2011年03月29日

白子町で被災者受け入れ

白子町」が、東日本大震災の被害者の方々を受け入れています。
このブログで、何度かご紹介している、千葉県の白子町です。

白子町では、震災後は、千葉県旭市の被災者の方々の支援を続けてこられ、
23日からは、福島原発事故の避難民の方を受け入れて来られました。
しかし、当初の予想ほど被災者・避難者の方が来られていないということを、
今日、NHKのニュースで取り上げられていました。
町では、29日、再度、情報を発信されています。

位置情報町役場のHPによりますと、「東日本大震災及び原発事故により
避難しようとしている方々を支援するため、無償で宿泊施設に
避難者を受け入れています。
」というのものです。
おにぎり等の食事も3食提供されます。最大2500名まで受け入れ可能、
受け入れ期間はひとまず4月5日までということです。
白子スポーツ振興ホテル組合の21施設が町と共に宿泊料を分担するそうです。

白子町は温泉の町でもあります。 町役場の方にお聞きすると、
「お風呂に入って布団で寝てもらって、少しの間でもゆっくり休んでほしい。」
とおっしゃっていました。
 >詳しい情報は、「白子町役場」のこちらのページをご覧下さい。
 >お問合せは、「白子町震災被災者支援室(電話:0475-33-2111)」まで。

位置情報私にとって白子町は、数年前に町おこしの一環として新名物料理の開発を
お手伝いした町で、その後も町の方々との交流を続けさせていただき、
思い入れがあります。
テニスのメッカとしても知られていて、春休みシーズンは、例年、大学生の
春合宿などで賑わいますが、今年は大震災の影響でキャンセルが続出。 
今後、町の経済は悪化するだろうということで、心配です。
被災地以外にも、ジワジワと大震災の影響が出ていることを感じます。
そんな中ですが、今は、被災者や避難者の方の受け入れが最優先。
「がんばります」という力強いお言葉が返ってきました。
 >白子町関連の記事は、こちらです。

毎日、大震災のニュースを見て暗い気持ちになることが多いですが、その中で
被災地で久々のお風呂につかって和まれる方々の表情がとても印象的でした。
受け入れる方々のお気持ちが通じ、被災者や避難される方々が、
少しの間でも安らいで頂ければ、と心から思います。 
posted by つる at 19:37| Comment(0) | 【コラム】白子町の話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


 当ブログに掲載されている文章やレシピ、画像などの無断転載、転用を禁止します。
      Copyright(c) Tsurusaki Hiromi All Rights Reserved.


最近の記事
(08/08)【飾り巻きレポ】8月)くまとビールとひまわりと
(07/30)初夏の近況報告と真夏の大掃除
(07/04)【飾り巻きレポ】5月前後(4)〜2級レッスン3日目
(07/03)【飾り巻きレポ】5月前後(その3)〜2級レッスン2日目
(07/02)【飾り巻きレポ】5月前後(その2)〜2級レッスン1日目
(06/29)【飾り巻きレポ】5月前後の3級レッスン
(06/28)【ご案内】2018年7月飾り巻き寿司 〜「ひまわりとてんとう虫」
(06/25)宮崎産ライチ♪
(06/24)【料理教室レポ】2018.3月その2は、カリフラワー尽くし♪
(06/08)【料理教室レポ】2018.3月その1は、春トマト尽くし♪
(06/04)【ご案内】2018年6月飾り巻き寿司 〜「あじさいと・・カエル? でんでん虫?」
(05/22)【飾り巻きレポ】4月のパンダレッスン♪
(05/02)【飾り巻きレポ】(3月後半)桜とピーちゃん♪
(04/27)【飾り巻きレポ】(4月)カーネーションとプードル♪
(04/16)[飾り巻き研究会]4月は3月に続きアンパンマンの仲間たち♪
(04/09)【ご案内】2018年5月飾り巻きは「カーネーションとプードル」、鯉のぼりにアンパンマン、1周年キャンペーンも♪
(04/07)【飾り巻きレポ】2018年3月(前半)〜 ひな祭りとパンダ
(04/04)【料理教室レポ】2018.2月は、ちょっとマニアックな、シンガポール屋台料理〜♪
(03/30)【料理教室レポ】2018.1月は白菜尽くし♪
(03/28)桜列車で寿司の武者修行へ♪