2017年07月19日

【イベントレポ】「タカラ料理のための清酒」セミナー@「ラボンヌターブル」

イベント【寶酒造×クスパ】コラボレーション企画
「タカラ料理のための清酒」セミナーに参加させて頂きました。
場所は日本橋にあるフレンチレストラン「ラボンヌターブル」
P1510987 (380x380).jpg P1510939 (380x380).jpg

ひらめき寶酒造株式会社は、「料理清酒」シェアNO.1の酒造メーカーです。
セミナーの内容は、
・寶酒造の方より「料理のための清酒」のご説明
・「ラボンヌターブル」中村シェフによる料理デモ
・「タカラ料理のための清酒」を使用したランチコース試食 

ひらめき皆さまも料理に「酒」を使うことは多いと思いますが、
実はこの「酒」には、無塩と加塩があるのをご存じでしょうか?
一般的な料理酒は6割以上が加塩だそうです。
その塩分濃度は2〜3%、なんと海水に近いそう。
かなりしょっぱいということですね。
料理に使う「酒」が加塩か無塩で随分味が違うということになります。
レシピ通り作ったはずなのに、何だかしょっぱかった〜!
ということになるわけですがく〜(落胆した顔)
その認知度はまだ半数以下だそう。
食塩ゼロの「料理清酒」を使えばその心配はなくなります。
その上美味しく減塩出来たら嬉しいですねわーい(嬉しい顔)
 〜アサリの酒蒸しを有塩無塩で食べ比べ〜
P1510883 (380x380).jpg

ひらめきそもそもなぜ有塩の料理酒がひろまったかというと、
料理用清酒は酒に分類され酒税がかかり販売にも免許が必要です。
基準値以上に加塩すれば酒税のかかる酒ではなく食品の区分になる為、価格も安いし、酒類小売り免許がない店でも販売可能になり、スーパーを中心に広まったそうです。

位置情報ところで「清酒」には、
・肉や魚の生臭みを消し、良い香りを付け、
・料理にコクやうまみを与え、
・味のしみこみを良くし、素材をやわらかくし、
・旨みを閉じ込めるという働きがあるそうです。
料理用「清酒」は独自の酵母を使うことにより、
飲料用の清酒よりもその効果を高めているそうです。


レストランお話の後は、中村 シェフのデモンストレーション。
ハマグリを清酒で蒸して、赤ナスと合わせたスープを教えて頂きました。
P1510885 (380x380).jpg P1510886 (379x380).jpg 
P1510900 (380x380).jpg P1510905 (380x379).jpg

レストランランチコースのメニューです。
MENU.1 畑のサラダ
 日本各地の畑から旬の野菜や果物が集合♪
P1510914 (380x380).jpg

MENU.2 ナスとハマグリの冷たいスープ
 デモで教えて頂いた料理。清酒で出汁を取ったハマグリは米粉でフリットにして。枝豆や海ぶどうなどと共に贅沢なトッピングでした。
  P1510923 (380x380).jpg

MENU.3 金目鯛の鱗焼き 清酒のソース
本来白ワインで作るブールブーランソースを清酒で。
上品な風味のソース、パリパリの鱗が美味でした。
  P1510924 (380x380).jpg

MENU.4 スモモの清酒コンポートとジュレとソルベ
 クレームダンジュやマリーゴールドも一緒に。
  P1510928 (380x380).jpg

menu.5 コーヒーには たこ焼き風のフォンダンショコラを添えて
P1510936 (380x285).jpg P1510939 (380x285).jpg

「料理用清酒」を生かした料理の数々、シェフのアイデアが溢れる、楽しく美味しいコースでした。ごちそうさまでした。
寶酒造様、クスパ様、ありがとうございましたハートたち(複数ハート)

猫スーパーなどで料理用清酒を見つけにくい時がありますが、そんな時は酒売り場を探してみると良いそうです。
私はやむを得ず飲料用の日本酒を使用していましたが、
これからは「料理清酒」を切らさずに、
料理をより美味しくしたいなあと思いました。
せっかくご提供いただいたランチコースですので、
近々料理教室でもご紹介したいと思います。
お楽しみに♪

料理清酒の良さを知って頂けますようにるんるん
posted by つる at 14:47| Comment(2) | 【仕事】

2016年11月26日

【イベントレポ】奥田シェフ × 杉浦シェフ × 乾し椎茸 アカデミックレストラン 

野菜ソムリエ協会が主催する
アカデミックレストランに参加させて頂きました。

奥田シェフ × 杉浦シェフ 夢の饗宴 
  〜もっと知りたくなる乾ししいたけの魅力〜
             @パティナステラ
ぴかぴか(新しい) 」

P1480292 (380x284).jpg P1480238 (380x285).jpg
 
位置情報今回のテーマは「乾しいたけ」
野菜ソムリエ協会設立15周年を記念しての豪華な顔合わせで、
イタリアンの奥田シェフ、フレンチの杉浦シェフが料理を共演、
乾しいたけ博士の小川武廣氏のお話、
大分県乾ししいたけ大使の神谷さんがナビゲーションをされました。
陰の立役者と思われがちな「乾しいたけ」が、
イタリアンとフレンチの各シェフの作る料理でどう変身するか?!
興味深い、とても盛り沢山なイベントでした。

P1480195 (380x285) (2).jpg P1480200 (380x284).jpg

ひらめき奥田政行シェフは【アル・ケッチャーノ山形】のオーナーショフ。
日本イタリア料理界の第一人者で、海外での活動にも高い評価を受け、
テレビでは「情熱大陸」や「MISSION」「ソロモン流」など多くの番組に出演、
野菜ソムリエとの間柄も深く、何度もイベントに登場されています。
まさに料理の「師」と仰がれる存在、ファンの多いシェフです。
P1480210 (380x287).jpg P1480213 (380x285).jpg

晴れ杉浦仁志シェフは、【PATINASTELLA】のエグゼクティブシェフ。
日本と米国で修業し、米国ロスの【PATINA】で技術を磨き、
エミー賞の授賞式や、ティファニー本店でのケータリングに携わり、
国連での安部首相の特別ディナーにシェフとして随行するなど活躍、
今まさに伸び盛り(理事長談)、新進気鋭のフレンチシェフです。

レストランお二人の共演による料理は、5品のフルコース。
☆まずはこちら、サラダの下は、なんと、乾し椎茸の粉のクレープ!
 いきなりビックリ、コレ、美味しかった〜〜!
P1480201 (380x284).jpg P1480203 (380x285).jpg

☆3種の乾し椎茸に昆布やかつおを加えた旨み凝縮スープ、と、
☆乾し椎茸の戻し汁で煮た キノコのフェデリーニ
P1480215 (380x286).jpg P1480218 (380x286) (2).jpg

☆乾し椎茸のソテーを乗せた牛フィレ肉ステーキ、と、
☆乾し椎茸のタルト、上に乗っているのは、なんと、ごぼう!
 どれもこれも、大変美味しかったです!
P1480221 (380x284).jpg P1480229 (380x284).jpg

お二人の共演を見たいと、ご多忙の福井理事長もいらしていました。
奥田シェフと、贅沢なスリーショットを撮って頂きましたハートたち(複数ハート)
P1480232 (380x285).jpg P1480233 (380x285).jpg

杉浦シェフとセレブの写真。
・・の前で、私も記念撮影、、セレブな気分〜わーい(嬉しい顔)
P1480234 (380x284).jpg P1480235 (380x285).jpg

猫実は、杉浦シェフとは、5年前にある短期講座で隣合わせたご縁。
その後渡米されると聞き、ご活躍をお祈りしていましたので、
華々しいご実績や、現職を知り、本当に嬉しく思いました。
奥田シェフの料理が美味しいのはもちろんよく知られていますが、、
初めて食べた杉浦シェフのお料理は、繊細で、とても美しくて、
美味しさも緻密に計算されていて、超・感動!
数々のセレブに愛されるのも、納得できました。
これからも応援しています!


素晴らしいお料理と、お話上手な方々の止まらないレクチャー、
大変贅沢な時間でした。
また、日本を代表する食材「乾し椎茸」の更なる可能性を感じました。
この日学ばせて頂いた 味や知識は、これからの 講義に、料理に、
楽しんで使わせて頂きたいと思います。
素敵なイベントをありがとうございました。

美味しい学びに出会えますようにるんるん
posted by つる at 18:00| Comment(2) | 【仕事】

2016年11月12日

【イベントレポ】日新製糖×笠原シェフ 料理教室

日新製糖株式会社主催、笠原将弘シェフによる、
11 月24 日の『和食の日』にちなんだ、、
きび砂糖」を使った秋の“こくうま”和食レッスン
に、参加させていただきました。

日新製糖株式会社は、「カップ印」でおなじみ、
日々の料理で大変お世話になっている、、
たくさんの種類のお砂糖を作られている会社です。


位置情報料理教室ではまず、日新製糖の方より「きび砂糖」についてのご説明があり、
その後、笠原シェフによる、「きび砂糖」を使った和食4品の
デモンストレーションがありました。 (写真は調理前)
P1470852 (380x285).jpg

ひらめき笠原シェフは、予約が取れない人気店として有名な「賛否両論」の店主。
テレビの料理番組などでもおなじみですが、
お話がとても面白くて分かりやすく、
もちろん料理の手際も素晴らしく、見とれました〜!


レストラン料理が完成しましたぴかぴか(新しい)
☆メニュー・・は、
  「帆立とアスパラの黄身酢がけ」
  「焼きさばと木の実のみそ煮」
  「揚げ鶏と野菜の甘だれがらめ」
  「鯛とサーモンの黒酢飯ちらし寿司」
P1470858 (380x284).jpg

ひらめき料理しながら笠原シェフが話されたことは・・、
・醤油とお砂糖の組み合わせはご飯と合う!
・日本には五味があるが、頭に「甘い」を付けると美味しそうに感じる
 「あまじょっぱい」とか「甘辛い」とか。
 (⇒なるほど〜!)
・砂糖には、甘いだけではなく、肉をやわらかくしたり、魚の臭みをとったり、
 料理の隠し味になりコクを出す、保存性を高める効果もある。
(⇒ふむふむ!)
・今回の料理に関しては、どれもこれも決め手は「きび砂糖」、
 さらさらしていて溶けやすく、マイルドな甘さが和食に合うそうです。
・また、魚の種類はたくさんあるので、もっと食べてほしいとのこと。
・そしてなんと、ちらし寿司はお店「賛否両論」のレシピだそう。
(⇒わぁい!)

レストラン試食タイム、和食がまるで、おしゃれなランチプレート?!
どれもこれも、大変美味しかったです。
ごちそうさまでしたハートたち(複数ハート)
P1470856 (380x285).jpg

位置情報試食の後は質問タイム。
「三温糖との違いは?」「さらさらしている理由は?」などなど
 ⇒お答えは、、「きび砂糖」は精製途中の砂糖液をそのまま煮詰めて作る、
さとうきびの成分が残っているのでさっぱりして風味がよい!
さらさらしているのは空気中の成分を取り込みにくいから。
⇒専門的なので詳しくは、日新製糖のHPをご覧ください。
実は、調味料ジュニアマイスターのこの私、
「砂糖」の講義は難しかったのを覚えていますあせあせ(飛び散る汗)

カメラ最後は皆さんで記念撮影 & ツーショット撮影わーい(嬉しい顔)
P1470866 (380x285).jpg

家私の料理教室では、旬の野菜を中心にした家庭料理を、
和食・洋食・エスニックと様々なジャンルで教えしています。
私は三温糖の風味が好きなのでよく使っていましたが、
お話を伺い、これからはもっときび砂糖を取り入れていこうと思いました。
レッスンでも「きび砂糖」が大いに活躍してくれると思います。
受講生の皆様にも、その美味しさや魅力についてご紹介したいと思います。

11月は、「きび砂糖」を使ったレッスンです。
笠原シェフ直伝メニューも何品かお教えします。
また、日新製糖様より「きび砂糖」やレシピのプレゼントがありますプレゼント
レッスンのレポートは、終了後にまた掲載させていただきます。
どうぞお楽しみになさってください!
P1470885 (380x260).jpg

美味しくてためになる料理教室に参加させていただき、
ありがとうございましたハートたち(複数ハート)

きび砂糖の美味しさを知っていただけますようにるんるん
posted by つる at 18:56| Comment(0) | 【仕事】

2013年03月08日

3月8日はFOODEXとミツバチ

「FOODEX JAPAN 2013/国際食品・飲料展」へ行ってきました。
と言っても滞在時間はわずか1時間。
(・・私用に仕事、加えて電車の乗り間違いのためあせあせ(飛び散る汗) )
4日間の開催、1000以上の出展がある中で、
たったの1時間とはちょっと寂しい気がしましたが、
それでも少しでも見ることができたことは何よりで、
短いながらもとても楽しかったです。

印象に残ったのは、、
百笑米(ひゃくしょうまい)の「大嶋農園」さんと
行列のできる人気店 インド料理「シタール」さん でした。
シタール2 P1290821.jpg

位置情報大嶋農園」は、今年、第18回環境保全型農業推進コンクール
関東ブロックで優秀賞を受賞された方です。
「美味しさ」と「食の安全」とにこだわった「米」作りをされています。
この日、会場で大嶋さんの講演も行われました。
「カレー米」と「百笑米 もろみ酢」の試食をさせて頂きました。
カレー米は、中粒種で、日本人向けに香りを押さえた米だそう。
他にも魅力的なこだわりの米がたくさんありました。
大嶋農園さんのサイトはこちら

位置情報シタール」は、千葉県検見川にある行列のできるインド料理店。
お店で通販されている、「アルフォンソマンゴー」の製品や
「野生黒蜂蜜」を試食させて頂きました。
黒蜂蜜のジンジャーエールがとっても美味しかったです。
「シタール」さんのサイトはこちら

お話を伺うと、オーナーの増田氏は、なんと、私も大好きでよく通う
麹町の老舗インド料理店「アジャンタ」で修行をされたとか。
優しいご主人にお土産まで頂戴しました。
シタール P1290820.jpg

ひらめきところで、今日3月8日は、「みつばち」の日だそうです。
(「全日本はちみつ協同組合」と「日本養蜂はちみつ協会」)
蜜蜂が飛び回る姿に思いを馳せ、インドのハニーハンターが採取した
スパイシーな「野生黒蜂蜜」を頂きたいと思います。


大嶋農園さんやシタールさんの製品は、料理教室やイベントに
取り入れさせていただこうと思っています。
お楽しみにるんるん

======
猫実は、今回短時間で効率的に見ることができたのは、
宮崎ブランドGメン仲間である、食品認証会社リーファス社長
オーガニック検査員水野さんや会社の方が案内して下さったお陰でした。
ありがとうございましたハートたち(複数ハート)
posted by つる at 23:51| Comment(0) | 【仕事】

2013年02月08日

【レポ】スギヨのイベントA/2  〜笠原シェフ クッキングショー

前回に引続き、「株式会社スギヨ」の
ぴかぴか(新しい)笠原シェフ カニカマ親善大使就任イベントぴかぴか(新しい)」後編です。
>前編はこちら
スギヨ001 P1280995.jpg スギヨ09 P1290046.jpg

位置情報「スギヨ」のカニカマ親善大使就任式に引続き、行われた
笠原シェフのクッキングショー」の模様をご紹介します。
スギヨのカニカマ「香り箱」を使った料理2品のデモンストレーション。

位置情報まずは「恵方巻」を作ります。海苔に酢飯と具を乗せて、巻きすで巻いて〜
スギヨ02 P1290014.jpg スギヨ03 P1290019.jpg
ひらめき「ご飯は手早く広げましょう。」
「くずれやすい具は固くて厚いものではさみましょう♪」
「巻きすに巻いたらころころころがして・・。」
「切る時は、包丁を毎回ぬらして、スパッとね!」


位置情報次は「つみれ」を作ります。 華麗なスプーンさばき!
スギヨ04 P1290023.jpg スギヨ05 P1290024.jpg
ひらめき笠原シェフのこだわりは、フードプロセッサーではなく
鰯を包丁でたたくこと。
つぶしすぎず、鰯の食感をいかすのだそうです。
均一で美しい形の「つみれ」が機械のように作られていきます。
司会者の方が驚いて尋ねると、修行時代にたくさん作られ、
またある学校訪問では、一日に一人で900個のつみれを
作ったこともあるそう。さすがプロの技!!


位置情報あっという間に2品が完成しました♪
スギヨ06 P1290043.jpg

レストラン料理はこちらです。
香り箱とアボカド、リンゴの恵方巻
スギヨ06 P1290042 恵方巻.jpg

犬「香り箱」のほのかな甘みや優しい塩味が酢飯に合って
お醤油をつけなくてもちょうど良い味に仕上がっています。
カニカマとアボカド、リンゴの組合せなんて面白い〜、と
思いながら拝見しましたが、意外にも良く合う組合せで
大変美味しくいただきましたかわいい

   レストラン鰯のつみれ 香り箱あんかけ
スギヨ06 P1290040 つみれ.jpg

猫鰯の食感がいきたふんわりの「つみれ」に、
「香り箱」の風味がいきたあんが絡んで、
汁まで飲み干せる美味しい一品でした。
ごちそう様でしたかわいい

位置情報笠原シェフへの質問タイム、
「今までで一番美味しかったものは何ですか?」とお尋ねしたところ、
「仕事柄色んな美味しいものに出会っていますが、
意外にも一番美味しいものは、きちんと研いで炊いた
白いご飯だったりするんですよね!」と、
とても素敵なお返事が返ってきました。

「スギヨ」のカニカマ尽くしのひととき、歴史や製法を知り、
「カニカマ」の魅力再発見の充実したイベントでした。
美味しいお料理、ぜひ再現させていただこうと思います。
ありがとうございましたハートたち(複数ハート)

手軽で美味しいカニカマで、料理のレパートリーが増えますようにるんるん
posted by つる at 15:55| Comment(0) | 【仕事】


 当ブログに掲載されている文章やレシピ、画像などの無断転載、転用を禁止します。
      Copyright(c) Tsurusaki Hiromi All Rights Reserved.


最近の記事
(10/16)巻き巻き・武者修行♪
(10/05)【飾り巻き教室レポ】9月B〜中秋の名月と基本レッスン♪
(09/30)【ご案内】2017年10月の「飾り巻き寿司」は、ハロウイン、他
(09/28)【料理教室レポ】2017.8月 夏野菜でスパイシーな食卓♪
(09/14)【飾り巻き教室レポ】9月A〜十五夜〜♪
(09/13)【飾り巻き教室レポ】8月D・9月@〜初めてレッスン〜♪
(09/11)【グルメ】17周年特別コース@神楽坂アルベラータ
(09/04)【飾り巻き教室レポ】8月C〜夏休み親子教室〜♪
(09/03)【ご案内】2017年9月飾り巻き寿司 & 料理教室
(08/29)【飾り巻き教室レポ】8月B〜リクエスト体験
(08/27)【料理教室レポ】2017.7月 東南アジアフェスティバル〜♪ &「ビオレU キッチンハンドジェルソープ」体験レポ〜♪
(08/25)【料理教室レポ】2017.6月 初夏のきゅうり尽くし献立〜♪
(08/21)【ご案内】2017年8月飾り巻き寿司  
(08/20)【飾り巻き教室レポ】8月A〜くまとビール
(08/20)【飾り巻き教室レポ】8月@〜パンダとひまわり
(08/04)【お知らせ】読売新聞栃木版に掲載♪
(07/19)【イベントレポ】「タカラ料理のための清酒」セミナー@「ラボンヌターブル」
(07/09)【飾り巻き教室レポ】6月末〜7月初は、季節&3級認定
(06/28)【料理教室レポ】2017.5〜6月[その2]、和モダンな元気ごはん〜♪
(06/27)2016年料理教室レポ、まとめ