2010年04月02日

チーズプレートの楽しみ方@

昨日に引き続き、ブルーノートのお話。 今日は頂いたチーズの解説です。
 詳しくは、こちらをご覧ください。 ⇒ 『たまには音楽@BLUE NOTE』
ライブは21時半開演という遅いスタートだったので、それまでに食事は済ませ、
食後のチーズとお酒を楽しみましたバー


レストランチーズは、手前左、右、奥左、右の順に
 > 1. ブリア・サヴァラン(フレッシュタイプ) フルーツ・ジャム添え
 > 2. ブリー・ド・モー(白カビタイプ)
 > 3. コンテ(ハードタイプ)
 > 4. ゴーダ(ハードタイプ)(3年〜熟成)
 > それにドライ・イチヂクと、クラッカー、グリッシーニの盛り合わせ

  全てのチーズは牛乳製。ゴーダはオランダ、他は全てフランス原産です。
位置情報1 『ブリア・サヴァラン』は、クリームを添加したタイプのチーズです。
高脂肪ながら酸味があり爽やかで、まるでレアチーズケーキのような味わい。
ジャムや蜂蜜がよく合います。冷たい状態で食べるのがお奨め。

位置情報2 『ブリー・ド・モー』は、代表的な白カビチーズの1つ、
「チーズの王様」と呼ばれます。 室温に戻して食べるのがお奨め。
熟成が進むと、周りが茶色っぽくなり、ウォッシュチーズの風味も味わえます。

位置情報3 『コンテ』はとても人気のあるチーズで、気軽に味わえるタイプ。 
今回のものはまだ若くてソフトな状態でしたが、熟成すると旨みが増します。

位置情報4 『ゴーダ』は、熟成度合いにより味わいの違いが楽しめるチーズ。
今回は3年以上熟成したもので、ずいぶん茶色っぽい色になっていて、
凝縮した旨みが味わえました。


ひらめきチーズの盛り合わせを味わう時には、特にお好みが無ければ、
若いものから、熟成の進んだチーズへ、
マイルドな風味のものから個性的なものへ、と食べ進むのがお奨めです。
今回のプレートでは、1→2→3→4、又は2の熟成が進んでいるので2を後に。
ドライフルーツやパンなどと共に食べることで美味しさが引き立ちます。

今週末は桜の見ごろ。 
お気に入りのチーズやワインを持って、お出かけになってはいかがでしょうか?

素敵な週末となりますようにるんるん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36827914
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


 当ブログに掲載されている文章やレシピ、画像などの無断転載、転用を禁止します。
      Copyright(c) Tsurusaki Hiromi All Rights Reserved.


最近の記事
(10/16)巻き巻き・武者修行♪
(10/05)【飾り巻き教室レポ】9月B〜中秋の名月と基本レッスン♪
(09/30)【ご案内】2017年10月の「飾り巻き寿司」は、ハロウイン、他
(09/28)【料理教室レポ】2017.8月 夏野菜でスパイシーな食卓♪
(09/14)【飾り巻き教室レポ】9月A〜十五夜〜♪
(09/13)【飾り巻き教室レポ】8月D・9月@〜初めてレッスン〜♪
(09/11)【グルメ】17周年特別コース@神楽坂アルベラータ
(09/04)【飾り巻き教室レポ】8月C〜夏休み親子教室〜♪
(09/03)【ご案内】2017年9月飾り巻き寿司 & 料理教室
(08/29)【飾り巻き教室レポ】8月B〜リクエスト体験
(08/27)【料理教室レポ】2017.7月 東南アジアフェスティバル〜♪ &「ビオレU キッチンハンドジェルソープ」体験レポ〜♪
(08/25)【料理教室レポ】2017.6月 初夏のきゅうり尽くし献立〜♪
(08/21)【ご案内】2017年8月飾り巻き寿司  
(08/20)【飾り巻き教室レポ】8月A〜くまとビール
(08/20)【飾り巻き教室レポ】8月@〜パンダとひまわり
(08/04)【お知らせ】読売新聞栃木版に掲載♪
(07/19)【イベントレポ】「タカラ料理のための清酒」セミナー@「ラボンヌターブル」
(07/09)【飾り巻き教室レポ】6月末〜7月初は、季節&3級認定
(06/28)【料理教室レポ】2017.5〜6月[その2]、和モダンな元気ごはん〜♪
(06/27)2016年料理教室レポ、まとめ