2012年02月12日

宮崎産地視察E〜ミヤチク

2月26日の「宮崎コラボ・アカデミックレストラン」に先駆けた
宮崎の産地視察レポートの続きです。
2日目は、宮崎牛で有名な「ミヤチク」を訪問しました。

猫ずっと前のことですが、宮崎がまだ口蹄疫の被害にあう前に、
「大淀河畔みやちく」を訪れ、その美味しさに感激したことがあります。
>以前のブログに掲載していますので、「宮崎へ(1)〜宮崎牛」をご覧下さい。
 この前後の記事に、宮崎の美味しいものについてまとめています。


位置情報「ミヤチク」本社は、霧島連山のふもとにあります。
あいにくの悪天候でしたが、一瞬だけ「高千穂峰」が顔を出してくれました。
ミヤチク01 P1230730.jpg

位置情報訪問したのは、都城市にある「ミヤチク」本社と高崎工場です。
口蹄疫で亡くなった宮崎牛の種牛たちへの想いや、
肥育のご苦労、宮崎牛ブランド確立への意欲などを伺いました。
ミヤチク02 P1230731.jpg

位置情報工場に場所を移し、食肉処理を見学させて頂きました。
白衣にマスク、帽子、長靴を着用し、十分に消毒をしての見学です。
こちらは、牛の保管庫です。1〜2℃に保たれています。
ここで3日寝かせてから、解体されます。
ミヤチク07 P1230739.jpg

位置情報等級が刻印されています。
こちらは最高ランクの「A5」!
切り口の断面を見ると、等級による質の違いが分かるそう。
ミヤチク04 P1230745.jpg

位置情報こちらは、豚の食肉処理場です。
部位ごとに分けられた大きなお皿が宙を舞う、不思議な景色。
この装置のおかげで作業効率が随分上がったとか。
ミヤチク05 P1230774.jpg

レストラン2月26日の「宮崎コラボ・アカデミックレストラン」では、
宮崎牛」も「宮崎ハマユウポーク」も登場します。
坂田シェフがアイデアと腕をふるう「宮崎尽くしメニュー」で
どんなお料理になるかお楽しみに!

人間は、畜産に大きな恩恵を受けています。
この工場の訪問を通じて、命の尊さをあらためて感じました猫

==============
 >2月26日の「宮崎コラボ・アカデミックレストラン」は、 
おかげ様で予約が満席となりました。キャンセル待ちは受付けています。
 >「宮崎コラボ・アカデミックレストラン」ご案内は、こちら

 >「宮崎産地視察スタート@」はこちら
 >「宮崎産地視察A〜ソプラノ」はこちら
 >「宮崎産地視察B〜JA尾鈴」はこちら
 >「宮崎産地視察C〜都農」はこちら
 >「宮崎産地視察D〜ワイナリー」はこちら
posted by つる at 21:22| Comment(0) | 【コラム】郷里・宮崎の話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


 当ブログに掲載されている文章やレシピ、画像などの無断転載、転用を禁止します。
      Copyright(c) Tsurusaki Hiromi All Rights Reserved.


最近の記事
(11/20)【ご案内】クリスマスの飾り巻き寿司(〜2017.12.25)
(11/18)【ご案内】(更新)「収穫祭のパーティー料理」レッスン、開催中♪
(11/07)[飾り巻き研究会]  発足 & 10月レポ♪
(11/02)【飾り巻き教室レポ】10月@〜基本レッスンと、3級検定♪
(10/24)【料理教室レポ】2017.9月-@ リクエスト『ラクサ』♪
(10/23)【ご連絡】お問合せのお返事方法
(10/16)巻き巻き・武者修行♪
(10/05)【飾り巻き教室レポ】9月B〜中秋の名月と基本レッスン♪
(09/30)【ご案内】2017年10月の「飾り巻き寿司」は、ハロウイン、他
(09/28)【料理教室レポ】2017.8月 夏野菜でスパイシーな食卓♪
(09/14)【飾り巻き教室レポ】9月A〜十五夜〜♪
(09/13)【飾り巻き教室レポ】8月D・9月@〜初めてレッスン〜♪
(09/11)【グルメ】17周年特別コース@神楽坂アルベラータ
(09/04)【飾り巻き教室レポ】8月C〜夏休み親子教室〜♪
(09/03)【ご案内】2017年9月飾り巻き寿司 & 料理教室
(08/29)【飾り巻き教室レポ】8月B〜リクエスト体験
(08/27)【料理教室レポ】2017.7月 東南アジアフェスティバル〜♪ &「ビオレU キッチンハンドジェルソープ」体験レポ〜♪
(08/25)【料理教室レポ】2017.6月 初夏のきゅうり尽くし献立〜♪
(08/21)【ご案内】2017年8月飾り巻き寿司  
(08/20)【飾り巻き教室レポ】8月A〜くまとビール