2011年09月19日

ベジシャス9号「なす」特集

今日は、「ベジシャス第9号」のご紹介です。
今月発表された、alic「農畜産業振興機構」のコンテンツ「ベジシャス」では、
「ナス」がテーマ、私はレシピを担当させていただいています。

位置情報毎回のお楽しみ「産地潜入ルポ」は、シニア野菜ソムリエのYさんが、
日本一のナス生産地「新潟市」を訪れ、十全ナスの元気な生産者さんに
お話を伺っていらっしゃいます。
脱サラながら、高収量で注目を集める理由や、栽培のポイント、また、
新潟は日本一のナス消費地でもあるという、興味深いお話もあり必見です。

alic01 IMG_2434.jpg

レストラン私は、「ナス」のレシピを担当させて頂きました。
簡単で、ナスがたくさん食べられる、ナスが主役のお料理です。
ナスを「生」で頂く、サラダ仕立てのブルスケッタ(オープンサンド)や、
ナスの「皮」を使ったアイデア料理もご紹介しています。
写真が盛りだくさん、Yさんの取材レポートもありますので、
こちらもぜひご覧下さい。
 >「ベジシャス第9号」は、こちら
 >PDFファイルが見られない方は、こちらからご覧下さい。
 >「alic(農畜産業振興機構)」のホームページは、こちらです。 

ひらめき野菜ソムリエの旬ナビゲーション「ベジシャス」は、野菜の消費拡大を
めざして、旬の野菜に隠された魅力やレシピを紹介する ネットコンテンツ。 
野菜需給部の、シニア野菜ソムリエYさんが、毎月、テーマ野菜の産地に
潜入ルポをし、野菜料理の専門家がレシピを担当します。
 >関連記事はこちらです。
 >「『alic「ベジシャス」創刊』
 >「alic『ベジシャス』第2号」 
 >「栃木トマト@ベジシャス」 
 >「福島キュウリ@ベジシャスF
 >「alic野菜料理の取材」  


美味しくてヘルシーなナス料理で、夏の疲れが癒されますようにるんるん
posted by つる at 21:30| Comment(0) | 【コラム】野菜と果物

2011年09月12日

カボッコリーがマイブーム

Q.「カボッコリー」という野菜をご存知でしょうか?
名前を聞くと、「カボチャ」と「ブロッコリー」のかけ合わせ?とか、
「カボチャ」のような「ブロッコリー」? なんて考えそうですよね。

A.答えはこちら。
カボッコリー02 P1200515.jpg

色といい形と言い、まさしく「カボチャ」?! 
大きさは「坊ちゃんカボチャ」程度。 

ひらめき「カボッコリー」は生で、皮も実もタネまで食べられる「カボチャ」です
実は、ブロッコリーとは全くの無縁。
カリッコリッという食感がとても珍しく、他に例えようがありません。
味は、ほんのり甘く癖がないのが特徴。とても美味しい野菜です。
キュウリのように、サラダや和え物、漬物にも使えます。
犬そうそう、名前の由来ですが、コリッコリッの「カボチャ」だから
「カボッコリー」と名付けられたそうですあせあせ(飛び散る汗)

カボッコリー01 P1200537.jpg

かわいい先日、オイシックスさんのタイアップ説明会で試食に出され、
美味しくて感激した野菜です。
お話を伺うと、大分や北海道にある オイシックスの契約農家さんで
作られているということで、品種は明かされませんでした。
私は一般に販売されているところを見たことがなく、非常に貴重な野菜。
生食できるものには、「コリンキー」という「カボチャ」もありますが、
外見が普通のカボチャで、皮まで食べられるところが何とも面白い!

ぜひこの「カボッコリー」を受講生の皆さまに食べてもらいたい!と、
9月の料理教室ではメニューに加えることにしました。
他の珍しい野菜なども加え、試作に忙しい、美味しい日々です。
カボッコリー04 P1200583.jpg

皆さまも機会がございましたら、ぜひ味わってみてくださいね。

このところ、試作に加え、企画&書類作成、スクールの課題と追い込まれ、
なかなかブログの更新や公開がままなりませんが、楽しい情報を
お届けできるよう頑張りたいと思いますので、よろしくお願いします猫

美味しくて栄養いっぱいの野菜で、猛暑と多忙を乗り切れますようにるんるん
posted by つる at 22:31| Comment(0) | 【コラム】野菜と果物

2011年08月23日

「摘果みかん」プチグリーン

先日、Oisixさんに伺った際、ウエルカムドリンクをご用意下さっていた
「プチグリーン・ジュース」ぴかぴか(新しい) もちろんノンアルコールですわーい(嬉しい顔)

プチグリーン P1190836.jpg

バーとても美味しかったので、ご紹介したいと思います。
プチグリーン」とは、熊本産の摘果みかん。
それを絞って炭酸で割っただけ、ということでしたが、
爽やかな酸味と、シュワッシュワッの炭酸が、
熱い体にピッタリ、すっきり美味しいジュースでした。

位置情報こちらの写真は、Oisixさんのセミナー資料から。
プチグリーン P1200099-2.jpg

ひらめき摘果」というのは、これから収穫するみかんを大きく甘くするために、
まだ青い時期に不要な実を取り、適当な量に調整する作業のことです。
その「摘果みかん」は、まだ酸が残っているため、レモンやユズのように
焼き魚にかけたり、料理に使ったり、カクテルに入れたりと色々に楽しめます。

「摘果みかん」には、ビタミンCやクエン酸が豊富に含まれています。
これらが風邪の予防や疲労回復に効果を発揮したり、またビタミンCは
コラーゲンの生成にも関与するするので、美肌効果もあります。
そして爽やかな香りや酸みが食欲増進につながり、
また料理にふりかけることで塩味が減らせ、減塩効果につながります。


猫果物になる前の不要な実でも、捨てるのはもったいない。
それを大切にして、美味しく味合わせて頂けるのは素敵なことですね!
私も料理やカクテルに使ってみたくなりました
Oisixさんでは、「プチグリーン」のお徳用を販売されているそうです。
「摘果みかん」は、各地のみかん産地でも見られるようです。
皆さまも出合ったらぜひ味わってみてくださいね!
摘果柑橘の恵みで、シュワッと元気に過しせますようにるんるん
posted by つる at 22:01| Comment(0) | 【コラム】野菜と果物

2011年08月10日

福島キュウリ@ベジシャスF

先日予告をしておりました、「ベジシャス第7号」のご紹介です。
alic「農畜産業振興機構」のコンテンツ「ベジシャス」第7号では、
震災復興特集第2弾として、「福島県」が取り上げられました。
テーマは、今が旬の「キュウリ」、
産地潜入ルポは、「福島県須賀川市」、
私は、「キュウリ」のレシピを担当させて頂きました。

ひらめき福島県須賀川市は、「夏秋キュウリ」日本一の町。
実は、須賀川市は、私にとって特別な町です。
数年前に須賀川市の皆さまと共に、「キュウリ」を使った新名物料理
須賀川かっぱ麺」を開発したのです。 
「須賀川かっぱ麺」は、現在も市内の飲食店やサービスエリアなどで
提供されていますが、お休みされているところもあるそうです。
須賀川市は、今回の大地震で大きな被害を受け、復興を目指しています。
「夏秋キュウリ」の大産地として、また「須賀川かっぱ麺」の郷として、
町の皆さまに、これからもがんばってほしいと心から願っています。
皆さまも機会がございましたら、現地で味わって頂けましたら幸いです。


レストランところで、今回私が、「ベジシャス第7号」でご提案した「キュウリ料理」は、
鶏ときゅうりのピリ辛丼】ですぴかぴか(新しい)
キュウリ料理 P1180437.jpg
「キュウリ」をたっぷり食べられ、ご飯が進むおかずです。
夏はサラダやソーメンなどさっぱりした料理に偏りがちですが、
手早くできる ピリ辛味の炒め物で、ご飯もモリモリ、
元気にエネルギーチャージしたいものですよね。
ぜひ、「ベジシャス7号」をご覧の上、作ってみてくださいね!
 >「ベジシャス第7号」は、こちら
 >「alic(農畜産業振興機構)」のホームページは、こちらです。 

位置情報野菜ソムリエの旬ナビゲーション「ベジシャス」は、野菜の消費拡大を
めざして、旬の野菜に隠された魅力やレシピを紹介する ネットコンテンツ。 
シニア野菜ソムリエYさんが、毎月、テーマ野菜の産地に潜入ルポをし、
野菜料理の専門家がレシピを担当します。
「ベジシャス」では、6号から東日本大震災からの復興支援特集が始まり、
被災地で頑張っていらっしゃる生産者さんの姿がご紹介されました。
 >詳しくは、こちら『alic「ベジシャス」創刊』 や、
 >alic「ベジシャス」第2号、 
 >栃木トマト@ベジシャス をご覧下さい。


9月からは、また、各野菜の産地で活躍される元気な生産者さんを
レポートされるそうです。 そちらもお楽しみに!

被災地の復興を願い、生産者の方に感謝しながら、
野菜を美味しく頂けますようにるんるん
posted by つる at 22:53| Comment(0) | 【コラム】野菜と果物

2011年07月27日

トウモロコシのひげ考

最近憤慨していることがありますあせあせ(飛び散る汗)

料理教室の試作や準備で、このところ随分「トウモロコシ」を買っています。
ひらめきトウモロコシと言えば、薄緑色の皮に、ふさふさとしたヒゲがトレードマーク。
ご存じの方も多いと思いますが、トウモロコシは、実の1粒1粒が、
このヒゲとつながっていますから、ヒゲがふさふさしているほど粒が多い。
そして、ヒゲの茶色が濃いものほど、よく熟しています。
言わば、ヒゲが、良品の目利きと言えます。
(その他、皮の色つや、先の部分のしまり方なども、良品を見分ける目安。)


ところが、最近、そのヒゲをご親切にカットして売られている店が多いのですもうやだ〜(悲しい顔)

コーン P1190213.jpg
     (奥がヒゲつき、手前はカットされています。)

あるべきヒゲが、実の上部で、ザクッとカットされて、痛々しいのです。
最初は、一軒だけかと思っていましたが、近所にそういう店が多く、
割と評判の良い店でその傾向があるような気がし、疑問に思い、
お店の方に、お尋ねしてみました。

位置情報あるお店では、入荷の時から、既にカットされてくるというお話。
「JAさんの方針らしい」という答えが返ってきました。←ホント?
ただし、カットされていなかったら、お店でカットするそうです。
「ヒゲの目利き」の話をすると、「そう言われているけど、茶色いところが
ベタッとして汚いからねぇ。」というお言葉でしたあせあせ(飛び散る汗)

位置情報違うお店では、なんと、野菜売り場の方が、まさに、売り場で、
ヒゲをカットしているところに遭遇しました。
慌てて声をかけ、ヒゲ付きの物を頂き、カットする理由をお尋ねしました。
ここでも「ヒゲの目利き」の話をすると、「そうなんですがー・・」と。
「ヒゲが漢方で薬にもされること」なども話題にすると、どの話にも
「そうなんです・・」と相槌をうたれながらも、「だけど、お客様が、
カットしているほうを好まれるんですヨ」というお答えでした。
売り場の前のゴミ箱に、ヒゲを取って入れていく方が多いのだそうです。

お客様のニーズに対応した結果が、ヒゲのカットだったという訳ですわーい(嬉しい顔)

コーン02 P1190164.jpg
      (このトウモロコシも。このカットは、かわいそうふらふら

そう納得はしましたが、、思い切って、「一角に、少しだけ、ヒゲ付きコーンも
置いて頂けませんか?」とお願いしたところ、快く「良いですよ!」の一言が。 
さすが〜、お客第一の姿勢でしたかわいい

犬ヒゲのストーリーはたくさんあり、考えるだけで楽しいものです。
確かに、色々なものが付着したり、ベタッとしていたり、あまりきれいでは
ないかもしれませんが、それもまた勉強。 
どうしてそうなったかと考えるきっかけになります。
家ゴミを減らすために、ヒゲが要らなければ、お客さまが自分で取って、
ゴミ箱へ入れれば良いでしょう。
不要な方がいるからと言って、皆がそうとは限りません。
ユーザーニーズを大事にしながらも、野菜本来の姿も大切にして欲しいな、
と思いました。 皆さまはいかが思われますか? 
ふさふさヒゲのトウモロコシに出会えますようにるんるん
posted by つる at 23:04| Comment(2) | 【コラム】野菜と果物


 当ブログに掲載されている文章やレシピ、画像などの無断転載、転用を禁止します。
      Copyright(c) Tsurusaki Hiromi All Rights Reserved.


最近の記事
(09/14)【飾り巻き教室レポ】9月A〜十五夜〜♪
(09/13)【飾り巻き教室レポ】8月D・9月@〜初めてレッスン〜♪
(09/11)【グルメ】17周年特別コース@神楽坂アルベラータ
(09/04)【飾り巻き教室レポ】8月C〜夏休み親子教室〜♪
(09/03)【ご案内】2017年9月飾り巻き寿司 & 料理教室
(08/29)【飾り巻き教室レポ】8月B〜リクエスト体験
(08/27)【料理教室レポ】2017.7月 東南アジアフェスティバル〜♪ &「ビオレU キッチンハンドジェルソープ」体験レポ〜♪
(08/25)【料理教室レポ】2017.6月 初夏のきゅうり尽くし献立〜♪
(08/21)【ご案内】2017年8月飾り巻き寿司  
(08/20)【飾り巻き教室レポ】8月A〜くまとビール
(08/20)【飾り巻き教室レポ】8月@〜パンダとひまわり
(08/04)【お知らせ】読売新聞栃木版に掲載♪
(07/19)【イベントレポ】「タカラ料理のための清酒」セミナー@「ラボンヌターブル」
(07/09)【飾り巻き教室レポ】6月末〜7月初は、季節&3級認定
(06/28)【料理教室レポ】2017.5〜6月[その2]、和モダンな元気ごはん〜♪
(06/27)2016年料理教室レポ、まとめ
(06/26)【ご案内】2017年7月料理教室 & 飾り巻き寿司 ご案内
(06/17)【飾り巻き教室レポ】6月カエルとJSIA3級と・・
(06/14)【レシピ開発】「ベジシャス」71号は、キャベツ特集♪
(06/06)【飾り巻き教室レポ】5月末〜6月初は、認定3級&季節&JSIAアシ