2009年08月16日

苦々野菜 ゴーヤ考 その1

先日、東京の地産地消給食講習会があり、夏レシピを提案させて頂きました。
給食関係者の方からは、特にゴーヤについてのご意見やご質問が多く、
「残す率が多いので、あまり使わないもうやだ〜(悲しい顔)」 「苦味をなくす良い方法は?」などが出されました。
その中で印象的だったのは・・
「‘苦いけど栄養があるんだよ!’と一言、通信欄に書き添えるだけで、子供も結構食べてくれるわーい(嬉しい顔)」 「子供の間は味覚が完成していないけど、苦いと思いながらちょっとずつ食べてみることで、だんだん苦味が分かるようになるんだよね。」というご意見でした。

Z3.jpg    7.22 uK2.jpg

後のご意見について考えてみました。
実際、小さい頃は、味覚が未発達な場合が多く、「甘味」や「塩味」は美味しいと感じても、「酸味」とか「苦味」はちょっと難しい味です。
でも、だんだん成長するに連れ味覚も発達し、食べられるものが増えていくのだそうです。

ひらめき私は常々、色々なものを食べることが大切だと思っています。
色々なものを食べることで経験が蓄積され、脳が学習していきます。
そして、味覚が形成されるとともに、美味しさが分かるようになります。
美味しさの感性が磨かれると、喜びを拡大する。
そして喜びが生きる原動力となるのではないでしょうか。

だから、私たち大人は、子供たちのために色々なものを食べる機会を作ってあげることが大切だと思います。

ところで、ゴーヤって、熱を加えると、ちょっとトロッとしますよねハートたち(複数ハート)
苦いながらも優しさを感じるところが私は大好き!
苦くてとろうま〜〜!
そのアンバランスな感じが、大人っぽい野菜だな〜と思ってしまいます。
これぞ旨み=大人の領域?
子供たちがこの微妙な美味しさを分かるようになるには、まだまだ時間が必要なんでしょうねわーい(嬉しい顔)

色んなものをいっぱい食べて、どんどん大きくなってねるんるん

         《ゴーヤのミニ知識や食べ方については次回へ続きます・・》
posted by つる at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 【仕事】レシピ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31416390
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


 当ブログに掲載されている文章やレシピ、画像などの無断転載、転用を禁止します。
      Copyright(c) Tsurusaki Hiromi All Rights Reserved.


最近の記事
(08/08)【飾り巻きレポ】8月)くまとビールとひまわりと
(07/30)初夏の近況報告と真夏の大掃除
(07/04)【飾り巻きレポ】5月前後(4)〜2級レッスン3日目
(07/03)【飾り巻きレポ】5月前後(その3)〜2級レッスン2日目
(07/02)【飾り巻きレポ】5月前後(その2)〜2級レッスン1日目
(06/29)【飾り巻きレポ】5月前後の3級レッスン
(06/28)【ご案内】2018年7月飾り巻き寿司 〜「ひまわりとてんとう虫」
(06/25)宮崎産ライチ♪
(06/24)【料理教室レポ】2018.3月その2は、カリフラワー尽くし♪
(06/08)【料理教室レポ】2018.3月その1は、春トマト尽くし♪
(06/04)【ご案内】2018年6月飾り巻き寿司 〜「あじさいと・・カエル? でんでん虫?」
(05/22)【飾り巻きレポ】4月のパンダレッスン♪
(05/02)【飾り巻きレポ】(3月後半)桜とピーちゃん♪
(04/27)【飾り巻きレポ】(4月)カーネーションとプードル♪
(04/16)[飾り巻き研究会]4月は3月に続きアンパンマンの仲間たち♪
(04/09)【ご案内】2018年5月飾り巻きは「カーネーションとプードル」、鯉のぼりにアンパンマン、1周年キャンペーンも♪
(04/07)【飾り巻きレポ】2018年3月(前半)〜 ひな祭りとパンダ
(04/04)【料理教室レポ】2018.2月は、ちょっとマニアックな、シンガポール屋台料理〜♪
(03/30)【料理教室レポ】2018.1月は白菜尽くし♪
(03/28)桜列車で寿司の武者修行へ♪