2017年07月19日

【イベントレポ】「タカラ料理のための清酒」セミナー@「ラボンヌターブル」

イベント【寶酒造×クスパ】コラボレーション企画
「タカラ料理のための清酒」セミナーに参加させて頂きました。
場所は日本橋にあるフレンチレストラン「ラボンヌターブル」
P1510987 (380x380).jpg P1510939 (380x380).jpg

ひらめき寶酒造株式会社は、「料理清酒」シェアNO.1の酒造メーカーです。
セミナーの内容は、
・寶酒造の方より「料理のための清酒」のご説明
・「ラボンヌターブル」中村シェフによる料理デモ
・「タカラ料理のための清酒」を使用したランチコース試食 

ひらめき皆さまも料理に「酒」を使うことは多いと思いますが、
実はこの「酒」には、無塩と加塩があるのをご存じでしょうか?
一般的な料理酒は6割以上が加塩だそうです。
その塩分濃度は2〜3%、なんと海水に近いそう。
かなりしょっぱいということですね。
料理に使う「酒」が加塩か無塩で随分味が違うということになります。
レシピ通り作ったはずなのに、何だかしょっぱかった〜!
ということになるわけですがく〜(落胆した顔)
その認知度はまだ半数以下だそう。
食塩ゼロの「料理清酒」を使えばその心配はなくなります。
その上美味しく減塩出来たら嬉しいですねわーい(嬉しい顔)
 〜アサリの酒蒸しを有塩無塩で食べ比べ〜
P1510883 (380x380).jpg

ひらめきそもそもなぜ有塩の料理酒がひろまったかというと、
料理用清酒は酒に分類され酒税がかかり販売にも免許が必要です。
基準値以上に加塩すれば酒税のかかる酒ではなく食品の区分になる為、価格も安いし、酒類小売り免許がない店でも販売可能になり、スーパーを中心に広まったそうです。

位置情報ところで「清酒」には、
・肉や魚の生臭みを消し、良い香りを付け、
・料理にコクやうまみを与え、
・味のしみこみを良くし、素材をやわらかくし、
・旨みを閉じ込めるという働きがあるそうです。
料理用「清酒」は独自の酵母を使うことにより、
飲料用の清酒よりもその効果を高めているそうです。


レストランお話の後は、中村 シェフのデモンストレーション。
ハマグリを清酒で蒸して、赤ナスと合わせたスープを教えて頂きました。
P1510885 (380x380).jpg P1510886 (379x380).jpg 
P1510900 (380x380).jpg P1510905 (380x379).jpg

レストランランチコースのメニューです。
MENU.1 畑のサラダ
 日本各地の畑から旬の野菜や果物が集合♪
P1510914 (380x380).jpg

MENU.2 ナスとハマグリの冷たいスープ
 デモで教えて頂いた料理。清酒で出汁を取ったハマグリは米粉でフリットにして。枝豆や海ぶどうなどと共に贅沢なトッピングでした。
  P1510923 (380x380).jpg

MENU.3 金目鯛の鱗焼き 清酒のソース
本来白ワインで作るブールブーランソースを清酒で。
上品な風味のソース、パリパリの鱗が美味でした。
  P1510924 (380x380).jpg

MENU.4 スモモの清酒コンポートとジュレとソルベ
 クレームダンジュやマリーゴールドも一緒に。
  P1510928 (380x380).jpg

menu.5 コーヒーには たこ焼き風のフォンダンショコラを添えて
P1510936 (380x285).jpg P1510939 (380x285).jpg

「料理用清酒」を生かした料理の数々、シェフのアイデアが溢れる、楽しく美味しいコースでした。ごちそうさまでした。
寶酒造様、クスパ様、ありがとうございましたハートたち(複数ハート)

猫スーパーなどで料理用清酒を見つけにくい時がありますが、そんな時は酒売り場を探してみると良いそうです。
私はやむを得ず飲料用の日本酒を使用していましたが、
これからは「料理清酒」を切らさずに、
料理をより美味しくしたいなあと思いました。
せっかくご提供いただいたランチコースですので、
近々料理教室でもご紹介したいと思います。
お楽しみに♪

料理清酒の良さを知って頂けますようにるんるん
posted by つる at 14:47| Comment(2) | 【仕事】
この記事へのコメント
いわゆるお手頃価格の料理酒の塩分海水に近いほどもあるとは驚きですね、色々なところで調理する時には、記憶しておきたいことですね、ところであのペンギンの飾り巻きもツルちゃん作ですか?我が家のさちが英会話教室で出会った人で、飾り巻きのインストラクターしてて今度海外で披露してくるとか言ってたそうな、もしかしてお知り合いでは?
Posted by あこベーカリー at 2017年07月24日 09:27
あこベーカリーさま、コメントありがとうございます。
ホント、料理酒の塩分は気を付けたいですね!
ところで、ペンギンは恐らくTVチャンピオンの川澄氏が開発されたもので、私はつる流アレンジを加えています♪
飾り巻きの本が増えたり、ネットでは写真も色々露出していますから、自分の作りたいもののイメージを探してみるのも良いと思いますヨ。
Posted by つるです at 2017年07月25日 11:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


 当ブログに掲載されている文章やレシピ、画像などの無断転載、転用を禁止します。
      Copyright(c) Tsurusaki Hiromi All Rights Reserved.


最近の記事
(06/08)【料理教室レポ】2018.3月その1は、春トマト尽くし♪
(06/04)【ご案内】2018年6月飾り巻き寿司 〜「あじさいと・・カエル? でんでん虫?」
(05/22)【飾り巻きレポ】4月のパンダレッスン♪
(05/02)【飾り巻きレポ】(3月後半)桜とピーちゃん♪
(04/27)【飾り巻きレポ】(4月)カーネーションとプードル♪
(04/16)[飾り巻き研究会]4月は3月に続きアンパンマンの仲間たち♪
(04/09)【ご案内】2018年5月飾り巻きは「カーネーションとプードル」、鯉のぼりにアンパンマン、1周年キャンペーンも♪
(04/07)【飾り巻きレポ】2018年3月(前半)〜 ひな祭りとパンダ
(04/04)【料理教室レポ】2018.2月は、ちょっとマニアックな、シンガポール屋台料理〜♪
(03/30)【料理教室レポ】2018.1月は白菜尽くし♪
(03/28)桜列車で寿司の武者修行へ♪
(03/16)【ご案内・追加!】2018年4〜5月飾り巻きは「アンパンマンや鯉のぼりや1周年キャンペーンも・・欲張り企画〜〜♪」
(03/05)【飾り巻きレポ】2018年2月、卒業記念の飾り巻き♪
(02/23)【料理教室レポ】2017.12月はミートローフ♪
(02/07)【飾り巻きレポ】2018年1月(その2)〜可愛い犬と小さな梅
(02/05)【飾り巻きレポ】2018年節分レポート(その2)〜恵方巻き放題♪
(02/04)【ご案内】2018年3月飾り巻きは「お花見〜桜とピーちゃん♪」
(02/03)【飾り巻きレポ】2018年節分レポート(その1)〜可愛い鬼とハート♪
(02/02)【飾り巻きレポ】2018年1月前半〜JSIA3級と可愛いパンダと・・
(01/17)【ご案内】2018年2月飾り巻き寿司レッスンは「ひな祭り〜♪」