2018年06月25日

宮崎産ライチ♪

今日は珍しい果物のお話です。
P1560623 (380x380)ーp.jpg

         宮崎産ライチ〜ぴかぴか(新しい)

毎年、初夏になると、宮崎自慢のフルーツを送ってくれる妹が
今年はライチを送ってくれましたわーい(嬉しい顔)

リゾート郷里の宮崎では、様々なトロピカルフルーツを作っています。
宮崎と言えば、今やおなじみ「完熟マンゴー」♪
その、「太陽のたまご」は贈答品の代名詞?!
そして、「完熟パパイヤ」はハウスで周年作られています。
その他、「ドラゴンフルーツ」「スターフルーツ」も♪

そして、この新顔、「ライチ
楊貴妃が好んだと言われる中国原産の果物ですが、
宮崎産の知名度がじわじわと上がっていますかわいい

ひらめき宮崎では、平成17年から、ライチの栽培を始めたそうです。
ライチの栽培は大変難しく、宮崎の気候に合う品種や苗を選定し、
試行錯誤を重ね、安定して収穫できるようになるまで
10年もかかっているそうです。

宮崎県産ライチは、糖度が18度と甘いのが特徴。
芳香が強く、味に深みがあります。
ライチというと冷凍物の印象がありましたが、最近では輸入の物も見かけますね。でも、JS宮崎によると、海外産のライチは、輸入の条件で蒸気による熱処理が行われており、本当の生の果実が食べられるのは、(今の時点では)国内産だけだそうです。


宮崎県産ライチの収穫は、5月下旬から7月まで続くそう。
大変希少なライチですが、とびきり贅沢な美味しさ、
機会があったら、ぜひ味わってみてくださいね猫

梅雨時は南国果物で気分爽快といきますようにるんるん
posted by つる at 16:37| Comment(0) | 【コラム】野菜と果物

2017年05月25日

今日は何の日「マンゴーの日」

宮崎県によりますと、今日「5月25日」は、
ぴかぴか(新しい)「GO!マンゴ〜!」 で、
「みやざきマンゴーの日」なんだそうですぴかぴか(新しい) 

P1500833 (380x284)-p.jpg

ひらめき写真は、郷里宮崎の妹が送ってくれたマンゴー。
初めて耳にした「鉢植えマンゴー」という商品で、
宮崎ブランドの「太陽のたまご」より幾分お求めやすいそうです。
鉢植えすることにより水分調整を可能にし、
より甘いマンゴーにされているそう。
通常の宮崎マンゴー同様、樹上で完熟し自然落下したものです。
とろけるように甘く美味しくて、
その上ビタミンCやΒカロテンもたっぷり、
疲れも花粉症も吹き飛びました〜わーい(嬉しい顔)


P1500829 (380x284)-p.jpg

マンゴーは今からが旬です。
国産も海外も色んな種類があって味わいが違います。
特に宮崎マンゴーは少し高いのですが、
上品な甘さで、それはそれは格別なんですヨハートたち(複数ハート)

美味しい旬の果実を楽しんで頂けますようにるんるん
posted by つる at 19:35| Comment(0) | 【コラム】野菜と果物

2016年11月02日

ロマネスコ、もうすぐ旬♪

2か月待ったロマネスコがやっと手に入りましたぴかぴか(新しい)
P1470724 (380x285).jpg

ひらめきカリフラワーの仲間で、サンゴのような独特な形と
ライトグリーンの美しい色、味や食感の良さが人気。
まだ目新しい野菜です。


晴れ仕事でロマネスコのレシピを担当することになり、
取材日は9月、、の予定だったのですが、
ロマネスコ という野菜、そもそも  は  !
9月ではまだ市場に出回っていませんあせあせ(飛び散る汗)
しかも今年の夏は暑かったり雨が多かったり、、、。
近所のスーパーや八百屋さん、デパ地下に、ネットショップまで探して、
産地を確認して頂いても、ほぼ皆無〜もうやだ〜(悲しい顔)

位置情報唯一見つけたのがコチラだったのですが、、 
P1460913 (380x328).jpg

・・うまく生育できていず、いびつな形になっていました。
そもそもロマネスコは栽培が難しいそうで、
日本で生産されている方が少なく、
栽培を始めてもうまくいかないことも多いそうですふらふら

本結局、レシピの掲載月は9月から11月へ延期になり、
それでもまだ今は時期が早いので、担当の方にお願いし、
取材産地の農家さんから購入してきていただいたという訳です。
冒頭写真のロマネスコ、さっそく料理をして、試食したところ、
立派な外見通り、風味が素晴らしく、味も美味しかった〜ハートたち(複数ハート)

レストランレシピの掲載日は11月中旬予定です。
またご紹介いたします!

寒いけど楽しみな冬野菜、美味しくなりますようにるんるん
posted by つる at 17:34| Comment(0) | 【コラム】野菜と果物

2015年12月09日

りんご保存袋

野菜ソムリエ協会の方から、こんな袋を頂きました。
かわい〜い♪
りんご用の鮮度保持袋ですぴかぴか(新しい)
P1420477 (334x380)-p.jpg

位置情報この袋に入れることで、リンゴの呼吸を抑え、
鮮度が長持ちするそうです。

リンゴはそもそも成長を促すエチレンガスの蒸散が多く、
例えば、熟れていないキウイやバナナと一緒に袋に入れておくと
キウイもバナナも早く熟して、甘くなりますわーい(嬉しい顔)

一方、リンゴをそのままで冷蔵庫の野菜室に入れておくと
他の野菜の老化が進み、腐りやすくなってしまうそうがく〜(落胆した顔)

だから、この袋にりんごを入れて、冷蔵庫で保存しましょう、
というわけなんですね、なるほど〜exclamation


位置情報裏はこんな感じ、大玉が4個入ります。
ただ、4個も入れて一緒に保存すると、リンゴ同志のエチレンガスで、
リンゴ自身の成長が早まった気がしました。
少量入れて保存し、早めに食べるのが良いと思います。

P1420478 (323x380)-p.jpg

ひらめきこの袋によりますと、りんごは「皮ごと輪切り」がオススメexclamation&question

猫早速やってみました。
確かに種の近くまで食べられるので、お得な気分ですわーい(嬉しい顔)
その上、リンゴは冷やすことで一層おいしくなるので、
保存袋に入れて、冷蔵庫で冷やして、1cmの輪切りにすると、
フレッシュなまま、無駄なく美味しく頂けるというわけですねハートたち(複数ハート)
リンゴの輪切り、皆さまも一度お試しを♪

栄養もポリフェノールも豊富な旬のりんご、
美味しく召し上がって頂けますようにるんるん
posted by つる at 13:05| Comment(2) | 【コラム】野菜と果物

2015年11月13日

ベジシャス59号は「わけぎ」

今週公開された、2015年11月の「ベジシャス」は、「わけぎ」特集です。
位置情報ベジシャス」は、農畜産業振興機構(alic)のサイトコンテンツ、
私は、テーマ野菜の料理レシピを担当させて頂いています。


レストラン今号でご紹介した一人分の簡単レシピは、
ぴかぴか(新しい)わけぎと豚肉のまるごとチヂミ〜ぴかぴか(新しい)

P1420296 (380x285)-p.jpg

レストラン味の良いわけぎを一束丸ごとチヂミにします。
豚肉と合わせれば、栄養満点、スタミナアップ!
手軽に作れて、たっぷり食べられる一品です♪
わけぎの美味しさを味わう料理はいろいろありますが、
誰でも手軽に簡単に作れるようにと、この料理にしましたわーい(嬉しい顔)
レシピこちら、alic「ベジシャス59号」に掲載されています。
料理のポイントも、写真と共に詳しく載っていますので、
ぜひご覧くださいね♪

P1420295 (366x380)-p.jpg

ひらめきワケギ(分葱)は、ねぎとたまねぎの雑種で、緑黄色野菜!
根元が多くの株に別れた葱(ねぎ)という意味で
分葱(わけぎ)」というそうですexclamation
他のねぎに比べて刺激臭や辛みが少なく、独特の香りと甘みがあります。

βカロチンビタミンCなどが豊富で、カリウム
食物繊維も多く、栄養素の豊富な野菜です。
辛み成分の硫化アリルには、血液サラサラ効果がある他、
豚肉に多く含まれるビタミンB1の吸収を促進し、
ビタミンB1デンプンをエネルギーに変える働きがあり、
炭水化物と一緒に食べることで、疲労回復効果や
スタミナアップ効果のある組み合わせというわけですわーい(嬉しい顔)


家取材風景です。alicのスタッフさんとハートたち(複数ハート) 
P1420291 (285x380).jpg P1420306 (285x380).jpg

P1420301 (380x285).jpg

晴れところで、今回取材されているのは、
日本一の「ワケギ」産地、広島県尾道市ぴかぴか(新しい)です
産地情報もぜひご覧ください!
P1420300 (380x285)-p.jpg

位置情報ところで、皆さま、「わけぎ」を食べていますか?
実は、私にとって、これまで、あまり買っていないお野菜の1つでしたあせあせ(飛び散る汗)
なぜなら、青果売場では、長ねぎと細ネギにはさまれ、
その上、寒くなって旬を迎えた長ネギは品種も増え、売場も広げ、
わけぎはますますその下に隠れがち・・?
それに、値段は結構高いんですよね!

でも今回、わけぎを色々に料理してみて、実に美味しい野菜だと
あらためて気が付きました。
何と言っても、さっと熱を加えて食べる時のほのかな甘みと香りの良さ、
他のネギ仲間とはまた違った個性があります。
ネギ好きの私としては、これからは、ぜひ、長ねぎ、細ネギと同様、
わけぎもどんどん買ってたくさん食べようと心に誓ったのでした猫


わけぎの美味しさを知って頂けますようにるんるん
posted by つる at 18:02| Comment(0) | 【コラム】野菜と果物


 当ブログに掲載されている文章やレシピ、画像などの無断転載、転用を禁止します。
      Copyright(c) Tsurusaki Hiromi All Rights Reserved.


最近の記事
(12/06)【ご案内】2018年12月飾り巻き寿司 〜「クリスマス2種類♪」
(11/29)【レポ】2018.9月の料理教室レポは、秋食材でヘルシー・アジアン♪
(11/13)【飾り巻きレポ】9月の飾り巻き寿司
(11/06)11月料理教室は、ボタニカルオイルミックス
(10/25)【レポ】2018.8月の料理教室は、宮崎フェスティバル vol.3?
(10/18)【飾り巻きレポ】8月の飾り巻き寿司は、くまとビールと3級、2級♪
(10/02)【ご案内】2018年10月飾り巻き寿司 〜「ハロウィン♪〜 ジャックオーランタンと可愛いゴースト」 他
(09/26)居酒屋つる亭へようこそ♪
(09/25)【レポ】2018.7月の料理教室Aは、トルティーヤでメキシカン♪
(09/20)【レポ】2018.7月の料理教室@は、エンチラーダスでメキシカン♪
(09/18)【ご案内】2018年9月飾り巻き寿司 〜「お月見団子とうさぎ」ただ今、好評開催中♪
(09/12)【飾り巻きレポ】7月の飾り巻き寿司は、ひまわりとてんとう虫に、パンダで体験〜♪
(09/10)【レポ】2018.6月の料理教室は、マイユのハニー・マスタード尽くし〜♪
(09/09)可愛いおみやげ
(09/07)【レポ】6月の飾り巻き寿司Aは、可愛いパンダ〜♪
(09/06)【レポ】6月の飾り巻き寿司@は、カーネーション〜♪
(09/05)【レポ】2018.5月の料理教室Bは、リクエスト『シンガポール料理』〜サテとラクサと・・♪
(09/04)【レポ】2018.5月の料理教室Aは、アジアン・スタイル〜♪
(09/03)【レポ】2018.5月の料理教室@は、ハーブや雑穀@カフェデリ♪
(09/02)【レポ】2018.4月の料理教室Aは、『フキ』や『かつお』で春のヘルシー和食♪