2015年04月13日

ジョージ・クリントン@ビルボード東京(2015.4.12)

昨晩は久々にライブに行ってきました。
P1400007 (212x320).jpg

私は洋楽好きで、コンサートにも行きたいと思っていますが、
好きなミュージシャンが来日する機会なんて、そうそうありません。
しかもそれが、満足できる素晴らしいものであることはマレ
昨晩はその中でも、超・まれな、記憶に残るライブでしたかわいい

  ぴかぴか(新しい) ジョージ・クリントン  ぴかぴか(新しい) 
☆ George Clinton & PARLIAMENT / FUNKADELIC ☆
日本で今ほどブレイクする うん十年前からの大ファンです。
P1400014 (234x320).jpg

ひらめき馴染みのない方もいらっしゃるかもしれませんが、
知る人ぞ知る、ファンク・ミュージックの超・大御所です。
Wikipediaによりますと、
「Pファンクの創始者として、
パーラメント、ファンカデリックを率いる他、
数多くの独創的ブラック・ミュージックの基礎を築いた。
ジェームス・ブラウンやスライ・ストーンと共に、
ファンクの代表的なミュージシャンとされ、
高い音楽的芸術性が評価されている。」というお方です。

1941年7月生まれなので、御年73才グッド(上向き矢印)
なので少々心配でしたが、大音響の第一声と共に不安は吹き飛び、
往年と全く変わらぬ味のある美声と、厚みのある素晴らしい演奏、
そして聴衆を楽しませるパフォーマンスに酔いしれました。
73歳の彼と一緒に年を重ねた方も多く、ステージ上には幾つも椅子が!
時折座って休む姿に、何とも年月を感じて・・ありがたや〜わーい(嬉しい顔)
総勢約20名のミュージシャンがステージ上にいる超・過密状態は、
彼らならではの尋常じゃない光景ですが、それを生で見られて大感激。
1時間15分ほどの夢のような時間でしたハートたち(複数ハート)

晴れ昨日は久々の晴天でした。
六本木ミッドタウン、ライブ会場の大きな窓の向こうは、
真っ青な空と青い芝生、多くの家族連れの姿がありました♪
窓からの景色を写真に撮るミュージシャンが微笑ましい。

P1400008 (320x240).jpg

猫ところで、日本人らしく大人しく盛り上がったつもりですが、
右肩が朝から重いのは、嬉しい余韻でしょうか

最近は大御所ミュージシャンの来日ラッシュですね。
高額チケットのコンサートも増えているようですが、
また昨夜のようなコスパの高いエンターテインメントに・・
出会えたらいいなぁ、、と思います。

お元気で末永く楽しませて下さいますようにるんるん
posted by つる at 11:04| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


 当ブログに掲載されている文章やレシピ、画像などの無断転載、転用を禁止します。
      Copyright(c) Tsurusaki Hiromi All Rights Reserved.


最近の記事