2012年02月10日

宮崎産地視察C〜都農

2月26日の「宮崎コラボ・アカデミックレストラン」に先駆けた
宮崎の産地視察レポートの続きです。
(予約は満席となりました。キャンセル待ちは受付けています。)
 >「宮崎コラボ・アカデミックレストラン」ご案内は、こちら
 >「宮崎産地視察@〜スタート」はこちら
 >「宮崎産地視察A〜ソプラノ」はこちら
 >「宮崎産地視察B〜JA尾鈴」はこちら

初日の午後は、都農町にある、世界的に評価の高い
都農ワイナリー」を訪問しました。
都農05 P1230658.jpg

ひらめき都農ワイナリー」は、1996年、町や地元農協、地元企業の出資で
始まった第3セクターです。
そもそも、宮崎は、台風の通り道、収穫期の台風は一番の敵。
また梅雨もあり、年間降水量は3000mmを超えます。
また、火山灰土壌、原料は生食用のぶどうという、
これもワイン作りにはマイナス要素が並びます。
ただ4〜9月、ぶどうの生育期に日照が長いという利点も。

そんなスタートから、熱い情熱と地元の皆さんの絆で、
試行錯誤と研究を重ね、マイナスをプラスへ変え、
世界の表舞台へと躍進をされました。

現在は、国際的に権威のある英国ワイン百科「ワインリポート」で
数々の「世界のワイン百選」として選ばれるほか、
さまざまなワイン誌で取り上げられ、国産ワインコンクールでは
最優秀賞などの賞を総なめにするなどの快進撃を続けています。

位置情報副工場長の赤尾さんにお話を伺い、ワイナリーをご案内頂きました。
正面は美しい「栗」の林です。赤尾さんと坂田シェフ。
都農01 P1230652.jpg

位置情報「大事なのは土壌!」
「栗林」の土を掘って、手にとって説明される赤尾さん。
都農04 P1230656.jpg

位置情報霧の中、ぶどう畑が続く景色は幻想的です。
品種の中心は生食用の「キャンベル・アーリー」です。
初めて賞を取ったぶどうだそうですが、生食用のぶどうは
その独特の香りが「フォクシーフレーバー」と言って嫌われる
要素ですが、醸造方法でその難点を克服されています。
都農06 P1230665.jpg

>長くなりそうですので、続きは次回。

美味しいぶどうが育ちますようにるんるん
posted by つる at 22:21| Comment(0) | 【コラム】郷里・宮崎の話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


 当ブログに掲載されている文章やレシピ、画像などの無断転載、転用を禁止します。
      Copyright(c) Tsurusaki Hiromi All Rights Reserved.


最近の記事
(11/20)【ご案内】クリスマスの飾り巻き寿司(〜2017.12.25)
(11/18)【ご案内】(更新)「収穫祭のパーティー料理」レッスン、開催中♪
(11/07)[飾り巻き研究会]  発足 & 10月レポ♪
(11/02)【飾り巻き教室レポ】10月@〜基本レッスンと、3級検定♪
(10/24)【料理教室レポ】2017.9月-@ リクエスト『ラクサ』♪
(10/23)【ご連絡】お問合せのお返事方法
(10/16)巻き巻き・武者修行♪
(10/05)【飾り巻き教室レポ】9月B〜中秋の名月と基本レッスン♪
(09/30)【ご案内】2017年10月の「飾り巻き寿司」は、ハロウイン、他
(09/28)【料理教室レポ】2017.8月 夏野菜でスパイシーな食卓♪
(09/14)【飾り巻き教室レポ】9月A〜十五夜〜♪
(09/13)【飾り巻き教室レポ】8月D・9月@〜初めてレッスン〜♪
(09/11)【グルメ】17周年特別コース@神楽坂アルベラータ
(09/04)【飾り巻き教室レポ】8月C〜夏休み親子教室〜♪
(09/03)【ご案内】2017年9月飾り巻き寿司 & 料理教室
(08/29)【飾り巻き教室レポ】8月B〜リクエスト体験
(08/27)【料理教室レポ】2017.7月 東南アジアフェスティバル〜♪ &「ビオレU キッチンハンドジェルソープ」体験レポ〜♪
(08/25)【料理教室レポ】2017.6月 初夏のきゅうり尽くし献立〜♪
(08/21)【ご案内】2017年8月飾り巻き寿司  
(08/20)【飾り巻き教室レポ】8月A〜くまとビール