2011年03月04日

民宿「セルヴィ」@種子島

今日も引続き、種子島のお話。
種子島2日目に宿泊させて頂き、お世話になった民宿「セルヴィ」さんです。
民宿「セルヴィ」は、チャーミングな女将さんと優しい大将のお宿です。
美味しいお料理と、温かなおもてなしが魅力。民家を改造したお宿では、種子島
の自然を生かした、たくさんの手作りインテリアや手芸品が迎えてくれます。 

セルヴィブ゙ログ07 P1160685-2.jpg セルヴィブ゙ログ06 P1160683-2.jpg

家夜は別の場所で会食があり、残念ながら、お宿の夕食を頂くことができません
でした。 とても残念だったので、厚かましくも夕刻、台所へお邪魔すると・・・、
美味しそうなお料理を作られている真っ最中でした。
その中に、な・なんと、私がずっと「食べたい!」と思い続けてきた、
種子島の郷土料理「いもんせん」がぴかぴか(新しい)
1日目からずっと、「種子島に来たからには、ぜひ郷土料理を食べてみたい!
誰か『いもんせん』を作れる方はいませんか?」とたずねていたのですが、
なかなか周りに作れる方がいず、半ばあきらめていましたもうやだ〜(悲しい顔) 
そのお料理が、なんと、、すぐそばにありました。
もしかしたら、講習会で私の言葉を聞いた大将が、女将さんにリクエストして、
私のために作ってくださっていたのでしょうか? 

レストラン初めて見た「いもんせんのあげもん」(左)、それを入れた煮物(右)
セルヴィブ゙ログ10 P1160673-2.jpg セルヴィブ゙ログ02 P1160675-2.jpg

左は、「蒸したいもんせんの黒糖デザート」 葛餅にも似た印象でした。
右は、講習会にも食材をご提供下さった「浜ぜり」。 白合えで。
セルヴィブ゙ログ03 P1160672-2.jpg  セルヴィブ゙ログ09 P1160674-2.jpg
どんな味だかワクワク! 味見させて頂くと・・、思った通り美味しい!

ひらめき「いもんせん」はさつまいもから取れる粉「でんぷん粉」のこと。
種子島出身のタレント「上原美優」さんが、TVで使っていた
あのでんぷん粉です。 種子島の特産品。
郷土料理では、色々に使われています。 腹持ちが良いのが特徴。


レストランこちらは朝ごはん。 わぁ、きれい! 美味しそう! 
セルヴィブ゙ログ04 P1160680.jpg

「一夜干し大根のステーキ」「いもんせんをバルサミコ酢で」
「エンドウとソーセージの卵とじ」
「きびなごの串焼きと水いかの炒め物をだいだいに乗せて」
「紫芋ごはん」 種子島のお味噌汁は「麦味噌仕立て」がお約束。
一夜干しはさっと茹でてやわらかくし、食べやすくしているそう。
どれも、食べる方の身になって工夫されたお料理ばかり。 女将さんの優しさが
伝わってきました。 小物も素敵、箸置きの花も可憐、センスですねぇ! 
どれもこれもとても美味しかったですかわいい ごちそうさまでした!

喫茶店食後は、鹿児島本土で買ってこられる「タリーズ・コーヒー」に手作りの
お菓子をそえて。 ご自慢のテーブルにしつらえた囲炉裏端で頂きます。
セルヴィブ゙ログ05 P1160682.jpg

位置情報「セルヴィ」さんは、親戚の家に泊まったような気持ちになるお宿です。
わずか1日の滞在で、お話をする時間もわずかではありましたが、
お二人のさりげない優しさやお心配りに、すっかり家族の気分にわーい(嬉しい顔)
思わず「さようなら」ではなく、「行ってきます」と言いたくなりました。
いつまでもお元気で、素敵なおもてなしを続けてくださいね!
また、お邪魔します猫
>民宿「セルヴィ」さんのホームページは、こちらです。

プレゼントお女将さん手づくりのストラップと、帰りに頂いた庭の「だいだい」や「黒糖」
セルヴィブログ01 P1160862.jpg

犬民宿に泊まるのは、よく一人旅をしていた学生時代以来でした。
前夜からネットがつながらず、セルヴィに着いてからも四苦八苦していたところ、
ご夫婦そろって心配して下さり、民宿のお客様までご登場され、
みんなで私のパソコンを囲んでの大騒動となりました。
何とか使えるようになり、皆さまのお気持ちにジーンとしました。
お風呂やトイレも共同でしたが、だからこそ、お宿の方の決め細やかな
心配りを感じることができました。 1つ屋根の下で、隣の部屋に
人の息遣いを感じる民宿、日本ならではの文化ではないでしょうか?

種子島には色々なお宿があり、それぞれに魅力があります。
ぜひ色々な場所で、種子島人情とふれあってほしいなぁと思います。

素敵な出会いがありますようにるんるん
posted by つる at 22:36| Comment(0) | 【コラム】種子島の話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


 当ブログに掲載されている文章やレシピ、画像などの無断転載、転用を禁止します。
      Copyright(c) Tsurusaki Hiromi All Rights Reserved.


最近の記事
(07/19)【イベントレポ】「タカラ料理のための清酒」セミナー@「ラボンヌターブル」
(07/09)【飾り巻き教室レポ】6月末〜7月初は、季節&3級認定
(06/28)【料理教室レポ】2017.5〜6月[その2]、和モダンな元気ごはん〜♪
(06/27)2016年料理教室レポ、まとめ
(06/26)【ご案内】2017年7月料理教室 & 飾り巻き寿司 ご案内
(06/17)【飾り巻き教室レポ】6月カエルとJSIA3級と・・
(06/14)【レシピ開発】「ベジシャス」71号は、キャベツ特集♪
(06/06)【飾り巻き教室レポ】5月末〜6月初は、認定3級&季節&JSIAアシ
(06/01)【コラボ企画】宝酒造×クスパ「澪」ご試飲キャンペーン に参加中♪
(05/30)【飾り巻き教室レポ】2017.5 「さくらんぼ」と「トロッコ列車」♪
(05/29)【料理教室レポ】2017.5月[その1]、5月の旬にメロメロメニュー〜♪
(05/26)(更新)【ご案内】2017年6月の公募レッスン(6/17,6/24は「季節飾り巻き」確定、6/8「旬ベジ」募集中、その他選択枠情報)
(05/25)今日は何の日「マンゴーの日」
(05/23)急性・花粉症? 
(05/12)(終了)【ご案内】2017年5月の公募レッスン
(05/12)【飾り巻き教室レポ】2017.4 「鯉のぼり」と「チューリップ」♪
(05/11)【料理教室レポ】2017.4月は、イタリアンのごちそう♪
(05/10)【料理教室レポ】2017.3月[その2]は、タケノコ♪
(05/09)2017年4月のお仕事、近況報告♪
(04/29)【飾り巻き】子供の日のごちそう