2011年02月09日

イチゴの香りに包まれる

晴れ栃木県の「JAおやま」さんから、「とちおとめ」イチゴをお送り頂きました。
2011.2.7 イチゴブログ P1160183.jpg

先日の栃木の圃場視察が、収穫後のタイミングであったため、
試食がなかったことを気にかけて下さったのでした。
素晴らしい香り! 上品な甘さ! 本当に美味しいです!!
どうもありがとうございましたハートたち(複数ハート)

ここで問題です。
Q.イチゴに一番多い栄養素は何でしょう? 

ひらめき答えの前に、まずは、いちごのウンチクです。
イチゴは、「バラ科」の植物です。
果物」として食べられていますが、実は畑で栽培される「野菜
こういう植物を「果実的野菜」と言い、スイカやメロンも同じです。

イチゴの「」は、冬と思われていますが、本来は5〜6月。
秋に植えたイチゴを寒さにあてることで花芽が形成され、
その後気温の上昇と共に開花を始め実を結ぶというわけです。
日本ではクリスマス・ケーキに「イチゴ」を飾るのが定番ですから、
栽培イチゴは、夏の間低温に当てるなどして時期を調整しているのです。
(高温下でも花芽が付く「四季なりいちご」も注目されています。)


イチゴの栽培は、ほとんどが無農薬栽培です。
それを知ってから私はいつも洗わずに食べていますが、
土ぼこりや流通経路での汚れが気になる方は、さっと洗うか、
濡れティッシュで拭いてくださいね。

では、回答です。
A.イチゴに一番多い栄養素は、ビタミンCです。
大人が一日に必要なビタミンCの量を、中粒のイチゴなら8粒程度で
とることができます。ビタミンCの効能はよく知られていますが、
特にウイルスに対する抵抗力など免疫力を高め、抗酸化作用が高く、
コラーゲン生成にも役立ちますので、積極的にとりたい栄養素です。


ただし、ビタミンCは水溶性で水に流れやすいので、
ヘタを取らずに洗うようにしましょう。
そして、先端が一番甘いので、食べる時は、肩(ヘタの方)から食べて
最後に先端を食べると、よりイチゴの甘さが楽しめますヨわーい(嬉しい顔)

>イチゴ栽培のより詳しいお話は、また、まとめて掲載させて頂きます。
>栃木野菜サポーターとしての活動は、こちらに掲載しています。

美味しいイチゴをたくさん食べて、ウイルス撃退といきますようにるんるん
posted by つる at 19:57| Comment(0) | 【コラム】野菜と果物

2011年02月07日

alic「ベジシャス」第2号

alic(農畜産業振興機構)のサイトで、ベジシャス」第2号が掲載されましたぴかぴか(新しい)
私の簡単レシピや、料理の模様も掲載されています。

ひらめき料理の取材を受けて、先月、このブログでもご紹介しましたが、
ベジシャス」は、野菜需給協議会により1月に開始された新コンテンツ。
野菜の消費拡大をめざして、旬の野菜に隠された魅力を
産地レポートやレシピと共に紹介するものです。


位置情報第2号は、今が旬の「ホウレンソウ」特集。
alic野菜需給部に所属する、シニア野菜ソムリエ‘Y'さんによる
「埼玉産直センター」への産地ルポや、今月のレシピ:
「熱々、とろ〜り!ポパイ・グラタン」や裏話などが見られます。
紙面には、‘Y'さんの他、レシピ・コーナーで私も登場しています。
レシピは一人分、簡単にできるお料理です。
‘Y'さんの疑問に答えながら、美味しく作るコツも満載です。
充実した内容ですので、ぜひご覧くださいね!

 > 「ベジシャス」第2号は、こちら をクリックして下さい。

2011.1.12 ベジシャス03ブログ P1150652.jpg

 > 前回ご紹介した記事は、こちら です。
 > alic(農畜産業振興機構)のホームページは、こちら です。

「ベジシャス」という言葉には、「野菜(vegetable)を知って 
美味しく(Delicious)食べよう」という意味がこめられているそうです。

ベジシャスを読んで野菜を知り、美味しく食べて頂けますようにるんるん
タグ:レシピ 野菜
posted by つる at 20:44| Comment(0) | 【コラム】野菜と果物

2011年02月04日

Q.この野菜はどこから?

今日、たくさんの野菜が届きました。
巨大なものもあり色とりどり、箱をあけてしばし見とれてしまいましたわーい(嬉しい顔)

2011.2.4 種子島食材02ブログ P1160121.jpg

位置情報変わったものが、色々あります。
巨大なひょうたん型の物体や、大きな紫色のもの、芋もたくさん。
ジャガイモは2種類、さつま芋は4種類です。
不思議な形の野菜の中には、塩味のものもいくつか!

犬どこから届いたのか、ぜひ、ご推察下さい!

ひらめき大ヒントは、、、写真右中ほどにある「安納芋」です。

かわいいこれで分かった方は、野菜ソムリエ級・・? 

答えは、明日、掲載しますねわーい(嬉しい顔)

美しい野菜をお楽しみいただけますようにるんるん
タグ:野菜 果物
posted by つる at 20:17| Comment(0) | 【コラム】野菜と果物

2011年01月15日

植物工場セミナー@・・

先日、「ベジシャス」の記事 でご紹介した、「農畜産業振興機構
:alic」さんの、面白そうなセミナーのご案内ですぴかぴか(新しい)
機構内に事務局がある『野菜需給協議会』が開催するイベントです。

かわいい植物工場セミナー
日時: 2月10日(木) 13:30〜15:30
場所: 女子栄養大学 駒込キャンパス
内容: 消費者向け講演&試食会
☆☆: 入場無料、野菜のお土産付き
    セミナー概要と申し込みは、スーパーホルト協議会
    (社団法人施設園芸協会)、こちら から。


ひらめき野菜需給協議会』は、野菜の需給状況の周知、消費拡大の促進
などを進め、過剰となった野菜を有効利用しつつ、需給の速やかな
安定に資する場として平成19年に農林水産省内に設立され、
平成20年より農畜産業振興機構へ事務局が移されたそうです。

犬施設園芸」は、ニュースなどでよく見ていて興味がありましたが、
先日、取材に来て下さったシニア野菜ソムリエの方が
このイベントに関わっていらっしゃるとお聞きし、
色々と勉強してみたくなりました。

ご興味のある方は、ぜひ行かれてはいかがでしょうか?
新たな可能性が見えてくるかもしれませんわーい(嬉しい顔)

未来の野菜に出会えますようにるんるん
posted by つる at 23:35| Comment(0) | 【コラム】野菜と果物

2011年01月12日

alic「ベジシャス」創刊

今日は、「ベジシャス」2月号に掲載予定の、
野菜レシピの取材に、alic野菜需給部の方がいらっしゃいました。
2月が旬の ‘ある' 野菜の、料理についての取材です。

ひらめきベジシャス」とは、「農畜産業振興機構(alic)」が、
野菜の消費拡大をめざして、旬の野菜に隠された魅力やレシピを
紹介する、2011年1月に配信を開始した 新コンテンツです。
旬の野菜に隠された「物語・魅力・不思議」を発掘し、
レシピと共に紹介するというもの。 

ベジシャス」のサブタイトルは、「野菜ソムリエの旬ナビゲーション」、
alic野菜需給部に所属する、シニア野菜ソムリエ‘Y'さんが、
毎月産地に潜入し、様々なレポートを届けてくれるそう。
「ベジシャス」という言葉には、「野菜(vegetable)を知って 
美味しく(Delicious)食べよう」という意味がこめられているそうです。


位置情報創刊号は、「だいこん」特集でした。 
早速拝見させて頂きましたが、教科書的ではない分かりやすい切り口で、
とても楽しめる内容でした。産地潜入ルポやレシピコーナーが充実しています。

写真は、取材に来られたお2人、大変ご熱心でした。
2011.1.12 ベジシャス01ブログ2.jpg

私もお話をさせて頂きながら、市場ニーズを実感することができ、
非常に勉強になりました。 どうもお疲れ様でしたかわいい

今日掲載できる写真は、ここまで、だそうですわーい(嬉しい顔)
取材の模様はレシピと共に、「ベジシャス」2月号に掲載される予定です。
掲載されましたら、また、リンクをご紹介しますので、お楽しみに!

ひらめき「農畜産業振興機構(alic)」のサイトでは、畜産や野菜などに関する
様々な情報が入手できます。 
子供向けの食育から、消費者の安心安全などの疑問解決に、また、
大人が勉強するための教材としても、大変ためになるサイトですかわいい 
無料のメルマガもあります。 ご興味のある方はぜひご覧下さいね。 
 > 「alic」のホームページは、こちら です。
 > 「ベジシャス」創刊号(1月号)は、こちら です。


野菜をたくさん食べて、消費拡大、体も健康といきますようにるんるん
posted by つる at 22:22| Comment(0) | 【コラム】野菜と果物

2011年01月06日

柚子がいっぱい

両手にいっぱいの「柚子(ゆず)」を頂きました。
むせるような柑橘の香り、黄色がまぶしいですぴかぴか(新しい)

2010.1.8 ゆずブログ.jpg

ひらめき柚子には、ビタミンCやビタミンE、食物繊維が非常に多く、
香り成分には、体に良いとされる多くの機能性があります。 
ただ、あまり量を食べないので、健康への関与は多くないとも言えます。


美味しくて香りが良い旬の柚子、できればたくさん食べたいものですねわーい(嬉しい顔)

位置情報柚子の使い道としては、お風呂にうかべる「ゆず湯」のほか、
飲み物入れたり、汁や皮を料理に入れたり、と様々な楽しみ方があります。
私も、頂いた柚子を、柚子茶、柚子ジャム、柚子唐辛子、、、
香りに癒されながら、色々と味わいたいと思います。

枝ごと扱われる方は、トゲが鋭いので、お気をつけ下さいね。

旬の恵みをご満喫頂けますようにるんるん
タグ:果物
posted by つる at 21:39| Comment(0) | 【コラム】野菜と果物

2010年12月16日

「栃木の逸品」料理@笑龍

「マルシェ栃木情報交換会」についてのレポート、最終回です。
今日は、笑龍さんで出された、栃木の逸品を使ったお料理をご紹介します。
 > 第一弾「マルシェ栃木 交流会1」は、こちら   
 > 第二弾「マルシェ栃木の取り組み」は、こちら です。
 > 第三弾「栃木の逸品、そろい組み」は、こちら です。


位置情報 まずは、「栃木県産とちおとめのサラダ」
「とちおとめ」と「にっこり梨」を使った、酸味の効いたサラダ。
松の実も入り、たっぷりの酢とごま油が、体に良さそうでした。
2010.12.7 マルシェ81ブログ.jpg

位置情報 次は、「栗の味比べ 果実酢ソース」
「銀寄栗」を豚肉で巻き、ソースに「利平栗」を使った蒸し物。
ユリのつぼみやナツメが入り、黒酢や蜂蜜、スイートチリまで使った濃厚味。
栗を豚で巻くアイデアが、周りの方に好評、栗のほっこり感が楽しめました。
2010.12.7 マルシェ82ブログ.jpg

位置情報 こちらは、「わさび・自然薯の潤い仕立て」
海老と自然薯を揚げて、生わさび入りの特製チリソースを絡めた一品。
わさびの他、米、麦、自然薯、全て栃木の逸品です。
「わさびの葉」は甘酢漬けに、「コシヒカリ」「はと麦」は揚げて散らされています。
プリプリ海老に美味しいソースが絡み、穀物のはじけた食感が楽しい料理でした。
2010.12.7 マルシェ83ブログ.jpg

位置情報 最後は、「ゴボウの中華風パスタ」
ゴボウとニンジンを細長く切って茹で、パスタに見立てたお料理。
キャベツやシメジ、卵、キクラゲと共に、中華風に合えた一品。
ゴボウの食感を残すため、短時間茹でるのがポイントだそう。
2010.12.7 マルシェ84ブログ.jpg

取り分けると・・、まさしく、パスタ!
2010.12.7 マルシェ85ブログ.jpg

何とも美しいお料理の数々でした。
どれもこれも食材に懲り、味付けや調理方法など丁寧に考えられていました。
笑龍さんは、1970年本格中国料理の店として代官山に誕生したお店。
漢方も取り入れた人気店です。 今回の会場は、恵比寿店でした。

「栃木の逸品」と聞けば、私ならもっとシンプルに味わいたい気もしますが、
生産者さんたちが、「農作物を個人の名前で売る」、その「販路拡大」の為には、
このように工夫を凝らしたお料理に、主役として、また名脇役として、
存在感を持って 使って頂くことが 大切なのかなと感じました猫

美味しい農作物、たくさんの方々に味わって頂けますようにるんるん
タグ:野菜
posted by つる at 21:52| Comment(1) | 【コラム】野菜と果物

2010年12月13日

栃木の逸品、そろい組み

先週の「マルシェ栃木情報交換会」についてのレポート、第3弾です。
 > 第一弾は、こちら   > 第二弾は、こちら です。
参加された生産者さんは4名、熱い想いを語られました。

位置情報とちおとめ」イチゴは、栃木市の「治平商店」さん。
電解水の利用により農薬を最小限に抑え、有機質肥料を含んだ土壌作りで、
病害虫に強く丈夫で高品質のイチゴを育てていらっしゃるそうです。

2010.12.7 マルシェ03ブログ.jpg

位置情報」は、益子町の「大山栗園」さん。
「一丸(ひとまる)」「つくば」「利平」「石づち」「銀よせ」「紫峰(しほう)」など、
10種の栗を栽培されています。油粕や米ぬかなどの醗酵堆肥を使用し、
できるだけ農薬や化学肥料を使わず、土に優しい栽培を行っていらっしゃるそう。
収穫後、0℃〜2℃で1ヶ月ほど低温貯蔵することで糖度を増して出荷されます。

2010.12.7 マルシェ05ブログ.jpg

早生の「ひとまる」と和栗の「利平」を試食させていただきました。
「利平」はほくほくと、あっさりとした甘さ、「ひとまる」はしっとりと甘く、
一言に栗と言っても、こんなにも味わいが違うものかと驚きました。
本当に立派な栗たち。 こちらの写真は「紫峰」、大きいですね〜!

2010.12.7 マルシェ01ブログ.jpg

位置情報わさび」と「葉わさび」は、「鶏頂山わさび」さん。
鮮度が大事な「わさび」はなかなか入手しにくいものですが、
生産者さんの立場としても、販路の拡大が課題とか。
ハピマルシェに参加することで、販路拡大を図られているそう。
消費者にとっても、新鮮なわさびを入手するチャンスでもあります。
わさびはすって納豆や、冷酒や焼酎に入れる「わさび酒」も美味しいとか! 
普段私たちが見るわさびには、ひげ根がありませんが、ここが一番からいそう。
食べてみた〜い! ちなみに私は、ステーキにわさびです。結構いけますよかわいい

2010.12.7 マルシェ04ブログ.jpg

位置情報ごぼう」は、「匠グループ」さん。
兼業農家の若い後継者の方の集まりで、日本農業の未来を考えるグループ。
中でもごぼうはファンが多く、直売だけで日にかなりの数を販売されているそう。
こだわり栽培により、香り豊かで柔らかく、繊維が細かく真っ白なのが特徴です。
泥つきで、サイズ・等級も20等級と細かく選別されています。

位置情報その他、大田原市「古谷農産」さんは、「コシヒカリ」
那須烏山市「大野農園」さんは、にんじんの「あいこ」と「イエロースティック」
那珂市「文ちゃん農園」さんは、「自然薯」
大田原市「石崎農園」さんは「にっこり梨」を当日メニューにご提供されました。

さすがに自慢の逸品ぞろい、どれもこれも大変美味しかったですぴかぴか(新しい)
生産者の皆さま、ありがとうございましたハートたち(複数ハート)

 > 最終回は、笑龍さんのお料理をご紹介します。

美味しい農産物が育まれますようにるんるん
タグ:栃木 野菜 果物
posted by つる at 21:50| Comment(0) | 【コラム】野菜と果物

2010年12月08日

勝手にミッション!青森リンゴ

今年は春先からこれまでの気象異常で、様々な農作物に影響が出ました。
リンゴもその1つ。
先日届けて頂いた「野菜ソムリエ便」のリンゴも、
「紅玉リンゴ」に黒点が多く見られました。
 > 秋の「野菜ソムリエ便」についての記事は、こちら です。
2010.12.7 青森リンゴ02ブログ.jpg

ひらめきこの「紅玉」の特徴でもある「黒点」は、「ジョナサンスポット」とも
呼ばれるもので、食味に影響は無いそうです。


野菜ソムリエ協会では、今回の「野菜ソムリエ便」の発送に当たり、
発送地域・日数などの関係で状態の良いものから送って下さっているため、
比較的 状態の良くなかったりんごの在庫が余ってしまったそうです。
でも、「黒点」や「傷み」があってもそのまま美味しく食べられるものも多いですし、
調理・加工をすることで、更に用途が広がります。
このようなリンゴを、無駄なく有効活用し、青森県や生産者の方々に
フィードバックしたいという、野菜ソムリエ協会の呼びかけに賛同し、
私も何か力になりたいと、参加させて頂くことにしました。

位置情報そんな「訳」で、早速届いたのは、小ぶりで、ちょっと「訳有り」のりんごたちハートたち(複数ハート)
2010.12.7 青森リンゴ01ブログ.jpg

位置情報手前真ん中が、「サンつがる」の良品。比べるとよく分かりますね。
2010.12.7 青森リンゴブログ.jpg

色々試作して、料理教室や、このブログなどでご紹介する予定です。

皆さまも、ちょっと「訳あり」の農作物を見かけたら、訳を聞いてみて下さいね。

美味しいレシピが作れますようにるんるん
posted by つる at 21:47| Comment(0) | 【コラム】野菜と果物

2010年11月08日

喉の予防に「カリン」

最近お天気の日が続きますが晴れ、空気もずいぶん乾燥しているようですね。
空気が乾燥すると、「」の不調を感じる方も多いのではないでしょうか?
私もその一人。
このところ、風邪でもないのに、咳が出て困っていますちっ(怒った顔)
特に講義の前などは、何とか喉を大切にしなければ!と、
大好きな刺激物を少し控えたりもうやだ〜(悲しい顔) のど飴をなめたり、苦労していますふらふら

ところで、のど飴と言えば・・・、「カリン」という果物をご存知でしょうか?

2010.10.7 諏訪1ブログ.jpg

位置情報カリン」は、バラ科ボケ属の植物。 
中国が原産。 
日本での産地は、山梨、奈良、香川など。
果実は、黄色い楕円形で、熟すと芳香を放ちます。
残念ながら、硬くて生食はできませんが、ジャムや果実酒、砂糖漬けに
利用される他、陰干ししたものは咳止めなどに用いられるそうです。

ひらめきカリウムやビタミンACE、食物繊維が豊富です。
渋みものとであるタンニンには、強い抗酸化作用があります。
咳を沈め、たんを取る効果を持つサポニンという成分を含むため、
のど飴の原料とされるのだそうです。


2010.10.7 諏訪カリンブログ.jpg

位置情報そして、「カリン」とよく混同されるのが、「マルメロ」です。
「マルメロ」は、バラ科マルメロ属。
中央アジアのイラン〜トルコ地方原産。 
日本では、長野、北陸、東北地方などが主産地。
果実は、カリンよりも丸みがあり、リンゴ型と洋ナシ型があるそう。
カリン同様、芳香を放ちますが、生食できず、同様に利用されます。

2つは、幼果の時に綿毛が付いていることから区別できるそうです。
春に咲く花の色も、カリンが淡紅色、マルメロが白っぽい点が違います。

犬そして、マルメロの主産地である「長野県諏訪地方」では、
なんと「マルメロ」のことを「カリン」と呼ぶのだそうで、
これでは混同しやすいわけですねあせあせ(飛び散る汗)

猫ところで、冒頭の写真は、上諏訪駅前で車越しに撮った「カリン」の写真。
下の写真は、地元の方に分けて頂いた、手作りの砂糖漬けです。
ゼラニウムを飾っていますが、このまま紅茶に入れたら、喉に良さそうですねかわいい

さて、この「カリン」、「諏訪」だけに、、どちらでしょう? わーい(嬉しい顔)

喉を大切にお過ごし頂けますようにるんるん
タグ:健康 果物
posted by つる at 20:23| Comment(0) | 【コラム】野菜と果物


 当ブログに掲載されている文章やレシピ、画像などの無断転載、転用を禁止します。
      Copyright(c) Tsurusaki Hiromi All Rights Reserved.


最近の記事
(05/26)NEW【ご案内】2017年6月の公募レッスン
(05/25)今日は何の日「マンゴーの日」
(05/23)急性・花粉症? 
(05/12)≪更新≫【ご案内】2017年5月の公募レッスン(5/19、6/1は季節の飾り巻き、5/31PMは3級認定講座、に確定(選択枠))
(05/12)【飾り巻き教室レポ】2017.4 「鯉のぼり」と「チューリップ」♪
(05/11)【料理教室レポ】2017.4月は、イタリアンのごちそう♪
(05/10)【料理教室レポ】2017.3月[その2]は、タケノコ♪
(05/09)2017年4月のお仕事、近況報告♪
(04/29)【飾り巻き】子供の日のごちそう
(04/22)【ご案内】初夏の飾り巻き寿司レッスン〜鯉のぼり♪ ≪募集終了≫
(04/13)【料理教室レポ】2017.3月[その1]は、春のインドパーティ♪
(04/11)【お知らせ】ホームページをプチ・リニューアルしました!
(04/10)【飾り巻き寿司】3月の自主トレは、桃と桜のひな祭り♪
(04/02)【料理教室レポ】2017.2月は、ニラ尽くし〜[その2]は、つる流 韓国薬膳♪
(04/01)【料理教室レポ】2017.2月は、ニラ尽くし〜[その1]は、イタリアン♪
(03/30)2017年3月のお仕事、近況報告です。
(02/23)【飾り巻き寿司】2月の自主トレ。いろいろ巻いてみました♪
(02/20)【料理教室レポ】2017年1月は、玉ネギたっぷり、 ダイエット新年会♪
(02/03)【飾り巻き寿司】恵方巻き放題に行ってきました♪
(01/31)1月LASTは、寿司まみれの日々!