2015年02月16日

路地裏イタリアン『ORO』

2月前半は、珍しく外食が続きました。
先週末は、友人が数人を招待し、
イタリア料理の「ORO」に連れて行ってくれました。

ひらめき「ORO」は、東銀座駅の路地裏にある、隠れ家風のイタリアンレストラン。
友人がよく行くお店だそうで、この日は、お酒好きのメンバーのために
軽めの?お料理をお店の方にお任せリクエストしてくれていました。
P1390333 (380x261) (2).jpg

レストランお料理は、こちら。
「前菜盛り合わせ」
P1390332 (380x285).jpg

お店自慢の手打ちパスタ「渡り蟹とカニみそのタリアテッレ」
手作りフォカッチャも人気。
P1390337 (380x285).jpg

魚料理
P1390338 (380x285).jpg

肉料理は「米沢牛のみすじのタリアータ」
P1390339 (285x380).jpg

バーソムリエの増田さんです。
こじんまりとした店内は満員でしたが、常に笑顔で目配り、
たくさんの注文にも即対応、とっても素敵な接客でした。
P1390334 (380x284).jpg

かわいい路地裏にあって一見目立たないお店ですが、
この日も満員、ランチタイムには行列ができるそう。
お料理もワインも、美味しくてリーズナブル。
お店の方の感じも良くて、なるほど〜と納得です♪
ごちそうさまでしたるんるん
posted by つる at 22:42| Comment(2) | おそとごはんの話

2012年06月29日

食事会@開東閣〜2

先日、「開東閣(かいとうかく)」を訪れた話を掲載しました。
 >こちらです ⇒ 「食事会@開東閣〜1」
「開東閣」は、明治時代に建設された旧岩崎家の別邸。
一般公開されていないため、貴重な機会でした。
遅くなってしまいましたが、今日は、ランチの様子をご紹介します。

家食堂には、大きなシャンデリアとテーブル、重厚な雰囲気です。
ここで岩崎家の方々が食事をされたとか。
窓の先には、広大な美しい庭が広がります。
開東閣01 P1250962.jpg

位置情報反対側を見ると、食器棚がありました。
昭和初期から岩崎家で使われていた食器が展示されています。
開東閣02 P1250963.jpg 開東閣12 P1250983.jpg

位置情報こちらの食器は、実際に岩崎家で使われていたもののレプリカ。
洋館がデザインされています。
開東閣03 P1250964.jpg

位置情報レストランではないので、この日のために特別に用意されたメニューでした。
ランチタイムということで、「前菜」「メイン」「デザート」

レストラン前菜は、「マグロの黒胡椒風味とアオリ烏賊、蝦夷鮑のマーブル仕立て
         オセトラキャビアと緑野菜のガスパチョソース

開東閣05 P1250966.jpg

レストランメインは、「牛フィレ肉のグリエと柔らかい牛頬肉の赤ワイン煮込み
        香り高いコンソメスープを添えて

開東閣06 P1250969.jpg

開東閣13 P1250967.jpg 開東閣08 P1250972.jpg

開東閣07 P1250971.jpg

喫茶店デザートは、「赤いフルーツとさくらんぼのコンポート
         ココナッツのアイスクリーム添え

開東閣10 P1250978.jpg

開東閣09 P1250973.jpg 開東閣11 P1250980.jpg

料理は、有名レストランのケータリングが提供されます。
どれも大変上品で美味しい味でした。
緑に囲まれた異次元のような空間で素敵なランチタイム。
食事会を企画してくれた幹事の方に感謝ハートたち(複数ハート)

この後、洋館内ツアーが待っていました。
その話はまた次回。

時には古い洋館を訪ねてみてはいかがでしょうか?
時空を越えた不思議な気分が味わえるかもしれません。
素敵な時間が過せますようにるんるん
posted by つる at 21:36| Comment(0) | おそとごはんの話

2012年05月31日

週末の穴場レストラン

先日、所用で有楽町に出かけました。
どこかでランチを食べようということになり、
家族が、日頃よく行く場所を紹介してくれました。
お洒落な店には目もくれず、連れて行かれたのは、
日頃サラリーマンでにぎわう「有楽町ビル〜新国際ビル

平日なら、サラリーマンやOLさんでごった返している地下1階。
ですが、土曜のお昼となると、閉まっている店もあり、
また、いつもの人気店にも人が少ない?・・まさかの閑古鳥?
よく見ると、素敵な店がたくさん有りました。
普段、人が溢れて、よく見えないんですね。
チャンスとばかり、のんびりお店ウォッチをしてきました。

位置情報素敵な一角!
有楽町04 P1250738.jpg

位置情報こちらは、ポルトガルワイン酒場「マヌエル
ポルトガル料理なんて珍しい、興奮しますね〜!
有楽町05 P1250739.jpg

位置情報こちらは、ドイツビアレストラン「ケーゼホフ
あのカウンター、座ってみたい♪
有楽町06 P1250740.jpg

位置情報右側は、韓国料理「ぽど
え?「土曜は「カムジャタン」2人前が2600円が500円」と書いてあります!
良いんですか〜? お得〜! すごい出血大サービスですねぇ!
(☆「カムジャタン」は、骨付き豚肉とジャガイモのお鍋、人気料理ですヨ!)
有楽町01 P1250741.jpg

位置情報手前は、タイ料理「バンコクキッチン」ですが、写し損ねましたあせあせ(飛び散る汗)
エキゾチックな雰囲気、ちょっとお洒落な感じのお店でした。

位置情報中華「小花」、可愛らしいお店。 
飲茶が美味しそうでしたが、この一角は残念ながらお休み。
半分位のお店が閉まっていました。
オフィス街なので、週末の営業は要チェックです。
有楽町03 P1250742.jpg

位置情報そのほか、ベトナム料理の「サイゴン」や
ガレットとフレンチバーベキューのお店「ヴァンピックル
何だか、異国に迷い込んだよう、各国料理が集約されています。
目移りします〜♪
もちろん和食もいろいろ、日本料理の「牛や」、蕎麦屋、定食や、
ファーストフード店、イートインのサンドイッチやにパンやさん。
たくさんのお店があるんですねぇ。

レストランそうそう、家族の一番は、この1画にある
グリルアンドダイニング「DINDON(ディンドン)」です。
「ここのハンバーグはたまらんっ!」
とは、さすが幾つになってもガッツリ系肉食男子わーい(嬉しい顔)
丸の内に6店舗もあるこのお店、サラリーマンの人気店です。
有楽町02 P1250743.jpg

東京駅近辺でランチというと、仲通りや丸ビル高層階にある
お洒落なレストランに目が行きがちですが、
サラリーマン御用達、ビル地下のレストラン街も
週末は、案外穴場かもしれません犬

悩んだ挙句、、どの店に入ったかはまたの機会に。。

時には穴場ランチで、お楽しみいただけますようにるんるん
posted by つる at 22:36| Comment(1) | おそとごはんの話

2011年10月23日

大人のお子様ランチ@・・

このところ、忙しい毎日です。
料理教室も続きますが、その合間に、所用で丸の内にでかけました。

一人ランチは、丸ビル5階にあるアジアン・レストラン
「パパイヤ・リーフ」にしました。
このビルに、エスニックの店はたくさんありますが、
メニュー名に惹かれて決めました。

レストランその名も「大人のお子様ランチ」
ちょこっとずついろいろ試食してみたい、私のようなお客にはぴったり?
こんなお料理でした。
パパイヤリーフ01 P1210539.jpg

ナント、この中に、生春巻きも蒸し鶏も、そして、、グリーンカレーも
ナシゴレンもあります。 中央は、トムヤムクン味のフォー。
日本風のお盆に乗って、まるで、アジアン定食です!

他の皆さんには、フォーのセットが人気のようでした。
ランチタイムを少し過ぎていましたが、たくさんのお客さんが
入れ替わり立ち代り入っていました。
値段も手ごろで、サラリーマンやOLさんに人気のようです。

ところで、このお店は、一人客、カップル、グループなど、たくさんの人が
うまい具合にプライバシーを保って座れるようになっています。
ちょっと窮屈でしたが、それはそれで人間ウォッチも楽しめる、
面白いことがいっぱいの空間でした。

知らない人も一緒に、いっぱい食べて、明日も頑張れますようにるんるん
posted by つる at 21:00| Comment(0) | おそとごはんの話

2011年02月13日

アットホームな四川「梅香」(2)

神楽坂にある四川料理梅香(めいしゃん)」さんのお料理、第2弾です。
 > 第1弾は、こちらです。

残りのお料理はこちら。 今日は、写真を一挙公開です。
位置情報2. 「白菜とワンタンの薬膳スープ」
2011.2.7 メイシャン゙02ブログ P1160161.jpg

位置情報3. 「牛肉の水煮 山椒オイルがけ」 ボリュームも辛さも満点。
唐辛子よりも山椒の辛さが際立つお料理、美味でしたかわいい
2011.2.7 メイシャン゙03ブログ P1160162.jpg  

位置情報4. 「カニの淡雪炒め」 ふわふわです。 癒し系と激辛系が
交互にやってくると、舌がリセットできて、また食欲があせあせ(飛び散る汗)
2011.2.7 メイシャン゙04ブログ P1160172.jpg

位置情報5. 評判の「麻婆豆腐」 辛くて美味! 四川料理の辛さは、山椒が決めて。
大好きな味、辛いものは別腹の猫、 おまけに、実は、豆腐も別腹なので、
このタイミングで大皿盛りでも平気です。 もっと食べたかった〜ハートたち(複数ハート)
2011.2.7 メイシャン゙05ブログ P1160173.jpg

位置情報 最後にスープが出て、デザートは「いちごの杏仁豆腐」でした。
2011.2.7 メイシャン゙06ブログ P1160175.jpg 2011.2.7 メイシャン゙07ブログ P1160178.jpg

家こじんまりとした可愛らしいお店。外から厨房がのぞけます。
       2011.2.7 メイシャン゙08ブログ P1160179.jpg

レストラン「四川坦々麺」「酸ラー担麺」などの麺類も美味しいそう。
次はもっと気軽に、麺類や麻婆豆腐をガッツリ頂きに行きたいと思います。
ごちそう様でした。

美味しくてホットな中華で、寒さ撃退といきますようにるんるん
タグ:中華
posted by つる at 17:08| Comment(0) | おそとごはんの話

2011年02月10日

「お通し」派? それとも・・(3)

先日掲載致しました「お通し考」の第3弾です。
 > 第1弾は、こちら、第2弾は、こちら をご覧下さい。
「美味しい店なのに『お通し』がなくて残念だった、という話を、
『事情通』の友人にしたところ、最近は『お通し』を出さない店が
増えている」、という返事が返ってきた、というのが第1弾。
第2弾ではその理由を掲載し、「私にはまた違う考え方が
あります」というところで終わっていました。 その考えとは・・

2011.1.8 でんしゅブログ P1150503.jpg

犬「お通し」は、お店の「ものさし」になるのでは?ということです。
私は、このお店はどんな「お通し」を出すのだろう、と興味があります。
メニューの料理だけでなく、「お通し」にも、気を配っているかな? 
力を入れているかな? 昨日の余り食材を破棄せず使っているのかな?
それならどんなアレンジをしたのかな? ・・と、興味は尽きません。
残り食材で、工夫されていて感心することはよくあります。
おかわりをしたくなるほど、美味しい「お通し」にも出会います。


そうして「お通し」が美味しいお店は、絶対に他のお料理も美味しい!
それが、私の「ものさし」です。 皆さまも、「シェフのおまかせ料理
と言われれば食べてみたくなるのではないでしょうか?
そう、「お通し」とは、究極の「シェフのおまかせ料理」だと思うのです。

だから、私は、「お通し派」ですわーい(嬉しい顔)
さて、皆さまはいかがでしょうか?
お通し派」?  それとも「とりあえず派」?
(この話は、第1弾、 第2弾 に掲載しています。)

猫我が家で家族にこう問いたところ、
「うちでもお通しが欲しいなぁ!」という返事が返ってきましたあせあせ(飛び散る汗)
ということで、今日の写真は、我が家のお通しです。
頂いた日本酒「でんしゅ」に合わせ、白菜の芯をちょこっと煮ました。
おいしい「お通し」となり、私の「ものさし」では合格ですかわいい
とは言え、これが「宅飲み・お通し!」となると、また違う議論?

美味しいお店の味にめぐり合えますようにるんるん
posted by つる at 19:30| Comment(0) | おそとごはんの話

2011年02月02日

「お通し」派? それとも・・

最近、気に入ったお店ができました。
魚を中心にした、和食料理の居酒屋さんです。
刺身や焼き物などメニューが豊富で、どれも新鮮で美味しく、
日本酒も通な銘柄がそろい、気に入っています。

2010.12.6 魚14ブログ.jpg

ただ1つ残念なことに、「お通し」が無いのですもうやだ〜(悲しい顔)
店に入り、お酒を頼み、料理を注文します。
お酒は出てきますが、料理は少し時間がかかります。
普通なら、このタイミングで「お通し」が出てきて、ひとまず、
それを肴にお酒を飲みながら、注文した料理を待つわけですが、、
「お通し」が出ないので、「ま」が持ちません。

・・結局、料理が出る前にお酒をおかわりするはめにあせあせ(飛び散る汗)
こんなペースで飲んでいては、飲みすぎてしまいます。
でも、混んでいるし、料理にはそれなりの時間がかかって当然です。
こんなに美味しい店だし、食材も豊富だし、「お通し」くらい
簡単に準備できそうなのに、とちょっと残念。

・・と、事情通の友人に話したところ、反論が・・。
なんと、最近は「お通し」を出さないお店が増えているのだとかがく〜(落胆した顔)
その理由は、・・・

また話が長くなりそうなので、この続きはまた明日。

美味しい肴で、お酒はほどほど、といきますようにるんるん
posted by つる at 19:42| Comment(0) | おそとごはんの話


 当ブログに掲載されている文章やレシピ、画像などの無断転載、転用を禁止します。
      Copyright(c) Tsurusaki Hiromi All Rights Reserved.


最近の記事