2012年06月04日

《レシピ》余った「ふきの葉」で

5月は料理教室で「ふき」を使ったので、
ふきの葉っぱ」がたくさん余りました。
受講生の方には、『余ったら「佃煮」にしてくださいね!』 と
お伝えしましたが、料理教室でも試作でも余るので、
自分でもせっせと料理をして、せっせと頂きましたわーい(嬉しい顔)

手に持ってかかげると傘になりそうな、「ふきの葉っぱ」、
茹でて広げると50cmほどでしょうか?
大っきいですね〜かわいい
フキ01 P1250678.jpg

大好きな油あげと一緒に炊いてみました。
ごはんにも、お酒にもよく合う一品です♪

レストラン ぴかぴか(新しい) フキの葉と油あげの煮物 ぴかぴか(新しい)
@よく洗った「ふきの葉」を、熱湯で1〜2分さっと茹でます。
Aしばらく水にさらしてアクを抜き、細かく切ります。
B出汁に酒、みりん、砂糖、醤油などを加え、お好みに調味します。
C「ふきの葉」と油抜きした「油あげ」を入れ、やわらかく煮たらできあがり。
フキ03 P1250585.jpg

ひらめきポイント
☆「フキの葉」はアクが多いので、茹でたら長めに水にさらして下さいね!
☆煮たらそのまま置いて味を含まると、一層美味しくなりますヨ!


レストラン「ふきの葉の佃煮」はもっと簡単♪
同様に茹でて水にさらしたら、細かく切って、
醤油、みりんと共に、汁気がなくなるまで煮たらできあがり。
やや濃い目の味付けが、ごはんによく合いますかわいい

たくさんの「ふきの葉っぱ」と一緒に、、
ごはんもたくさん、お酒もほどほどに、
美味しくお腹に入りました猫

きれいな「ふきの葉っぱ」が余ったら、作ってみてくださいね!

旬の味をお楽しみいただけますようにるんるん
posted by つる at 21:49| Comment(0) | 季節のレシピ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


 当ブログに掲載されている文章やレシピ、画像などの無断転載、転用を禁止します。
      Copyright(c) Tsurusaki Hiromi All Rights Reserved.


最近の記事
(04/22)【ご案内】初夏の飾り巻き寿司レッスン〜鯉のぼり♪ ≪募集中≫ (4月25日(火)10:30≪開催決定≫〜その他日程有り)
(04/13)【料理教室レポ】2017.3月[その1]は、春のインドパーティ♪
(04/11)【お知らせ】ホームページをプチ・リニューアルしました!
(04/10)【飾り巻き寿司】3月の自主トレは、桃と桜のひな祭り♪
(04/02)【料理教室レポ】2017.2月は、ニラ尽くし〜[その2]は、つる流 韓国薬膳♪
(04/01)【料理教室レポ】2017.2月は、ニラ尽くし〜[その1]は、イタリアン♪
(03/30)2017年3月のお仕事、近況報告です。
(02/23)【飾り巻き寿司】2月の自主トレ。いろいろ巻いてみました♪
(02/20)【料理教室レポ】2017年1月は、玉ネギたっぷり、 ダイエット新年会♪
(02/03)【飾り巻き寿司】恵方巻き放題に行ってきました♪
(01/31)1月LASTは、寿司まみれの日々!
(01/13)【その2】〜年初ですが、「引きだし整理」
(01/12)年初ですが、「引き出し整理」〜【その1】
(01/05)【料理教室レポ】2016年12月は、クリスマス料理、 その2は、「パープル♪」
(01/04)2017 新年のごあいさつ
(12/27)【料理教室レポ】2016年12月は、クリスマス料理、 その1は、「チキン♪」
(12/26)雨の日は窓みがき♪
(12/20)【レポ】2016.11~12 「きび砂糖」和食
(12/14)師走の近況報告
(11/26)【イベントレポ】奥田シェフ × 杉浦シェフ × 乾し椎茸 アカデミックレストラン