2016年10月25日

絵画鑑賞の秋!

週末に国立新美術館で開催されていた「二紀展」へ行ってきました。

アートお目当ては、宮崎が誇る絵画の星「松田俊哉」画伯ですぴかぴか(新しい)
IMG_20161023_164509 (380x303).jpg

この壮大な絵は独特な手法で描かれています。
私は絵のことには詳しくないので、
個展を開かれていた画廊のご主人の受け売りですが・・
ひらめき松田さんの絵は・・・、
「まずキャンバスにジェッソといわれる画材で下地の層を作り、
その白いジェッソの層の上に濃淡の鉛筆を用いて細かい線を描いてゆきます。
ひたすら鉛筆で描き続けてゆくことにより、深い霧が晴れてゆくように
白一色だった画面空間に様々なかたちがあらわれてきます。
こうして創造される松田さんのモノクロームの絵画世界には、
無限空間や久遠の刻が感じられる小宇宙となっている。」・・そうです。


思わず立ちすくむほどのスケールの大きさ。
たくさんの絵の中で、ひときわ厳かな存在感を放っていました。
IMG_20161023_164543 (330x380).jpg

位置情報お隣のホールでは、ダリ展が開催されていました。
気に入った絵はポストカードで♪
P1470576 (380x371).jpg

しばらくは壁に貼って、余韻を楽しみたいと思います。
二紀展は昨日で終わってしまいましたが、ダリ展は12月まで。
松田画伯の絵画展示は、次回はお早めにご案内したいと思います猫

深まる秋、絵画鑑賞でお楽しみいただけますようにるんるん
posted by つる at 17:06| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


 当ブログに掲載されている文章やレシピ、画像などの無断転載、転用を禁止します。
      Copyright(c) Tsurusaki Hiromi All Rights Reserved.


最近の記事