1290042 恵方巻.jpg

犬「香り箱」のほのかな甘みや優しい塩味が酢飯に合って
お醤油をつけなくてもちょうど良い味に仕上がっています。
カニカマとアボカド、リンゴの組合せなんて面白い〜、と
思いながら拝見しましたが、意外にも良く合う組合せで
大変美味しくいただきましたかわいい

   レストラン鰯のつみれ 香り箱あんかけ
スギヨ06 P1290040 つみれ.jpg

猫鰯の食感がいきたふんわりの「つみれ」に、
「香り箱」の風味がいきたあんが絡んで、
汁まで飲み干せる美味しい一品でした。
ごちそう様でしたかわいい

位置情報笠原シェフへの質問タイム、
「今までで一番美味しかったものは何ですか?」とお尋ねしたところ、
「仕事柄色んな美味しいものに出会っていますが、
意外にも一番美味しいものは、きちんと研いで炊いた
白いご飯だったりするんですよね!」と、
とても素敵なお返事が返ってきました。

「スギヨ」のカニカマ尽くしのひととき、歴史や製法を知り、
「カニカマ」の魅力再発見の充実したイベントでした。
美味しいお料理、ぜひ再現させていただこうと思います。
ありがとうございましたハートたち(複数ハート)

手軽で美味しいカニカマで、料理のレパートリーが増えますようにるんるん
posted by つる at 15:55| Comment(0) | 【仕事】

2013年02月07日

【レポ】スギヨのイベント@/2  〜笠原シェフ カニカマ親善大使就任

先週末、かにかまでおなじみ「株式会社スギヨ」の
ぴかぴか(新しい)笠原シェフ カニカマ親善大使就任イベントぴかぴか(新しい)』に
参加させて頂きました。

ひらめきスギヨ」は、練り製品の加工、販売を主体とする会社です。
インスタントラーメン、レトルトカレーと並び、
3大食品発明の1つと言われる「カニカマ」を、
昭和47年に初めて世に送り出した元祖だそうです。
笠原シェフ」はいわずと知れた日本料理「賛否両論」オーナー、
テレビや雑誌にもよく出演されている人気料理人。
このたび笠原シェフスギヨの「カニカマ親善大使」に就任され、
今後、食育活動も一緒に取り組まれるということでした。

イベント2月2日(土)、会場は有楽町ABCスタジオ、20名ほどの
料理研究家や食関連のご職業の方々が招待されました。

  かわいい能登の「スギヨファーム」の野菜や「歴代カニカマ」勢ぞろいかわいい
スギヨ001 P1280995.jpg

イベントでは・・、
◆カニカマ親善大使就任授与式、
◆「スギヨのかにかま(香り箱)」の説明、
◆笠原シェフのクッキングショー、
◆「株式会社スギヨ」と笠原シェフの食育活動報告 
などが行われました。

位置情報まずは、笠原シェフのカニカマ親善大使就任授与式です。
スギヨ01 P1290008.jpg

位置情報次に「株式会社スギヨ」の方から、カニカマ「香り箱」」の説明。
ひらめき香り箱」は、第45回農林水産祭で天皇杯を受賞した、
「カニ」に酷似していると評される かに風味かまぼこです。
そのためなんと!「鮮魚売り場」で売られているそう。
ズワイカニの脚肉をイメージして、
形状や食感、味、色合い、ジューシー感を再現。
>材料は、スケソウダラのすり身にカニエキス、卵白、
>赤い色は、トマトやパプリカの色素リコピンを写したもの。
>−20℃へ急速冷凍することで水分が膨らんで、
 解凍するとすき間ができ、そこに水分が残ることで
 カニに似た独特の繊維と美味しさになるそうです。
 なるほど〜るんるん


位置情報笠原シェフのカニカマ「香り箱」を使ったクッキングショー。
笠原シェフの楽しいトークと華麗なデモンストレーション、
美味しい料理に会場は大変盛り上がりました。
>>ショーの模様は、こちらです。
スギヨ08 P1290045.jpg

レストランメニューは・・、
>「香り箱とアボカド、リンゴの恵方巻
>「鰯のつみれの 香り箱あんかけ
>「歴代カニカマの食べ比べ
使われたカニカマ「香り箱」は、極細繊維がカニそっくり、
上品な甘さで、そのまま食べても美味しく、
料理の味もひきたてていました猫

位置情報歴代カニカマのバイキング♪ 
(写真右から左へ古い順に並んでいます。) 
それぞれに味わいがあり、昔のものは「これぞ、カニカマ!」
新しくなるに連れ、カニっぽさが増してきます。
「かに酢」をつけて食べると、益々「カニ感」アップグッド(上向き矢印)
スギヨ07 P1290044.jpg

位置情報最後に、スギヨと笠原シェフの食育への取組みが紹介されました。
能登の「スギヨファーム」で作られている野菜も紹介。
食育活動で活躍する「スギヨ仮面わーい(嬉しい顔)
スギヨ11 P1290047.jpg

位置情報イベントの後は、参加者全員による記念撮影や
笠原シェフとのツーショット撮影会。    
スギヨ005 P1290050.jpg スギヨ006 P1290052-2.jpg

プレゼントスギヨの製品や、「スギヨファーム」の野菜、
「スギヨ仮面」のフィギュアなど、たくさんのおみやげまで頂戴し、
美味しく楽しいイベントでした。
スギヨ12 P1290055.jpg

株式会社スギヨさま、笠原シェフ、ありがとうございましたハートたち(複数ハート)

カニカマの未来と食育活動に期待していまするんるん
posted by つる at 23:04| Comment(0) | 【仕事】

2012年09月27日

831の日「野菜シンポジウム」の概要が・・

・・野菜情報(2012年10月号)に掲載されました。

ちょっと前のことになりますが、
先月、8月31日=野菜の日に、
「イイノカンファレンスセンター」において、
イベント野菜シンポジウム 〜野菜をおいしく食べる〜」」が開催され、
「日頃不足しがちな野菜を、若い頃からもっとおいしく
食べてもらうにはどうしたら良いか」という趣旨で、
2つの基調講演、及び、パネルディスカッションが行われました。

主催は、野菜需給協議会、(独)農畜産業振興機構、
後援は、農林水産省、厚生労働省、東京都 です。

位置情報私は、このパネルディスカッションにパネリストとして参加し、
料理研究家、料理教室主宰の立場から意見を述べさせて頂きました。
元NHK解説員の中村靖彦氏を座長に、他の3名の方と共に、
野菜摂取量減少についての考え、野菜摂取増加に結びつく取組み事例、
野菜摂取量増加のための課題や取組みなどについて意見を交わしました。
また、これに先立ち、2つの講演が行われました。
>このたび、このシンポジウムの概要が、
機構のHP「野菜情報(2012年10月号)に掲載されましたので、
ぜひご覧下さい。

位置情報残暑厳しい中、4時間に及ぶシンポジウムには、
200名を超える方々が参加され、熱心に話を聞かれ、
ご質問も多く、とても有意義な時間となりましたかわいい

プレゼントまた、参加者の方には、全農協、嬬恋村農協のご協力により、
嬬恋村の高原キャベツ」がプレゼントされました。

ひらめき野菜の摂取量は、「健康日本21」において、
成人一人当たりの目標値が350g以上と決められていますが、
今年1月に発表された「H22年国民健康・栄養調査」によれば
野菜の摂取量は低下傾向で推移し、成人の全ての階層で
目標値を下回っており、特に若年層の摂取量が少ないそうです。
こうした中で、野菜を適正に摂取し、健康な食生活を送るためにも
子供のころからの食育による生活習慣の改善が必要となると言えます。


健康な生活を送るために、野菜の摂取量を増やしたいものです。
そのためにも野菜を美味しく、たくさん食べる工夫が
必要だと思います猫

野菜をたくさん召し上がって頂けますようにるんるん
posted by つる at 21:07| Comment(0) | 【仕事】

2012年01月26日

【ご案内】宮崎県コラボ!スペシャルアカデミックレストラン

先日来、ブログ画面で少しご紹介しておりますが、来月末に開催予定の
「宮崎県とのコラボレーション・イベント」についてご案内します。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 【SPECIALアカデミックレストラン
 ぴかぴか(新しい) 春を先取り! 宮崎便り ぴかぴか(新しい)
〜「料理マスターズシェフ」が送る、《宮崎まるごとスペシャルメニュー》〜 

◆開催日:2012年2月26日(日)12:00〜14:30
◆開催場所: 「GINZA kansei
      東京都中央区銀座5-6-13 西五番街ビル3F
      TEL 03−3573−5721
◆会費:プレミア会員   5000円、 協会受講生・修了生  5500円
     一般   6000円   *どなたでもご参加いただけます。
◆定員:25名(最小催行人員 15名)
◇内容:・『宮崎尽くしのフルコース』 (超・贅沢ですかわいい     )
     ・ウエルカムドリンク〜都農ワイン、宮崎特産ジュースなど 
     ・宮崎特産品のお話、産地視察レポート
     ・坂田シェフのお話〜メニュー誕生秘話など 

   
>詳細・お申込みは、野菜ソムリエ協会HP、またはこのブログへ。
>ブログのコメント欄へ、お名前・TEL・メアドをお書き込み下さい。
>追って、こちらからご連絡いたします。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ひらめきアカデミックレストランとは、
「知らないで食べる」より「知って食べる」方が、
食の場は、より豊かになるというコンセプトのもと、
野菜ソムリエ協会が主催しているレストラン・イベントです。
野菜ソムリエが、生産者の方の思いを伝えたり、野菜のお話をしたり、
また、お料理を作ってくださるシェフさんの生のお話を聞きながら、
この日限りのスペシャルメニューを召し上がって頂くというもの。

位置情報今回のアカデミックレストランは、野菜ソムリエ自治体パートナーである
宮崎県」とのスペシャル・コラボレーションです♪
口蹄疫」、「鳥インフルエンザ」、「新燃岳の噴火」など、
農業に大きな打撃を受けた宮崎県から、ご支援をいただいた皆様へ
「ありがとう」のキモチをお届けします。

私は企画から参加し、シェフさんと共に宮崎の産地を視察し、
当日は司会やお話を担当させて頂きます。
郷里・宮崎の素晴らしい食材について、またシェフさんの素敵な
お料理について、心をこめてお伝えさせて頂きます猫

2011.2,11 玉ねぎ02 P1160437-2小.jpg
                             
位置情報崎」は、日本を代表する温暖な土地、一足早く春が訪れます。
先日解禁を迎えたばかりの完熟きんかん「たまたま」や、宮崎特産「日向夏」、
春を先取る「みやざき新玉ねぎ」など旬の野菜や果物はもちろん、
宮崎が誇る「宮崎牛」、「宮崎ハマユウポーク」、「みやざき地頭鳥」といった
畜産品に、宮崎の魚、そして世界的にも評価の高い「都農ワイン」など、
美味の数々を、本格フレンチで召し上がっていただきます。

宮崎牛.jpg 宮崎 P1220063−2.jpg

犬お料理を作ってくださる方は、銀座の人気フレンチレストラン
「GINZA kansei」の「坂田幹靖」オーナーシェフ。
第2回農林水産省「料理マスターズ」を受賞されました。
地域に根ざした取組みや、日本食材の普及と、食文化の発展への
尽力が認められ、農林水産省より顕彰されました。
野菜マエストロ」として、素材の魅力を最大限に引き出す調理法に定評があり
体にやさしいフレンチ」と称されます。
「岩手県文化大使」でもあり、毎月被災地へ炊き出しに行かれています。
坂田シェフのより詳しいプロフィールは、イベント詳細ページをご覧下さい。
 >お店につきましては、次回、もう少し詳しくご紹介します。

位置情報2月上旬、坂田シェフと私が、宮崎県東京事務所の方のご案内のもと、
宮崎食材の産地を視察し、坂田シェフにスペシャルメニューをご考案頂きます。
また、イベントでは、私から産地視察の模様をレポートします。

春・とびきりの宮崎食材を本格フレンチでご堪能頂けますようにグッド(上向き矢印)
posted by つる at 22:42| Comment(0) | 【仕事】


 当ブログに掲載されている文章やレシピ、画像などの無断転載、転用を禁止します。
      Copyright(c) Tsurusaki Hiromi All Rights Reserved.


最近の記事
(05/02)【飾り巻きレポ】(3月後半)桜とピーちゃん♪
(04/27)【飾り巻きレポ】(4月)カーネーションとプードル♪
(04/16)[飾り巻き研究会]4月は3月に続きアンパンマンの仲間たち♪
(04/09)【ご案内】2018年5月飾り巻きは「カーネーションとプードル」、鯉のぼりにアンパンマン、1周年キャンペーンも♪
(04/07)【飾り巻きレポ】2018年3月(前半)〜 ひな祭りとパンダ
(04/04)【料理教室レポ】2018.2月は、ちょっとマニアックな、シンガポール屋台料理〜♪
(03/30)【料理教室レポ】2018.1月は白菜尽くし♪
(03/28)桜列車で寿司の武者修行へ♪
(03/16)【ご案内・追加!】2018年4〜5月飾り巻きは「アンパンマンや鯉のぼりや1周年キャンペーンも・・欲張り企画〜〜♪」
(03/05)【飾り巻きレポ】2018年2月、卒業記念の飾り巻き♪
(02/23)【料理教室レポ】2017.12月はミートローフ♪
(02/07)【飾り巻きレポ】2018年1月(その2)〜可愛い犬と小さな梅
(02/05)【飾り巻きレポ】2018年節分レポート(その2)〜恵方巻き放題♪
(02/04)【ご案内】2018年3月飾り巻きは「お花見〜桜とピーちゃん♪」
(02/03)【飾り巻きレポ】2018年節分レポート(その1)〜可愛い鬼とハート♪
(02/02)【飾り巻きレポ】2018年1月前半〜JSIA3級と可愛いパンダと・・
(01/17)【ご案内】2018年2月飾り巻き寿司レッスンは「ひな祭り〜♪」
(01/17)2018年飾り巻き研究会、番外編
(01/12)【飾り巻きレポ】JSIA2級〜3日目
(01/07)【ご案内】開運?!わんこ恵方巻き放題&ハート巻き〜2月2日・3日〜