2010年04月07日

春を告げる「いかなご」

兵庫県に住む友人から、自家製の『いかなごのくぎ煮』が届きました。
春を告げる瀬戸内の海の幸ですかわいい
甘辛い味付けの中に、「いかなご」のほろ苦さが何とも旨い、格別の佃煮です。


ひらめきいかなご」は、スズキ目の魚です。 
退化した形状的特徴が多く、腹びれがなく尾びれが小さいなどの理由で、体を
S字に動かしながら泳ぎます。沿岸の砂底に住み、プランクトンを餌とします。

くぎ煮」の材料となる 春の「いかなご」は、成魚ではなく「新子」と呼ばれる
体調 数cmの稚魚で、地方によって「こうなご(少女子)」とも呼ばれます。
何と言っても鮮度が命なので、釜揚げやちりめんじゃこなどに加工して
出荷されることが多いですが、産地や近隣では、生も販売されています。

くぎ煮」は、産地での代表的な家庭料理。
できあがった「いかなご」の姿を古釘に見立てたのがその名の由来です。
この他、かき揚げや柳川風、汁物にするのは、産地ならではの食べ方です。

猫兵庫県に住んでいた時、この「くぎ煮」を本当によく作りました。
それまで見たことも無かった生の新子。 銀色に光ってキラキラぴかぴか(新しい)
朝とれたものが昼にはお店に並びます。 何という贅沢なのでしょう。
いかなご漁が始まると、各家庭で、競うように「くぎ煮」を作ったものです。
この時期だけと思うと、作りたくて我慢できず、1日中台所にいました。 
たくさん作って友人に送ったり、ご近所におすそ分けしたり、楽しい思い出です。

わーい(嬉しい顔)煮る時は独特の臭いが部屋一杯に広がるので、奥さんが炊き始めると
これを苦手なご主人が、家から非難するなんていう話があるとかないとか!

位置情報友人が作ってくれた「くぎ煮」はしょうがたっぷりで、とても美味しかったです。
今日はこれで、日本酒を頂きたいと思います。 ご馳走様ですハートたち(複数ハート)

季節ならではの幸をぜひ味わってくださいねるんるん
この記事へのコメント
ありがとうございます、なるほど なるほど と思いました、土地を離れてはじめて、特産を認識しますよね。
Posted by あこベーカリー at 2010年04月07日 22:20
あこベーカリーさま、ありがとうございます。
離れて想うふるさとの味、懐かしく頂戴しております。
春の幸を満喫してくださいね!


Posted by つる at 2010年04月09日 01:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36925098
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


 当ブログに掲載されている文章やレシピ、画像などの無断転載、転用を禁止します。
      Copyright(c) Tsurusaki Hiromi All Rights Reserved.


最近の記事
(10/16)巻き巻き・武者修行♪
(10/05)【飾り巻き教室レポ】9月B〜中秋の名月と基本レッスン♪
(09/30)【ご案内】2017年10月の「飾り巻き寿司」は、ハロウイン、他
(09/28)【料理教室レポ】2017.8月 夏野菜でスパイシーな食卓♪
(09/14)【飾り巻き教室レポ】9月A〜十五夜〜♪
(09/13)【飾り巻き教室レポ】8月D・9月@〜初めてレッスン〜♪
(09/11)【グルメ】17周年特別コース@神楽坂アルベラータ
(09/04)【飾り巻き教室レポ】8月C〜夏休み親子教室〜♪
(09/03)【ご案内】2017年9月飾り巻き寿司 & 料理教室
(08/29)【飾り巻き教室レポ】8月B〜リクエスト体験
(08/27)【料理教室レポ】2017.7月 東南アジアフェスティバル〜♪ &「ビオレU キッチンハンドジェルソープ」体験レポ〜♪
(08/25)【料理教室レポ】2017.6月 初夏のきゅうり尽くし献立〜♪
(08/21)【ご案内】2017年8月飾り巻き寿司  
(08/20)【飾り巻き教室レポ】8月A〜くまとビール
(08/20)【飾り巻き教室レポ】8月@〜パンダとひまわり
(08/04)【お知らせ】読売新聞栃木版に掲載♪
(07/19)【イベントレポ】「タカラ料理のための清酒」セミナー@「ラボンヌターブル」
(07/09)【飾り巻き教室レポ】6月末〜7月初は、季節&3級認定
(06/28)【料理教室レポ】2017.5〜6月[その2]、和モダンな元気ごはん〜♪
(06/27)2016年料理教室レポ、まとめ