2010年11月04日

品種もころも替え

明日の料理教室のために、食材調達に走りました。
10月のあるクラスに延期が発生したため、今回は2週間に渡り、
同じ食材(野菜・果物)の調達が続きました。
そして、2週間同じ品種を維持する難しさを痛感しました。
2010.11.4 アトリエブログ.jpg

今回のデザートは、「たくさんの果物が集う秋」をイメージし、
5種類以上(品目・品種)の果物を使うと、自分の中で決めていました。
特に品種のこだわりは無かったのですが、調達中に出会った珍しいものや
美味しいものなど、ぜひ受講生の方々に味わってもらいたいと思ったのです。

位置情報例えば「青系ブドウ」は、幸運なことに、果樹研のフルーツセミナーで
出会った 美味しい「シャインマスカット」のお手頃価格版に遭遇ハートたち(複数ハート)
下の写真です。もちろん大きさもランクも随分違いますが、でも超・美味!
10月開催のクラスでは、この品種と「ロザリオビアンコ」や
「マスカットオブアレクサンドリア」などの食べ比べができました。
でもこの時期、「シャインマスカット」はもう姿を消してしまいました。
2010.10.16 シャインマスカット.jpg

位置情報「イチジク」は愛知の「桝井(ますい)ドーフィン」という品種が主流ですが、
10月は、福岡の「とよみつひめ」という新しい品種を発見し、
こちらを食べて頂きました。でもこれも10月まで。残念でした〜。
やや小ぶりの可愛らしいイチジク、甘くて緻密な果肉が特徴的でした。
>料理教室レポートの際にご紹介します。冒頭写真は「桝井ドーフィン」

位置情報今日調達できなかったものはもう1つ。 三徳さん直営農場で生産される、
生食用のアクの少ない栃木県那須の「鶏頂高原のホウレンソウ」 
美味しくてサラダに使っていましたが、これも10月で終わり。
次のお目見えは来年だそう。 こちらも残念〜。
これからは露地ものホウレンソウの美味しい季節に突入するという訳ですね。

犬私の料理教室の 普段のクラスでは、なるべく ご参加の皆さまが、
身近なお店で手軽に揃えられる食材を調達するようにしています。
それは、多くの方に野菜や果物をたくさん食べるようになってほしいからです。
毎回特別なお取り寄せ食材では、現実みがありませんよね。

11月に入り、晴天の日も増えてきました。
店先からはイチジクが徐々に姿を消し、柿や梨の種類が増え、
本格的なリンゴのシーズンが到来した気配です。

そして品種も衣替え・・、晩秋の恵みもお楽しみ頂けますようにるんるん
posted by つる at 22:38| Comment(0) | 【コラム】野菜と果物

2010年10月24日

ハロウィンかぼちゃでお勉強

このところ、街はハロウィンのかぼちゃたちで賑わっていますね。
このブログでも、先日ハロウィンについて少しご紹介しました。
 > こちらの記事です。 ハロウィン人形に秋を想う

花屋さんの店先でも、八百屋さんでも、ディスプレイ用に?
「おもちゃかぼちゃ」がたくさん売られています。
中村先生)カボチャブログ.jpg

ひらめき日本で栽培されるかぼちゃは大別すると3種類。
日本かぼちゃ」「西洋かぼちゃ」「ペポかぼちゃ
>日本固有の「日本かぼちゃ」は、ねっとり系で水分が多く煮物向き。
>西洋から導入された「西洋かぼちゃ」は、ホクホクと甘みが多く、現在の主流。
>「おもちゃかぼちゃ」に代表される「ペポかぼちゃ」には、
たくさんの種類があります。なんとおなじみ「ズッキーニ」もその1つ。


位置情報上の写真は、右が「坊ちゃんかぼちゃ」と左が「プッチーニ
手のひらサイズ・お一人様向きの、甘くて美味しい「ペポかぼちゃ」です。

2008.9.27 築地ブログ.jpg

位置情報上の写真は、右が「ペポかぼちゃ」の一種、「ソーメンかぼちゃ(金糸瓜)
果肉が繊維状の変わったかぼちゃ、茹でるとソーメンのようにほどけます。
左は西洋種の「赤皮栗かぼちゃ」珍しいですが、味が良く人気があります。
この色なら、ハロウィンの飾り付けにもぴったりですね。

味でも話題でもカボチャが美味しい時期。
変わったかぼちゃに出会えるチャンスかもしれません。

色々な料理でお楽しみ頂けますようにるんるん
________________________________________________________
【野菜と果物の最新記事】
とれたてピーマンの幸せ
新品種セミナー(4)〜クリ
新品種セミナー(3)〜リンゴ
新品種セミナー(2)〜ブドウA
タグ:野菜

2010年10月05日

とれたてピーマンの幸せ

お向かいさんから、夏の名残のピーマンやシソの実を頂きました。
町田の家庭菜園で作られた野菜たちです。

2010.10

終わりの方なので小さいそうですが、つやがあって、何とも美味しそう!
宮崎生まれのせいか、私はピーマンが大好き! ほんのり苦さがたまりません。
特に最近は「生食」が好きで、大袋を購入しては、サラダや和え物はもちろん、
カレーや麺のトッピングなど 色々に モリモリ食べています。

せっかくなので、早速、何もつけずにそのまま生で一口頂きました。
食べてびっくり、甘〜い! 特に赤くなったものは、フルーツのようです。
甘さの秘密があるのでは?とご主人にお尋ねしてみると・・

猫Q. 品種はなんですか?
犬A. 昔からある普通のピーマンです。ホームセンターで苗を購入しました。
猫Q. 特別な栽培方法ですか?
犬A. もちろん無農薬ですが、後は、ほったらかしです。
猫   なるほど。 「ほったらかし農法」が、美味しさの秘訣なんですね!

    ※    ※    ※    ※    ※    ※

レストラン大好物の厚揚げがあったので、好物同士、こんな風に食べてみました。 
ジョークではありません。 これは、好きな人しかやらない食べ方ですねあせあせ(飛び散る汗)

2010.10

<作り方>
@表面をパリッと焼いた厚揚げに、千切りピーマンをたっぷり。
A「青唐辛子の酢漬け」を乗せ、醤油をまわしかけて、ゴマをふりかけます。
・・あっという間にペロリ! 厚揚げと生ピーマン、結構いけましたぴかぴか(新しい)


2010.10

位置情報最近、ご近所さんたちとの間では、「物々交換?」が流行っています。
私は、レシピを添えて野菜などを差し上げ、ご近所さんからは、
畑の作物やお取り寄せの果物、ワインなどを頂戴しています。
「美味しさのおすそ分け」ですねかわいい
美味しい食べ方やお酒との相性を教え合ったり、楽しいおつきあいです。

夏の名残を、もう少し、楽しめますようにるんるん
________________________________________
   > このテーマのピックアップ記事です。
       (下線をクリックして頂くと、該当記事が見られます。)
   > 2010年09月14日 「種子島」みやげに・・
   > 2009年12月19日 『ベジフルビューティー・・
   > 2009年08月20日 苦々野菜 ゴーヤ考 その2     

2010年10月04日

新品種セミナー(4)〜クリ

農研機構果樹研究所」主催の「第6回 くだもの新品種
プラットフォーム」レポート、最終回はクリです。

位置情報 「果樹研」期待の、「ぽろたん」ですぴかぴか(新しい)
2010.9.17
           (2007年品種登録)

1粒25〜30g程度。 肉質は粉質でホクホクし、
甘みと香りが多く、食味が優れている栗です。
何とも可愛らしい「ぽろたん」の名前の由来は、皮がポロっとむけることから。
加熱前に傷を入れて加熱すると(180度15分位)、渋皮がむけるそうです。

2010.9.17

ところが、試食した栗は、実はあまり剥きやすくなく、
他の参加者からも「剥きづらかった」という指摘があったり、一方で
「自分のは剥きやすかった」と言う方も。 個体差があるのでしょうか。
それとももっと時間をかけて焼いた方が良かったのでしょうか。
本当はもっと美味しく、もっと剥きやすいのでしょう。

犬果樹研の方は「今後、試食時の調理法も研究したい」と仰っていました。
せっかくのPRの機会、ちょっともったいなかったかもしれません。
慣れない場で、調理が必要な試食準備は、特に大変ですよね! 

2010.9.17   2010.9.17

位置情報日本栗は、とても美味しいのですが、剥きにくさが課題の1つ。
その解消を目標とする「ぽろたん」に、今後の栗の未来を期待していますハートたち(複数ハート)

    ※    ※    ※    ※    ※    ※

ひらめき最近の新品種育成にあたっては、消費者のニーズに応えるべく、
「美味しさ」「食べやすさ」「バラエティ」がテーマとなっているそうです。
・ブドウにおいては、甘さに加え、種が無く、大きくて、皮がむきやすい
 転じて、かみ切りやすさ=皮ごと食べられる、ということにつながります。
・リンゴは香りや食味の良さ。
・栗は、食味に加えて、剥きやすさが求められているわけですね。


育種には気の遠くなるような長い年月がかかり、登録された新品種が
市場に出回るようになるには、更に数年かかります。 
大事に育成された品種が、無事に市場流通できるよう、願っています猫
皆さまも新しい品種に出会ったら、ぜひ味わってみてくださいね。

 > 「農研機構果樹研究所」のホームページは、こちらです。

育種に携わる方々の努力が 報われますようにるんるん
________________________________________
   > このテーマのピックアップ記事です。
       (下線をクリックして頂くと、該当記事が見られます。)
   > 2009年09月09日 ユズと山椒の共通項は?
   > 2010年01月20日 【野菜大好き!】掲載中   
   > 2010年01月22日 朝フルーツのおすすめ        

2010年10月03日

新品種セミナー(3)〜リンゴ

先日行われた「農研機構果樹研究所」主催の「第6回 くだもの新品種
プラットフォーム」、今日は「リンゴ」のレポートです。

リンゴは、次の2品種でした。
位置情報 まずは、山形の「ファーストレディ」 
2010.9.17
  (山形県農業総合研究センターが育成、2009年品種登録。)

「さんさ」×「つがる」
着色の良い、早生(わせ、8月下旬から収穫できる)の品種です。
皮は濃い紅色で、やや大玉。
果肉は硬くてパリパリと歯ざわりが良い食感。
甘み・酸味とも多く、味が濃厚で、早生の中では食味が優れているそう。

この「早生の中では・・」というのがポイントで、参加者の中には、
「早生としてはそこそこ美味しいが、中生(なかて、この後に収穫される)、
晩生に美味しいものが多いので、あまり期待していない」とのご意見もあせあせ(飛び散る汗)
でも、私は、爽やかで美味しいと感じましたかわいい 
まだ暑さの残る晩夏向きの、さっぱりとした味ではないかと思います。

    ※    ※    ※    ※    ※    ※

位置情報 こちらは、長野の「シナノピッコロ
2010.9.17
  (長野県果樹試験場で育成、2006年品種登録)

「ゴールデンデリシャス」×「あかね」
鮮やかな赤色で、甘さと酸味のバランスが良く、芳香のある小玉リンゴ。
1人で食べきれるサイズ。 丸かじりしても、皮が気にならないそうです。

2010.9.17

手と比べるとこんな感じ。 ちっちゃ〜い! 
真っ赤で小さく可愛らしい!という印象でした。 
「小玉は市場流通が難しいので、学校給食やコンビニ販売していきたい」そう。
給食に出たら、子供たちが喜びそうですねハートたち(複数ハート)

    ※    ※    ※    ※    ※    ※

世界中で愛されるリンゴ。 
これから秋が深まるにつれ、続々と色んなリンゴが登場してきますね。
その品種のラインナップに、今回出会ったリンゴが並ぶのが楽しみです。

リンゴの香りに包まれますようにるんるん
________________________________________
   > このテーマのピックアップ記事です。
       (下線をクリックして頂くと、該当記事が見られます。)
   > 2010年07月19日 果樹研リンクと果物の話
   > 2010年06月22日 サブトロピカルフルーツ   
   > 2010年02月08日 これは何でしょう?   
  

2010年09月30日

新品種セミナー(2)〜ブドウA

昨日に引き続き、「農研機構果樹研究所」主催の
「第6回 くだもの新品種プラットフォーム」のレポートです。

位置情報 まずは、岡山オリジナル品種の「オーロラブラック」 
2010.9.17
  (岡山県農業研究所が育成、2003年品種登録。)

2010.9.17
 皮ごと食べられる、種無しの
 黒紫色の大粒ブドウです。

 粒が外れにくく、
 肉質がしっかりしていて、 
 日持ちの良いブドウ。

 ほのかな香りで高糖度。
 
 名前が素敵ですね〜! 
 その名の通り、黒さが際立つ
 美しいブドウでした。
 
    ※    ※    ※    ※    ※    ※

位置情報 こちらも岡山から、「瀬戸ジャイアンツ
2010.9.17
  (岡山市瀬戸町の方が育成、平成元年品種登録)

黄緑色の皮ごと食べられる、超・大粒のブドウ。 おっき〜い!
2010.9.17

縦に3筋のくびれがある形が特徴的で、何とも可愛らしいブドウです。
高糖度で酸が少なく、さっぱりした食感でした。
瀬戸のジャイアン、気に入ってしまいましたハートたち(複数ハート)

    ※    ※    ※    ※    ※    ※
  
位置情報 最後は、山梨生まれの「サニードルチェ
2010.9.17

昨年12月に品種登録されたばかりのブドウ。
皮は鮮やかな紅色で、長楕円形の大粒。
青リンゴの香りで、皮がかみ切りやすく、爽やかな味わいでした。
 
    ※    ※    ※    ※    ※    ※

ひらめき一房の値段をお尋ねすると、まだ市場に出回っていないものが多く、
生産者も少ないため、全体的に高め、販売店などによりマチマチだそう。
具体的にお聞きすると、7〜8000円から、デパートなら15000円というものもがく〜(落胆した顔)
ちょっと買えません〜〜もうやだ〜(悲しい顔)
値段を知り、、思わず、、再び、、試食してしまいましたわーい(嬉しい顔)

猫私は、ブドウ好きですが、本当にどれも格別に美味しかったです。
賛否両論有ると思いますが、好みを追求し、大切に育種された日本のブドウは、
日本が海外に誇れる果物の1つではないかな?と思いました。 

 > リンゴ、栗、育種の現状につきましては、次回へ続きます。

育種に携わる方々に感謝しながら、秋の味覚を頂戴したいと思います。
美味しい品種がはぐくまれますようにるんるん
________________________________________
   > このテーマの最新記事は、こちらです。
       (下線をクリックして頂くと、該当記事が見られます。)
   > 2010年09月29日 新品種セミナー(1)〜ブドウ@
   > 2010年09月18日 くだもの新品種セミナー
   > 2010年09月14日 「種子島」みやげに・・   
  

2010年09月29日

新品種セミナー(1)〜ブドウ@

遅くなってしまいましたが、今日は、「農研機構果樹研究所」主催の
「第6回 くだもの新品種プラットフォーム」のレポートをお届けします。
今回のテーマは、「丸ごと!くだものを楽しもう」〜《ブドウ、リンゴ、栗》

紹介されたブドウの新品種は、次の6つです。

位置情報 まずは、期待の新星「シャインマスカット
2010.9.17
        (果樹研育成、2006年3月に品種登録)

皮が黄緑色で大粒、非常に甘くて酸味が少なく、種無しにできる品種です。
皮は比較的柔らかく実は硬くてかみ切りやすいため、皮ごと食べられます。
香りと甘さを楽しめる、文句なしに美味しいブドウという印象でしたぴかぴか(新しい)
2010.9.17

果樹研の他、山形県、山梨県、長野県、岡山県、島根県からも出品。
各県とも将来の主力と位置づけ、美味しさを競っていました。
こちらは、山梨県のブドウ勢ぞろい。 気合の入った「のぼり」ですねわーい(嬉しい顔) 
2010.9.17

    ※    ※    ※    ※    ※    ※

位置情報 次は、果樹研育成の「オリエンタルスター
2010.9.17
        (2007年3月品種登録)

皮は赤紫色で大粒、甘みが多く酸味が少なく、種無しにできる品種。
2010.9.17

こちらも、硬くてかみ切りやすく皮ごと食べられる品種。
山梨県で栽培が始まっていますが、拡大はまだこれからという品種。
先のとがった外観が美しい、甘いブドウでした。

    ※    ※    ※    ※    ※    ※

位置情報 次は、長野県限定栽培品種、巨峰系の「ナガノパープル
2010.9.17
   (長野県果樹試験場で育成、2004年6月品種登録)

皮ごと食べられる、種無しの黒紫色の大粒ブドウ。
巨峰やピオーネに似ていますが、歯切れの良い肉質に特徴があります。
黒系ブドウを好きな方には、たまらない美味しさだと思います。

犬たくさんの写真をご覧頂きたいので、残りはまた明日。
ほとんどのブドウは、産地の方に持って頂きましたので、どの程度大きいか、
手の大きさと比較してみてくださいね!

このセミナーの趣旨につきましては、こちらをご覧下さい。

美味しいブドウにめぐり合えますようにるんるん
________________________________________
   > このテーマの最新記事は、こちらです。
   > 2010年09月18日 くだもの新品種セミナー
   > 2010年09月14日 「種子島」みやげに・・
   > 2010年07月31日 アンズの話に補足ですあせあせ(飛び散る汗)     
  

2010年09月18日

くだもの新品種セミナー

農研機構果樹研究所」主催の勉強会に参加させて頂きました。
第6回目となるこのセミナーは、優れた 果樹新品種 の普及の加速化と、
くだもの消費の増進を図り、行われるものです。
近年「品種登録」された優れた果樹「新品種」の中から、特に、普及拡大が
期待される「旬の品種」を集め、特性の紹介、試食・評価などが行われます。

2010.9.17

人気のセミナー、参加者は160名余り。
スタッフを合わせると200名以上の人で、会場はにぎわっていました。

位置情報今回のテーマくだものは、ブドウとリンゴ、栗でしたが、中でもブドウは、
6品種とその内幾つかは産地などの食べ比べもあり、素晴らしい内容でした。
写真は、果樹研と5県から出品された、期待の星「シャインマスカットぴかぴか(新しい)

2010.9.17

旬の味覚を満喫した、幸せな勉強会でした。
詳細は、後日レポートいたします。

この秋、初の連休ですね。美味しい秋をお楽しみ頂けますようにるんるん
________________________________________
   > このテーマの最新記事は、こちらです。
   > 2010年09月14日 「種子島」みやげに・・
   > 2010年07月31日 アンズの話に補足ですあせあせ(飛び散る汗)
   > 2010年07月19日 果樹研リンクと果物の話   
  

2010年09月14日

「種子島」みやげに・・

・・「安納芋(あんのういも)」を頂きましたぴかぴか(新しい)

2010.9.15

種子島安納芋」のブランド認証を受けた生産者さんの掘り立てだそうです。
「安納芋」、何度か食べたことがありますが、甘〜くて美味しいんですよね!
食べるのも料理するのも、今から楽しみですハートたち(複数ハート)

位置情報「安納芋」は、さつま芋の一種。 皮は赤褐色で、肉色は淡黄色。
糖度が高いので有名です。
9月ごろから普通掘りの収穫が始まります。一般的には、掘り立てよりも
貯蔵したものの方が甘みが増して美味しいそうです。 
頂いたこの芋も、すぐに食べるよりは、15度程度の風通しの良いところで
しばらく保存した方が良いそうですが、「料理してみて!」とのリクエストも
頂戴し、私も食べたさを我慢できそうにないので、早速頂くつもりですわーい(嬉しい顔)

ひらめきところで、さつま芋の栄養価ですが、ビタミンB1、B6、ビタミンCやE
などに富み、特にさつま芋のビタミンCは加熱しても壊れにくいのが特徴。
また、カリウムや鉄などのミネラル類に、食物繊維も豊富です。
色の濃いさつま芋には、その色素に抗酸化作用が期待されます。


猫私がよくお話しすることの1つに、「さつま芋の美味しい調理法」があります。
石焼いも」はあんなに甘いのに、電子レンジで加熱した「さつま芋」は
あんまり甘くなくてがっかりした!というご経験はございませんか?
さつま芋にはデンプンを甘い糖に変えてくれる酵素が含まれているのですが、
実はこの酵素が働く温度帯が低いので、すぐに高温になる電子レンジよりも、
低温のオーブンや蒸し器でゆっくり加熱する方が、より甘くなるのです。
デザートにする時など、ぜひ試して下さいね!

美味しい秋に出会えますようにるんるん
________________________________________
   > このテーマの最新記事は、こちらです。
   > 2010年07月31日 アンズの話に補足ですあせあせ(飛び散る汗)
   > 2010年07月19日 果樹研リンクと果物の話
   > 2010年06月22日 サブトロピカルフルーツ   
  

2010年07月31日

アンズの話に補足ですあせあせ(飛び散る汗)

大変遅くなってしまいました。 
アンズセミナー報告に、少し補足をさせて頂きます。
 > 関連記事は、こちらです。    > アンズセミナー@果樹研 
 > アンズセミナー報告(1)      > アンズセミナー報告(2)      


位置情報まずは、産地の話から。
日本の代表的なアンズの産地と言えば、「長野県」と「青森県」です。
生産量では「青森県」が1位、ウメの代替品としての用途が多いそうです。
栽培面積1位は「長野県」です。 長野の半分を占める「JAちくま」は、
加工用の主要6品種を育成し、15年程前から生食用も研究されているそうです。
一面に花が咲きほこるアンズ畑は、さぞ美しく甘い香りなのでしょうハートたち(複数ハート)

2010.6.29
写真は、展示品種の中から、とってもアンズらしいと思った「山形3号」

位置情報セミナーで試食に出された、生食品種「サニーコット」「ニコニコット」は、
病気に強く豊産性の「日本のアンズ」と、酸味の少ない海外の「導入品種」を
掛け合わせ、甘みが多く酸味が少ない、病気に強いという特長を持った品種
として育成されました。 
また収量面では、「自家結実性(=その木だけで実ができる)」のため、
1本の木からとれる実の量が多いのも特長です。
食味も外観も良く、収量も多い「期待の星」というわけですぴかぴか(新しい)

クリスマスしかし、アンズが生食果物として認知されるには、まだ問題点があります。
その1つは、アンズは、「収穫適期」が短いことが挙げられます。
「未熟」だと酸が多く、「過熟」だと柔らかく食感が悪いのです。
その上「日持ちの悪さ」も課題。 
保存中にすぐにやわらかくなるため、長期保存がきかないのです。
例えば、置いているうちに軟らかくなって食べごろを迎えるメロンや、
ある程度冷蔵保存されることで酸が抜けて美味しくなるかんきつ類と比べると
流通の難しさが、ご想像頂けるかと思います犬

そういう性質もあり、生の美味しいアンズを食べたことのある人が多くない、
というのも消費に向けての問題点だそうです。
まずは生のアンズを知ってもらうこと、そして、アンズでなくては!という
意識を持ってもらえることが、生食アンズの地位確立に必要です。
せっかく育種した貴重な品種を消えさせないためには、
流通、消費現場での工夫が、必要なのだと感じました。

育種の道は、長くて大変です。 
そして、その根気強い研究のお陰で、美味しい果物に出会えるのですねかわいい

猫このようなセミナーに参加すると、知ることが多く、とても勉強になります。
育種の専門家のお話や、流通・販売当事者の方々のご意見を伺う機会は、
なかなかありません。 貴重な機会を与えて頂き、感謝いたします。
セミナーを主催される「果樹研究所」のホームページは、こちらです。

いつの日か、美味しいフレッシュなアンズを、
         気軽にたくさん食べられる日が来ますようにるんるん

   > このテーマの最新記事は、こちらです。
   > 2010年07月19日 果樹研リンクと果物の話
   > 2010年07月12日 アンズセミナー報告(2)
   > 2010年07月11日 アンズセミナー報告(1)      
  


 当ブログに掲載されている文章やレシピ、画像などの無断転載、転用を禁止します。
      Copyright(c) Tsurusaki Hiromi All Rights Reserved.


最近の記事
(05/26)NEW【ご案内】2017年6月の公募レッスン
(05/25)今日は何の日「マンゴーの日」
(05/23)急性・花粉症? 
(05/12)≪更新≫【ご案内】2017年5月の公募レッスン(5/19、6/1は季節の飾り巻き、5/31PMは3級認定講座、に確定(選択枠))
(05/12)【飾り巻き教室レポ】2017.4 「鯉のぼり」と「チューリップ」♪
(05/11)【料理教室レポ】2017.4月は、イタリアンのごちそう♪
(05/10)【料理教室レポ】2017.3月[その2]は、タケノコ♪
(05/09)2017年4月のお仕事、近況報告♪
(04/29)【飾り巻き】子供の日のごちそう
(04/22)【ご案内】初夏の飾り巻き寿司レッスン〜鯉のぼり♪ ≪募集終了≫
(04/13)【料理教室レポ】2017.3月[その1]は、春のインドパーティ♪
(04/11)【お知らせ】ホームページをプチ・リニューアルしました!
(04/10)【飾り巻き寿司】3月の自主トレは、桃と桜のひな祭り♪
(04/02)【料理教室レポ】2017.2月は、ニラ尽くし〜[その2]は、つる流 韓国薬膳♪
(04/01)【料理教室レポ】2017.2月は、ニラ尽くし〜[その1]は、イタリアン♪
(03/30)2017年3月のお仕事、近況報告です。
(02/23)【飾り巻き寿司】2月の自主トレ。いろいろ巻いてみました♪
(02/20)【料理教室レポ】2017年1月は、玉ネギたっぷり、 ダイエット新年会♪
(02/03)【飾り巻き寿司】恵方巻き放題に行ってきました♪
(01/31)1月LASTは、寿司まみれの日々!